ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< 新居(5) | ←←← トップ画面へ戻る | 新居(7) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 新居(6)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
新居(6) 新居(6) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「宏ちゃん、私達が気持ち好くさせてあげる~♪」

 若菜の瞳が再び妖しく光り、宏を浴槽の縁に座らせると両足の間に陣取ってそそり勃つペニスに唇を被せる。
 いきなりディープスロートを仕掛ける若菜に晶は目を見張り、同時に自分の感情を素直に出せ、実行出来る若菜を羨ましく思う。

(あたしも、もう少し素直になろうかしら。そうすれば少しは可愛らしく見てくれるかも。……よしっ)

 晶はひとつ決心すると、美味しそうにペニスをしゃぶっている若菜に近付く。

「若菜ちゃん、御一緒してもいいかしら~? あたしもヒロを気持ち好くさせてあげたいの~♥」

 頭上から「いい年こいて何ブリッ娘(こ)してんのさっ!」という宏のツッコみが聞こえて来そうな雰囲気を無視し、今まで発した事の無い猫撫で声で言ってみる。
 すると若菜は喉奥に呑み込んでいたペニスを慎重に引き抜き、満面の笑みを湛えながら晶に向かって差し出す。

「うんっ♪ 宏ちゃんに喜んで貰おうね~♥」

 若菜の隣に晶が来ると宏の足の間に美女が二人、そそり勃つペニスと向き合う格好になる。
 晶は若菜の唾液に濡れて光るペニスに手を伸ばし、そっと指を絡める。

「あぁ、硬いわ♪ とても人の身体の一部とは思えない硬さね。それに……熱いわ。火傷しそう♪」

「凄いよね~♪ こんな大きなモノが私達の膣内(なか)に挿ったんだと思うと、不思議を通り越して感動するわ~♪」

 晶と若菜の二十本の細い指が亀頭の先から肛門までの間を這い回る強烈な刺激に、宏は腰砕けになる。
 一人が亀頭を弄るともう一人が竿をなぞり、片方の手が睾丸を掌で転がすともう片方の手が肛門を擦(さす)り、突(つつ)いて来る。
 二人の息の合った絶妙なコンビネーションに宏のペニスは上に下に、右に左にと動かされ、鈴口から大量のカウパー汁を二人の指に撒き散らす。

「ふふ♪ ヒロのオチンチン、ピクピクしてるわ♥」

 晶は大きな瞳を嬉しそうに目を細め、指を口に含むと溢れたカウパー汁を唾液と共に亀頭に塗り込んでゆく。
 すると今まで鈍いピンク色に輝いていた亀頭が更にテカテカに光り、見覚えのある逞しい姿へと変貌する。
 若菜はより宏らしく(?)なった肉棒に頬ずりしてから両手で竿に触れて来る。

「ほらほら、ここから私達の膣(なか)に挿(はい)って来て~、この張り出した所で処女膜を破ったんだよ~♪」

 若菜は鈴口からカリ首まで指を滑らせ、大きく開いたカリ首の所でぐるりと一周させる。
 晶も感慨深げに指を鈴口に這わせる。

「この部分があたしの膣(なか)に最初に挿ったのね……♥ んふ♪ 同時にヒロの童貞も貰ったのよね~♪」

 何処と無く嬉しそうに言う晶に、若菜が瞳を輝かして聞いて来る。

「ねぇねぇ、宏ちゃんの初めてを貰った瞬間って、どんな感じだった~?」

「んとね、あたしのオマンコにヒロの熱いオチンチンが初めて触れた瞬間、と~~~~~っても嬉しかった♥ 痛さへの恐怖よりも愛する男性(ひと)とひとつになれる嬉しさで胸が張り裂けそうだったわ♥」

 晶は宏との初夜を思い出しながら指を亀頭全体に這わしてゆく。

「この部分があたしの膣(なか)を押し広げながら挿(はい)って来た瞬間は凄く痛かったけど、ヒロとの距離がゼロになった証拠だから逆に嬉しかったし、ヒロの初めての女になれたと言う満足感もあったわ♪」

 晶は目元を赤く染め、ガマン汁に塗(まみ)れた指先で玉袋から亀頭までを撫で上げる。
 と、ここで晶が若菜にすまなそうに頭を下げる。

「ごめんね、ヒロの童貞あたしが貰っちゃって。若菜ちゃんもヒロの初めての女性(ひと)になりたかったんでしょ?」

「確かに結ばれる前まではそう思ってたけど~、今は全然気にして無いよ~。優姉さんも言ってたじゃない、順番は関係無い、大切なのは愛する男性(ひと)と契る事だ、って。それを聞いて~、私は順番はどうでも良くなったの~。だって、大好きな宏ちゃんに処女を捧げる事が出来るだけで幸せだと思ったから♥ そ・れ・に~、宏ちゃんが自分の意思で最初に選んだ女性(ひと)は晶姉さんなんだもん♪」

 若菜は宏の玉袋と肛門を弄(まさぐ)っている指を止める事無く、晶の大きな瞳に向かってウィンクする。

「ありがとう。そう言って貰えて嬉しいわ♪」

 若菜の晴れやかな笑顔で見つめ返された晶は逆に照れてしまい、竿を扱く手に力が篭ってしまう。

「はうっ! あぁっ! き、気持ち好い……♥」

 宏は二人の赤裸々なやり取りと絶妙な力加減で蠢かす指にペニスを大きく上下に震わせてしまう。
 その度にガマン汁を噴き出させ、晶と若菜の指の動きをより滑らかにさせてゆく。
 亀頭はプックリと膨れ、カリは大きく開き、硬く熱い茎(みき)には太い血管が幾つも浮き出して今にも破裂しそうになっている。
 晶は若菜に目配せをし、若菜も嬉しそうに小さく頷く。

「それじゃ、一緒に♥」
「いっただっきま~~す♥」

 宏は晶が右側から、若菜が左側から舌を伸ばして来るのを快感の渦の中からボンヤリと見つめる事しか出来無かった。
 二人は舌を平たくして竿の左右から同時に舐め上げ、カリ首の出っ張りを舌先で弾く。
 晶は返す舌先で亀頭の裏側の皮が集まっている部分を強く舐め擦り、鈴口から溢れている汁を吸い出す。
 若菜は尖らせた舌先を裏筋に沿って玉袋まで這わせ、口を大きく開いて睾丸を頬張る。
 二人は愉しそうに亀頭を頬張り、吸い上げ、唇でカリ首を扱き、竿を横咥えにして甘噛みし、睾丸を口に含む。
 その間、四本の手、二十本の指は竿は勿論、膝裏から内腿、尻、肛門、果ては乳首までをも刺激して来る。
 宏のペニスは鉄板をも突き破れそうな程硬く反り返り、ガマン汁を大量に垂れ流して早く射精(だ)したいと二人に向かって訴える。

「ああっ、す、凄いっ! こ、こんなのっ、は、初めてっ!! きっ、気持ち好過ぎるっ!!」

 目をギュッ、と閉じ、歯を食いしばって暴発を防いでいた宏はオナニーや普通のセックスでは決して味わえない快感に堪え切れず、風呂場のタイルの上へ仰向けに倒れ込んでしまう。
 そして無意識に腰を突き上げ、二人に早く射精さ(イか)せてくれとおねだりしてしまう。
 宏の悶え苦しむ顔を嬉しそうに眺めた若菜は浴槽から上がり、宏の顔を逆向きに跨ぐとゆっくりと和式トイレの要領で腰を下ろす。

「宏ちゃん、見て~♪ 宏ちゃんの逞しいおちんちん舐めていたら、こんなになっちゃった~♥」

 若菜は無毛の股間を見せ付ける様に鼻先へ晒し、両人差し指と中指を使って白い蜜で溢れた秘裂を割り開いた。


                                             (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ 6P ]
イーターでは普通にできる3Pですが

バイタリティがすごくて
一人が果てても、次の子がおきてきて
それを延々じゅんぐりにくりかえすんだそうですよ

おともだちのろっぴーがいってましたw

このノベルもやけによく(臨場感あって)設定してまっすね。経験者??w

[ ムフッ♪ ]
 トトロっちさん
 コメントありがとう♪

 ○P(数字は多い程好い・笑)の経験は・・・ ナイショです(笑)

 ハーレムは男(女)にとって夢の生活(だと思いますが・笑)ですので、この物語を少しでも愉しみ、ハーレム気分に浸って戴けたら、と思って書いております。
 
 これからも御贔屓に願います♪
 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< 新居(5) | ←←← トップ画面へ戻る | 新居(7) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。