ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< 若菜~処女喪失(3) | ←←← トップ画面へ戻る | インターミッション~若菜 >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 若菜~処女喪失(4)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
若菜~処女喪失(4) 若菜~処女喪失(4) 美姉妹といっしょ♡ 
 
(……あ、やばい。メチャ……眠い。……い、いかん……このまま寝る訳には……)

 宏はありったけの精液を若菜の処女壷に注ぎ込み、射精が治まると同時に猛烈な眠気に襲われた。
 なにせ四人の処女を相手に、一晩で七回も射精(だ)したのだ。
仕事の疲れと相まって疲労のピークに達したとしても、おかしくはない。
 その上、跨っている若菜の重さと肌触り、温もりがとても心地良く宏の睡魔に拍車を掛けて来るのだ。

「あ……わ、若姉……お、俺……」

 眠くて、と言う事も出来ぬまま意識は急速に眠りの世界へ落ちてゆき、若菜と両手を繋いだまま安らかな寝息を立てて眠ってしまう。
 その寝顔は好きな女性(ひと)に童貞を捧げ、好きな女性(ひと)から処女を捧げられた男のとても幸せそうな表情と、夫として妻四人の初夜を成し遂げた達成感に満ちた表情もしていた。

(宏ちゃん、私の為に最後まで頑張ってくれたもんね~♪ 疲れて寝ちゃうのも当然だわ~)

 若菜は騎乗位で繋がったままそっと手を外し、寝入ってしまった宏の頬を左手で愛おし気に擦(さす)る。
 イってしまったまま早々に寝てしまった宏に対して、少しも怒る気になれない。
 むしろ体力の限界まで頑張ってくれた事が無性に嬉しい。

(ありがとう、宏ちゃん。私の処女、ちゃんと貰ってくれて。私の夢を叶えてくれてありがとう♥)

 今度は右手を宏の頬に添え、両手で頬を挟み込むと唇に軽くキスをする。
 額同士をくっ付けて目を瞑り、処女喪失までの感慨を抱く。

(子供の頃から好きだった宏ちゃんを追い掛けて姉さんと上京した事は間違っていなかった。宏ちゃんを一人の男性と意識してからずっと守って来たファーストキスと処女を今夜捧げる事が出来た。そして……幼い頃からの夢だった宏ちゃんのお嫁さんになれた♥)

 余りの嬉しさに若菜の瞳に光る物が浮かび、やがて宏の瞼の上に滴ってゆく。
 宏が寝入って暫くすると、膣内(なか)であれ程猛り狂っていた肉棒も次第に力を失い、やがて若菜の膣からポトリと抜け落ちてしまう。

(あん、とうとう抜けちゃった……。宏ちゃんが離れちゃった……)

 胸を密着させているとはいえ、お腹に大きな穴が空いたような気持ちになってしまう。
 おまけに、ペニスが無くなった事で注ぎ込まれた大量のザーメンまでもが零れ落ちて来た。

(いやっ、出ちゃうっ! 宏ちゃんが流れ出ちゃうぅ~~~)

 ペニスに加えて今まで身体と心を温めてくれていた精液が抜け出る感覚に、若菜は途轍も無い寂しさを感じる。
 若菜の身体は精液を膣内(なか)に留め様としたのか無意識のうちに膣を締め付けるが、注がれた精液は全て流れ落ちてしまった。

(ああっ、せっかく宏ちゃんから一杯貰ったのにぃ……)
 
 若菜は唇を噛み締め、宏の首筋に顔を埋めて肩をギュッ、と掴んで抱き締める。
 嬉し涙が悔し涙に替わってしまう。
 流れ落ちた精液は、あるいは若菜の心の涙だったのかもしれない。
 宏の温もりが身体の中から消え、すっかりと落ち込んでしまう若菜。

(……ま、いっか♪ 次にまた、た~っぷりと注いで貰おうっと♥)

 立ち直りも早い若菜だった。

「宏ちゃん、今、綺麗にしてあげるね~♪」

 若菜はそっと宏の上から退くと、嬉々として小さく縮こまったペニスをパクリと口に含む。
 芯のある柔らかいグミを食べている様な食感に目を細め、思わず顔が綻(ほころ)んでしまう。

(大人しいおちんちんも美味しいわね♪ ふふっ、クセになりそう♥)

 唇で柔らかい茎を挟み、舌先で亀頭を転がす様にして精液や愛液を舐め消してゆく。
 亀頭や竿を刺激している筈なのに、反応が少しも返って来ないのが妙に淋しく感じてしまう。

(眠っている時って、全然感じないのかな? それとも、連射し過ぎで弾切れに……なったとか??)

 恐るべし女の直感で言い当ててしまう若菜だった。
 茎に舌を這わせていると、ペニスの根元に赤黒くなった輪が四つ、重なる様に付いているのに気付いた。

「あ……これが……」

 宏ちゃんが処女を貰った証ね……と心の中で続ける。
 きっと一番根元に付いているのが晶の破瓜の血で、その上に千恵、優と続き、一番上が若菜だろう。
 根元から上にいくに連れ、赤色が鮮やかになるのが生々しい。

(これが……私の……)

 自分の印を指でそっとなぞると、改めて宏に自分を捧げたという実感に囚われる。
 まじまじと処女の受領証を眺めた後、若菜は唾液を舌先にたっぷりと載せて赤い輪に這わせる。
 鉄の様な味を感じながら少しずつ少しずつ、宏からみんなの跡を消してゆく。

「これで完全に処女の証が無くなったわ~……」

 赤い輪が全て消えると、若菜は感慨深げに呟く。
 もう二度と付く事の無い証に、自分達が乙女から女になった想いに駆られる。
 と、同時に顔がニヤケてしまう。

「ふふっ♪ お嫁さんになったんだもんね♥ 初夜を無事に済ませたんだもんね~♥」

 若菜の舌は楽しそうに陰嚢からその周辺までを丹念に清めてゆく。
 最後にペニスを根元まで深く咥えてから、味を確かめる様にゆっくりと引き抜いてゆく。
 カリ首に唇を掛けると亀頭を強く吸い、尿道に残っている精液を吸い上げる。

「あん、ちょっとしか残って無い~っ」

 舌先にチビリ出た精液の残滓に、お門違いの文句を垂れる若菜であった。
 すっかり綺麗になったペニスに満足した若菜は宏に掛け布団を掛け、唇に軽くバードキスをしてから囁いた。

「おやすみなさい。今日はお疲れ様。ゆっくり休んでね♪ 良い夢を♥」

 もう一度キスをすると、若菜は身体を宏に向けたまま隣の布団の上でM字開脚のポーズになる。

「ティッシュ、ティッシュ、と」

 濡れティッシュを片手に自分の股間を覗き込み、秘裂にこびり付いている破瓜の血を拭ってゆく。
 とてもついさっき処女を失った女とは思えない、恥じらいもへったくれも無い態度だ。

「あんっ、やだ、まだ火照ってる……」

 腫れぼったい秘唇に指が触れると、身体がピクンと反応してしまう。
 身体の奥底に、まだセックスの余韻が残っているのだ。

「んっ、あふっ! ん~~っ」

 大粒なクリトリス周辺は特に慎重に、極力刺激しない様に注意して拭う。
 ここで発情してオナニーをしてしまったら、まるで宏とのセックスが満足していない様になってしまい、宏に申し訳が立た無くなってしまう。

(ににんが四、にさんが六、にしが八……)

 若菜は九九を必死になって諳(そら)んじながら性欲を押さえ込み、性交の後処理を続ける。
 膣口にまだ鈍い痛みは残っているが、宏と契った証だと思うと逆に嬉しくなる。

「……あ、まだ残ってた♪」

 股間を拭っていると、膣奥から温かい精液がひと雫、トロリと流れ出て来た。
 若菜は自然と人差し指と中指を使って掬い上げ、口に運ぶ。
 それはまるで口の端に付いたクリームを掬い取る仕種そのものだ。

「ん♪ おいち(美味しい)~♥」

 切れ長の目を細め、舌なめずりして妖艶に微笑む若菜の姿は少女から脱皮した大人の女そのものだった。


                                             (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ 若ネエやりすぎ(-_-)zzz ]
処女を奪われるのではなく、捧げるか♡
若ネエの愛の強さを感じる作品ですよね(*^^)v

に、しても・・・弾けすぎでは?
ちょっとは恥じらいってものを・・・アッ
それは千恵姉の役目か・・・
すんごくバランスの取れた奥方候補(この時はまだ非公式な奥方?)に
ひたすら読み続けた自分を思い出しますよ(^_-)


[ 毎度お越し戴きありがとうございます♪ ]
草薙さん
 コメントありがとうございます♪

 この頃(作品初期)は若菜がヒロイン・オブ・ヒロインでした。
 それが今や、お屋敷の性活担当に。(笑)
 当初の配役(?)が当たって作者的にも万歳、です♪

 毎度ご贔屓ありがとうございます♪ m(_ _)m
 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< 若菜~処女喪失(3) | ←←← トップ画面へ戻る | インターミッション~若菜 >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。