ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< みんなといっしょ(2) | ←←← トップ画面へ戻る | みんなといっしょ(4) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 みんなといっしょ(3)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
みんなといっしょ(3) みんなといっしょ(3) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「はあん、あん、ああっ……。き、気持ち好い♪ 宏の指、気持ち好いっ♥」

 指が食い込む程荒々しく乳房を揉みしだかれても、千恵は痛がる所か逆にますます官能の炎を燃え上がらせる。
 夢にまで見た宏との触れ合いに千恵自身の欲望が噴き出し、情欲のスイッチが入ったのだ。
 トランクス越しとは思えない熱さが伝わって来るペニスを強弱を付けて握り、時折上下に扱いてもみる。

「ああっ♪ 千恵姉、気持ち好いよ♪ 千恵姉の指、凄く感じる♥」

 宏は股間から這い上がる快感に背中を大きく震わせ、大量の先走り液を垂れ流す。
 トランクスには大きな染みが浮かび上がり、千恵の指が、掌が、少しずつ少しずつ宏の色に染まってゆく。

「軽く触れているだけなのに、こんなにも濡れるのね。……凄いわ♪」

 千恵は指に絡み付いた透明な粘液をしげしげと眺め、おもむろに口に含む。
 舌を回し、じっくりと味わう姿に宏は心ときめいてしまう。
 愛する女性(ひと)が自分の体液を美味しそうに味わっている姿に愛おしさで胸が張り裂けそうになる。

「千恵姉、おっぱい、舐めるよ♥」

 宏は上体をずらし、右手で左のバストを揉みながら唇を右の乳房に這わせる。
 胸の谷間から頂に向かって舌先で円を描くように登り、乳輪から裾へ下りてゆく。
 同時に掌で下から持ち上げるように捏(こ)ね回し、指先で乳輪をなぞって千恵の性感を徐々に高めてゆく。

「ああんっ、ぞくぞくするぅ。おっぱい、気持ち好い? あたいのおっぱい、好き?」

 千恵は息を弾ませ、うわ言の様に聞いて来る。

「気持ち好いよ♪ 千恵姉も、千恵姉のおっぱいも、両方大好きだよ♥」

 千恵のバストは掌にすっぽりと納まり、染みひとつ無い肌が掌に吸い付いてもの凄く揉み心地が好い。
 更には指を優しく押し込むと柔らかく受け入れ、強く揉みしだくと同じ力で弾き返して来るのだ。

「ああっ! 宏が触ってる♪ あたいのおっぱい、宏が、宏が揉んでるぅ♥」

 嬉しそうに目を細める千恵に、宏は千恵がもっと乱れ、喘ぎ声を上げるまでじっくりと虐めてみようと、わざと乳首を外して愛撫する。
 舌先を唇に替え、産毛を撫ぜる様に乳房の表面を舐(ねぶ)り、揉みしだく指も触れるか触れないかという力加減でバストラインに沿わせてみる。

「はああ~っ! そ、そんな風にしないでぇ。お、おかしくなっちゃう……」

 じれったい愛撫に身体を捩(よじ)り、もどかしい感覚に千恵の性感が焦れに焦らされる。
 千恵の身体はより強い刺激を求めて双丘の頂点に実っている蕾がムクムクと勃ち上がり、痺れる様な感覚を身体に送り返す。

(もっと強く触れて欲しいっ。もっと刺激が欲しいっ! もっと……宏に感じさせて欲しいっ)

 千恵がイヤイヤをする様に首を左右に振ると長い黒髪が白いシーツの上を波になって拡がり、揃えられた太股が擦(こす)り合わされて強烈な色香を部屋中に振り撒いてゆく。
 執拗なまでの性感帯を外した愛撫に千恵は我慢出来なくなり、とうとう大きな瞳から小さく光る雫を一粒零れ落とす。

「いっ、いやぁ。い、意地悪、しないでぇ。どうして……どうして乳首、触ってくれないの? あたいの乳首、嫌いなのぉ?」

 声を震わせて訴える千恵に、宏はいともあっさりと白旗を上げる。
 年上とは思えない甘えた声で、そしていじらしい態度に、どうしてこのまま虐める事が出来ようか。
 宏は謝罪の意味を込めて潤んだ瞳を捉えたまま熱いベーゼを送り、人差し指と親指で乳首をそっと捏ね始める。

「んん~~~っ! んふんっ、んふ、んん……♥」

 きつく瞳を閉じた千恵の喘ぎ声が宏の口の中で弾け、思わずペニスを握り締めている手に力が篭る。
 待ち望んだ刺激に千恵の身体は急速に朱に色付き、熱を帯び始める。

(千恵姉、喜んでくれてるみたいだ♪ ムフッ♪ もっと弄ってやろう♥)

 宏は小指の先程にまで勃起した乳首を弾き、捩り、捏ね回して喜ばせつつ腰を千恵の掌に押し付け、勃起肉を何度も何度も震わせて自分の気持ち好さも伝える。
 千恵は乳首からの快感に身を任せつつも、掌の中で数え切れない位ヒク付いたペニスの反応に嬉しくなる。

(あたいだけでも……宏を喜ばす事が出来ているんだ♥)

 好きな男性(ひと)に悦んで貰う嬉しさに、千恵は唇を重ねたままトランクスから手を放すと手探りでウェストゴムとお腹の隙間に左手を潜り込ませる。
 するとトランクスの下はローションを塗(まぶ)したかの様に先走りの液で熱い海になっていた。

(宏、凄く濡れてる♥)

 自分の愛撫でここまで興奮し、濡れてくれたかと思うと無性に嬉しく、そして愛おしくなる。
 千恵は潜り込ませた五本の指全てにガマン汁を塗し、熱くたぎっているペニスにそっと指を絡める。

(熱いわ。こんなにも硬くて、すっごく熱い。それに……長くて、太いわ)

 千恵は握っているモノが自分の膣(なか)に挿ったとは到底思えず、男根の不思議さに興味津々になる。
 処女を捧げた夜に見て触った宏の勃起肉を思い浮かべながら、指から伝わる宏自身と照らし合わせてみる。
 指を竿に這わせて長さを測り、指を回して太さを実感し、強弱を付けて握って硬さを確かめる。

(凄いわ。これも宏なのね♪ なんだか……逞しいわ♥)

 記憶の中のペニスよりひと回り大きく感じるのは発情した故の気のせいだろうか。
 いつしか千恵の五本の指はしっかりと竿に絡み付き、リズミカルに動き始める。
 溢れ出たカウパー液が扱く指の動きをより滑らかにし、千恵の手をコーティングしてゆく。

「んふんっ! んんっ!」

 今度は宏の喘ぎ声が千恵の口の中で弾ける。
 宏は乳首を弄り回す指に力を込めてより強い刺激を千恵に送り込み、千恵は太く膨らんだペニスを扱いて宏を悦ばせる。
 二人はそれまでの舌先で触れ合う口付けから濃厚で激しいディープキスへと移行する。
 互いの舌が口の中を蹂躙し、舌を絡め合い、吸い、扱き、甘噛みする。
 荒い鼻息が火照った顔に掛かり、興奮の度合いを高め合う。

(千恵姉、可愛いっ! すっごく可愛い♥)

 鼻筋の通った小顔が薄っすらと汗を浮べて鮮やかな桜色に染まり、目元が紅く色付いて長い睫が小刻みに揺れる千恵の表情に、宏の興奮も一段とヒートアップする。
 宏はガマン汁を噴き溢しながら勃起肉を何度も震わせ、千恵は宏との濃厚なキスと乳首からの快感がダイレクトに子宮に伝わり、幾つもの熱い塊となって蜜壷に溜まっては秘裂をしとどに潤してゆく。

(愛してる♥ 宏……愛してるわ♥)

(千恵姉♥ 愛してるよ♥ 千恵姉♥)

 ゆっくりと瞳を開いた千恵が見たものは、愛する男性(ひと)の瞳に映った自分の瞳だった。
 二人の真摯な想いが瞳と唇、手を通じて伝わり、心の中で溶け合ってゆく。
 弓なりに反り返ったペニスが脈打って千恵の掌を何度もノックし、硬く隆起した乳首が宏の指を心地良く弾く。
 やがて宏の手はバストからウェストラインをなぞり、お臍をくすぐってお腹を撫ぜながら徐々にショーツに向けて移動する。

(あん♪ 宏ぃ♥)

 千恵は下腹部を這い回る宏の指に敏感に反応し、目を細めて歓迎するかの様に足を開く。
 秘部を触れられる恥しさよりも、宏が自分を求めてくれている、という嬉しい気持ちが勝り、指の移動に合わせて自然と足が開いたのだ。
 すると千恵の股間に留(とど)まっていた女の香りが二人を中心に部屋中を覆い尽してゆく。
 発情した雌の匂い。
 宏は唇を外す事無く思いっ切り鼻から深呼吸し、久振りに嗅ぐ千恵の甘酸っぱい匂いに酔いしれる。

(千恵姉、すっごい濡れ具合だ♪)

 ビキニラインに指を這わせると内腿どころかシーツにまで千恵が溢れさせた粘液でベットリと濡れそぼっている。
 宏はムッチリとした太股に掌を這わせて肌の張りを味わうと、いよいよ千恵の本丸を目指す。

(せっかくの紐パンがびっしょり……う゛っ!)

(!! んん~~~っ! んんっ!)

 宏の指がショーツの上から秘裂に宛がわれた瞬間、甘美な刺激に千恵は身体を大きく震わせ、喘ぎながら宏の舌を思わず噛んでしまう。

(あっ! ごめんなさいっ! つい、噛んじゃった)

 千恵は秘裂を触られた事よりも、キスの最中に愛する男性(ひと)の舌を噛んでしまった事が猛烈に恥しく、申し訳無く思ってしまう。
 宏は心の中で苦笑すると直ぐに「大丈夫だよ」、と微笑み、舌を突(つつ)いて千恵を安心させてあげる。
 千恵は宏の心遣いが嬉しく、お詫びの意味も込めて自分の舌の上に宏の舌を乗せ、「痛いの痛いの飛んでけ~♪」と舌を蠢かす。

(!! ち、千恵姉)

 宏は子供の頃、遊んでいて軽い怪我をした時に千恵からして貰った「痛いの痛いの飛んでけ~♪」をまさか今、この場でして貰うとは思わず、全ての動きが止まってしまう。

(大丈夫? もう痛くない? ごめんね♪)

(ありがとう、千恵姉♪ 全然痛くないよ♪)

 瞳と舌で会話し、宏と千恵は口付けしながら互いの秘部を弄り始める。
 宏はすっかりと濡れそぼり、無毛の千恵の色形が浮き出たショーツの上から改めて掌を被せる様に置き、中指を亀裂に宛がってゆるゆると揉みしだく。

(んふんっ♪ んん~~♪)

 秘裂全体から湧き上がる気持ち好さに意識が傾きながらも、千恵は再び宏のペニスの形、長さ、太さ、温度を確かめる様に指を這わせ、竿を大きく扱く。

(あん♪ 指が段差に当るわ。ここが……)

 千恵はそっと唇を外すと宏の目を見つめ、鈴口からカリ首の段差まで指を滑らせ、ぐるりと一周させて感慨深げに呟いた。

「ここから膣内(なか)に挿って、この張り出した所であたいの処女膜を破ったのね……」

 その指使いと台詞に、宏はデジャヴ~既視感~に囚われる。
 それは奇しくも若菜が風呂場で宏に対して行なった言動と全く同じだったからだ。

「さすが双子♪ 仕草も台詞も一緒だ」

 思わず口に出してしまい、千恵が首を傾げて目線で問うて来る。
 宏は簡単に風呂場での若菜とのやり取りを聞かせると、千恵は瞳を瞬(しばた)かせ、そして小さく笑い出す。

「そうだったの。……ふふ♪ 双子姉妹が同じ男性(ひと)を好きになったんだもの、どうしたって似て来るんでしょうね♪ ……あたいも若菜に毒されたのかしら♪」

 最後は宏にだけ聞こえる様に囁き、目を細めながらチロッと舌を出す。
 宏は余りにも無邪気な、そして何の陰りも無い笑顔に心奪われ、千恵の掌の中でペニスを大きく膨らませる。

「あん♪ こんなに大きいのが……ここまで挿ったのね」

 千恵は愛おしそうに亀頭から竿の根元で指を這わせ、処女喪失の痛みを思い出す。

「身体が千切れたかと思ったわ。それまでの気持ち好さが一瞬で消え去って、激痛しか残らないんだもの。……でもね」

 千恵は宏の瞳をじっと見つめ、微笑みながら言葉を続ける。

「宏とひとつになれた嬉しさはそれ以上だったの。嬉しくて嬉しくて胸が張り裂けそうだったわ。ありがとう、あたしの処女、ちゃんと受取ってくれて♪ 大好きよ、宏♥ 愛してる♥」

 そう言うと千恵は貪る様に唇を重ね、ペニスを扱く動きも再開させる。
 心の中で、「あたいは一生、貴方に付いて行くからね♪ 何があっても貴方と一緒よ♥」、と呟きながら。
 宏も千恵の心が嬉しく、心の中で何度も声を大にして叫ぶ。

(千恵姉、俺が守るから。何があっても、俺は千恵姉の傍を離れないよ♥)

 宏の右手はショーツの下に潜り込み、直接秘裂に指を宛がって回転させる様に愛撫する。
 お互いの秘部から、くちゅ、みちゃ、ねちゃ、と粘着質な水音がハーモニーを奏で、部屋中に響いてゆく。

(千恵姉のアソコ、びっしょり濡れて、熱くなってる♪)

 ディープキスをしながら左手で千恵の肩を抱き、右手はショーツの中へ潜り込ませている宏。

(宏のオチンチン、まるで火照った巨大松茸だわ♥ あん♪ 握っても指が届かない♥)

 濃厚なキスに酔いしれ、右手は宏の胸元をまさぐり、左手はトランクスの中へ潜り込ませている千恵。
 二人から発せられる淫靡で妖しい空気に、隣で控えて(?)いた妻達の限界が破られた。
 真っ先に行動を起したのは若菜だった。
 羨ましそうに千恵達の睦事(むつみごと)を眺めていたのだが、部屋に充満した男女の濃厚なフェロモンと互いの性器をまさぐる水音に、いても立ってもいられなくなったのだ。
 ぐっしょりと濡らしたショーツを速攻で脱ぎ去り、一糸纏わぬ姿になると宏の背後に忍び寄り、あっという間に宏のトランクスを脱がせてしまう。

「宏ちゃん~、もう我慢出来ないよ~。私達も一緒に可愛がってぇ~♥」

 内腿に白っぽい愛液を大量に垂らしながら若菜が宏にすがり付き、甘えた声でおねだりする。
 宏の首筋にネッキングしながら背中に乳房を押し付け、片手を胸に回して撫ぜ擦(さす)り、もう片手は柔らかくも筋肉質な尻たぶを撫で回し、ゆっくりと尻の割れ目に指を挿し入れて来る。

「あうっ! わ、若姉っ! そ、そこはっ!」

 宏は思わず千恵から唇を外し、振り向いた所に若菜の熱い唇が待ち受けていた。
 若菜は思いっ切り宏の唇に吸い付き、貪る様に舌を繰り出してくる。

(宏ちゃん~♪ 宏ちゃん♥ 好き、好き♪ 大好き♥)

 若菜は腰まで届く漆黒の髪を振り乱し、我を忘れ、白い肌をピンク色に染めて完全に発情しきっている。
 宏の身体を仰向けにさせると頬に両手を当て、顔を被せてディープキスに持ち込む。
 大量の唾液を宏に送り込み、舌を絡めながら吸い、甘噛みする。

(あ~あ、若菜ったら、あんなにがっついちゃって。……ま、仕方ないか♪ ……あひゃああっ!)

 宏越しに若菜を仰ぎ見ていた千恵は、下半身に忍び寄った影に全く気付かなかった。
 突然ショーツの上から秘裂を舐められ、余りの気持ち好さにドロリと大量の蜜を噴き溢してしまう。

「千恵さん、準備完了♪ これだけ濡れていれば大丈夫♪」

 何が大丈夫なんだろうと思いつつ、千恵は股間を舐めた人物に視線を向ける。
 千恵の足元で四つん這いになっている優は唇をゆっくりと舐めて愛液を味わいつつ、妖艶な笑みを向けて来る。
 優も二人の気に当てられ、すっかり発情していたのだ。

「今度は直接、ヒロクンを味わって♪」

 そう言いながら優は千恵を宏の広げられた足の間に誘導する。
 千恵は「直接味わう」の意味を悟り、思わず生唾を飲み込んでしまう。

(宏のオチンチン、舐めるのね)

 優に視線を向けると「そう♪ たっぷりと味わいながら、ヒロクンを気持ち好くさせてあげて♪」、と頷き、千恵の背をほんの軽く押す。
 押されたから動いたのか、押される前に動いたのか、千恵の顔は宏の股間に近寄ってゆく。
 その表情には性に全くの初心で、恥しがりやだった頃の面影は微塵も残っていない。
 あるのは愛する男性(ひと)を欲する純粋な想いだけだ。
 愛する男性(ひと)に処女を捧げられた悦びが、愛する男性(ひと)と肌を重ねる温もりが、愛する男性(ひと)と時を同じに歩む嬉しさが、千恵を一人の乙女から一人の女として成長させたのだ。

「……凄いわ。こんなにそそり勃って……♪」

 大きく膨れた亀頭の先から透明な汁を溢れさせ、青筋を立てて反り返る太く長いペニスに千恵の目が釘付けになり、自分の処女膜を貫いた肉棒が愛おしく思えて来る。
 瞳を輝かせた千恵はそっと手を伸ばし、五本の指をしっかりと竿に絡めると垂直に立たせて小さな口を開いた。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ 無断リンクがばれてしまった! ]
文字の大きさの件、ありがとうございます。いろいろ試してみます。
喘ぎ声書いてる時に照れてしまう俺には、♪使える発想の余裕がびっくりです。


[ お気になさらずに♪ ]
 シナチクさん
 コメントありがとうございます♪

 いろいろ試して素敵なページにして下さいね♪
 
 ♪ で雰囲気が伝わってくれると嬉しいのですが(笑)
 
 そのうち口ずさみながら(喘ぎ声など)書ける様になりますよ♪
 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< みんなといっしょ(2) | ←←← トップ画面へ戻る | みんなといっしょ(4) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。