ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< みんなといっしょ(1) | ←←← トップ画面へ戻る | みんなといっしょ(3) >>

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 みんなといっしょ(2)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
みんなといっしょ(2) みんなといっしょ(2) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「宏、こういう紐付きのショーツ、好きだって聴いたから着けてみたの……」

 はにかみながら千恵は宏の正面で膝立ちになり、惜しげも無く自らの裸体を晒す。
 千恵の穿いているサイドストリングスは正面から見ると底辺が広く、高さの低い逆三角形の形をしており、下腹部の半分も隠していない。
 腰の横では五センチ位余った紐の端が身体の動きに合わせて細かく揺れ、宏の性感を揺さぶって来る。
 宏の食い入る様な視線に千恵は頬を赤く染めて俯いてしまう。

(宏、あんなに目を輝かせちゃって……。ひょっとして気に入ってくれたのかな……。でも、この色形で良かったのかな? 少し派手過ぎたかな……)

 千恵はショーツ一枚だけの姿を凝視される羞恥心と、勇気を振り絞って買った下着を気に入って貰えるかどうかの不安感とが同時に湧き上がってしまう。
 お腹の前で組んだ両手がせわしなく小刻みに動き、視線も一ヶ所に定まらないでいる。
 宏は生で見る紐パンツの色っぽさと千恵から発せられる艶やかさにガマン汁をトロトロと噴き零し、トランクスに大きな染みを作ってゆく。

「千恵姉、とってもセクシーだ♥ 白のレースが凄く似合ってて素敵だよ♪ うん、改めて惚れ直しちゃった♥ ……それに、紐の長さも摘まんだり咥えたりするのに丁度良さげだし♪」

 宏は心の隅に引っ掛かる物を感じながらも心からの笑顔を送り、素直な反応を見せている肉棒を大きく震わせる。
 千恵は宏の褒め言葉と笑顔に見る間に顔を綻ばせ、誰が見ても嬉しそうな、そして幸せそうな表情に変化し、それまで抱えていた恥しさや不安感を一掃させてしまう。

「あ、ありがとう♥ 好かったわ、気に入ってくれて♪」

 千恵はさっきまでの態度がまるで嘘の様に、丸まっていた背中がピンと伸び、両手を腰に当てて胸を反らしながら「もっと好く見て♥」、と宏ににじり寄ってゆく。
 好きな男性(ひと)に気に入って貰えた、というだけで恥しさを忘れ、下着姿であってもじっくり見て貰いたくなるから女心は不思議だ。
 千恵は腰を左右に捻りながら紐の部分を見せつけ、火照った顔を宏に向ける。

「どう? 宏のお眼鏡に適ったかしら?」

 宏は何度も大きく頷きながら、じっくりと千恵の艶姿を目に焼き付ける。
 いつものポニーテールを解いて腰まで届く紫がかった黒髪を首の後ろで一本に束ねて背中に流し、大きな瞳に鼻筋の通った小顔が薄い桜色に色付いている様は何とも色っぽい。
 白い素肌に八四センチの形好いお椀形のバストが重力に負ける事無くふるるん、と揺れ、その頂点には濃い桃色の蕾が透明なピンク色をした乳輪の中で丸く、プックリと実り、宏に食べられるのを待ちわびているかの様だ。
 細く、長い手足にくびれたウェストから大きく張り出したヒップ、そしてムッチリと張り詰めた太股へと続くラインは女性でしか有り得ない丸みを帯びて宏の性感を心地良く揺さぶって来る。
 小さく、可愛らしい縦長のお臍の下には、腰骨の下で結び目が揺れるショーツが薄っすらと無毛の秘裂の影を浮べて宏の情欲を激しく刺激する。

「ああっ! 千恵姉、すっごく色っぽい! 堪らないよ!」

 宏の勃起肉は仰向けになっているのにも拘らずトランクスを力強く押し上げ、ウェストのゴムが大きく浮き上がっている。
 お陰で若菜の視線が浮いたゴムとお腹の隙間からトランクスの中に堂々と忍び込んで来る。

「宏ちゃん、すっご~い♪ 姉さんのパンツ見ていっぱいお露垂らしながら、あんなに大きくさせちゃってるぅ♥」

 若菜は耳元に熱い息を吹き掛け、両手で宏の胸をまさぐる。
 宏のモッコリと盛り上がった股間を見て千恵は自分の選んだ下着が正しかった事を知り、嬉しさに目元を更に赤く染め上げる。
 宏は千恵の艶っぽい瞳を見ながらも、心の隅で気になっていた事をさり気無く聞いてみる。

「ねえ……、千恵姉? 俺の下着の好みなんて、誰から聴いたの?」

「えっ!? そ、それはっ……!」

 千恵は突然の問い掛けに反応出来ず、思いっ切り狼狽えてしまう。
 下着を買った時に晶と若菜から千恵が宏好みの下着を考え、買った事にする様に言われていたからだ。
 宏は千恵に情報を流したと思われる人物に問い質(ただ)そうと上体を起しかけたが、身体の下から伸びた両手によってガッシリと両肩を押さえられてしまう。

「そ、そそそ、そんなコト、い、いまは、どっ、どうでも、いいでしょ~~。い、いまはほらっ、ねえさんのショーツをほめるじかんだよぉ~~~」

「……若菜さん、声、裏返ってる」

 身体を強張らせた若菜に優が苦笑しながらツッコむと、晶が喉の奥で笑いながら止めを刺す。

「自ら墓穴掘ったわね~。雉も鳴かずば撃たれまいに♪」

 すると若菜が宏の身体を勢い良く押し退け、上体を起しながら晶を指差して叫んだ。

「う、裏切り者~~~っ!! 晶姉さんだって姉さんに散々吹き込んでたじゃないっ!」

「あら、そうだったかしらん♪」

 晶は上体を起して横座りになりながら澄ました顔で若菜の攻撃をサラリとかわす。
 優も妖しい雰囲気から怪しい雲行きに変わったので宏を助け起こしにゆく。
 部屋の隅まで吹っ飛ばされた宏は涙目で訴える若菜を横目で見つつ、千恵の隣に座り直して解説を求める。

「あのね、若菜があたいに『もっと色っぽい下着を買え、宏は紐付きショーツが大好きだ』、って言うの。でもあたいはそんな下着なんて持ってなかったし、通販で買うにも時間が足りなかったの」

 横座りになった千恵が宏の顔を見ながら事の経緯(いきさつ)を話し出す。

「それでお店に直接買いに行こうとしたんだけど、普段行くスーパーにはそんなお洒落な下着なんて置いてないし、他にどこで売っているかなんて判らなかったの」

「それで事情を聴きつけたあたしが千恵ちゃんと若菜ちゃんを連れて、あたしの行き付けのお店に行ったの♪」

 晶が微笑を浮べながら補足し、千恵は説明を続ける。

「そのお店でね……」

 千恵は田舎で唯一のデパートに一緒に出掛け、入った事も無い高級下着専門店でサイドストリングスをあれこれと選んで貰った事、その時に若菜と晶から宏好みのショーツについて色々アドバイスを受けた事も暴露する。
 若菜曰く、「宏ちゃんは紐パンツに異常に興奮するんだよ~♪」、と紐だけで出来たショーツを振りかざしながら。
 晶曰く、「ヒロはああ見えて結構スケベだから布面積の小さい方が喜ぶわよ♪」、とマイクロビキニを押し付けながら。

「若姉……、晶姉……」

 宏は頭を抱える。

(俺って、二人からそんな目で見られていたのか!?)

 落ち込む宏に同情しながらも、千恵は説明を続ける。
 晶と若菜は店員を巻き込んで色々なショーツを物色し、姿見の前で千恵の身体に宛がいながら、あーでもない、こーでもないといつまでも騒いでいた事、仕舞には千恵をさて置いて自分達の下着を選び始めた事、自分は顔を赤らめながらも二人が選んでくれた中で自分で穿けそうなショーツを幾つか選び、購入した事などを語って聞かせた。

「なるほど、向うに行っている間にそんな事があったのか。うん、良く判ったよ」

 そう言うなり千恵の肩に手を回して布団に優しく押し倒し、腕枕すると唇をそっと奪う。

「ありがとう♪ わざわざ恥しい思いをしてまで買ってくれて♥」

 嬉しそうに目を細める千恵に、宏はショーツのウェストラインを片手で撫ぜながら囁く。

「俺の為に素敵な下着を着けてくれた。それだけで俺は充分嬉しいよ♥」

 宏は千恵が夕方に拗ねた理由のひとつもここにあるのではないかと頭の隅で考える。
 せっかく宏の為に下着を新調したのに少しも相手をしてくれないのでは、誰であれ機嫌が悪くなるだろう。
 宏は千恵の大きな瞳を見つめながら何度も何度も感謝と愛情の口付けを送る。
 千恵の身体は宏の腕の中でほんのりと赤く色付き、熱を帯び始める。

「千恵姉の心、確かに受取ったから♥ 好きだよ、千恵姉♥ 愛してる♥」 

 宏は心を込めて千恵の唇を塞ぐ。
 事の成り行きを見守っていた若菜はホッと胸を撫で下ろし、安堵の溜息を付く――かと思われたが、そうは問屋がおろさなかった。
 千恵から顔を上げた宏は若菜と晶をジト目で見つめ、「どこで俺の好みを知ったの?」という無言のプレッシャーを与える。

「あ、あはは~~。それは、その~……」

 若菜は視線を逸らし、頬をポリポリ掻いていたが観念し、布団の上で横座りになって白状する。

「宏ちゃんの本棚にあった夜のオカズにしてた本の数々、それを見ていて気付いたの~。紐パンツの写っているページに栞(しおり)を挟んであったから、それでもしかして、と思ったの~」

「ヒロ、写真集のページの端を小さく折ったら誰だって判るわよ♪ いかにもこのページを真っ先に見てます、って言ってる様なものよ♪」

 若菜の鋭い観察眼に宏はもとより、姉の千恵でさえ目を大きく見開いて驚いている。

「それだけで判ったの!?」

「そうだよ~♪ 宏ちゃん、女はね、好きな男性(ひと)の事なら何でも敏感に反応するんだよ~。どんな事にでもね♥ だ・か・ら~、浮気なんて一発でバレるんだからね~。……宏ちゃんは心配無いけど♪」

 若菜は可笑しそうにコロコロと笑い、晶も一緒になって笑い出す。

「それにしたって……。若姉、俺は紐パンに対して異常に興奮なんてしないよっ! ただ他の形より色っぽくて好きなだけ! 晶姉、俺がスケベなのは認めるけど、マイクロビキニは逆に引いちゃうよ~」

 宏は二人に対して抗議するも、一笑に付されてしまう。
 こういう時は夫と言うより年下の恋人扱いにされてしまうが、元々姉属性を持つ宏は年上の女性(ひと)から弄(いじ)られるのが事の外嬉しく、愉しく感じている。
 晶と若菜もその点を押さえて宏を弄り、自分達も愉しんでいるのだ。
 この姉達は、人の嫌がる事は絶対にしない。
 苦笑いする宏に若菜が執(と)り成す様に声を掛ける。

「宏ちゃん~、私も一緒に紐パンツ買ったの♪ 今度、見せてあげるね~♥」

 切れ長の瞳から放たれる妖しい光が宏を捉える。
 宏が若菜の瞳に釘付けになっているとトーンを落とした粘っこい声が掛る。

「ヒロ、あたしも買ったわよ♪ 際どい、ひ・も・パ・ン♪ 今度、脱がせてね♥」

 晶がウィンクしながら流し目をくれると、身体の下で千恵が半ば呆れながら、しかし愉しそうに呟く。

「宏、夜の愉しみが増えたわね♪」

 宏は若菜と晶の色っぽい紐ショーツ姿を想像し、思いっ切り鼻の下を伸ばしてしまう。
 なにせ二人共見てくれはその辺のTVタレントよりずっと美人で大人びたレディーなのだ。
 スラリとした長身とメリハリのあるボディーに魅惑のランジェリー姿……。
 宏は思わず生唾を飲み込んでしまう。
 と、そんな宏を見た優が姉に向かって拗ねた声を上げる。

「……みんなずるい。ボクだけ、紐ショーツ持ってない」

 横座りのまま晶を非難の目で見つめる。
 いくらその時自分がいなかったからだとしても、ひとりだけ宏に関する輪に外れるのは気分的に良くない。
 晶はそんな優の視線に笑いながら「大丈夫よ♪ ちゃんと優の分も買っておいたわ♪」と瞳で語りかけ、小さく頷くと優の尖った角(かど)もたちまち丸くなる。
 宏が絡むと優も人並み(?)に熱くなってしまうのだ。

「……ヒロクン、ボクも今度穿いて見せるね♪」

 優の微笑みに宏は大きく頷き、2組の美人双子姉妹が紐ショーツ姿で妖艶に迫ってくる場面を思い浮かべて思わず勃起肉を震わせてしまう。
 千恵は大きく膨らみ、頂点に染みの浮かんだトランクスが小刻みに上下するのを目撃して燻っていた情欲が再び燃え上がり、宏を求める心が羞恥心を覆い隠して全身を満たしてゆくのを感じた。

「宏……♥」

 大きな瞳の中に欲情という炎を宿した千恵は宏に唇を重ねながらそっと大きく膨らんだ股間に左手を伸ばし、やんわりとトランクスの上から勃起肉を握り締める。

「すごい……カチンカチンになってる♪ それに……布越しなのに凄く熱いわ」

 千恵は久振りに触れる愛しい男の身体に酔いしれ、熱い吐息を宏の胸元へ吐き出す。
 宏も千恵の肩を抱き寄せつつ、豊かに実っている双丘に右手を這わせ始める。
 千恵の肌は肌理(きめ)が細かく、手に吸い付いて来てなかなか手から離れない。
 指先でバストの裾をゆっくりとなぞり、揉みしだくと柔らかく指が沈み、そして中から強く弾き返す乳房の感触を丹念に、そして存分に味わう。

「千恵姉のおっぱい、柔らかいのにプルンプルンして気持ち好い♪」

「はあん♪ 嬉しいわ♥ もっと……もっと触って好いわよ♪ あたいの身体は宏のモノなんだから♥」

 上目遣いに見つめてくる熱い視線と心を蕩かす甘い囁きに宏の理性が崩壊した。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(0) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< みんなといっしょ(1) | ←←← トップ画面へ戻る | みんなといっしょ(3) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。