ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< 優~処女喪失(1) | ←←← トップ画面へ戻る | 優~処女喪失(3) >>

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 優~処女喪失(2)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
優~処女喪失(2) 優~処女喪失(2) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「優姉の処女膜、ヒクついてる♪」

 宏は秘裂から唇を離して処女の膣口をまじまじと観察する。
 白い本気汁で溢れた秘唇の真ん中に、薄ピンク色に光り輝く処女膜がヒクヒク震えて蠢いている。

「……ああっ! ヒロクンッ、ヒロクンッ♥」

 股間に宏の熱く、荒い息を感じた優が見られる嬉しさに咽(むせ)び泣く。
 宏は舌先を伸ばし、処女膜の穴に尖らせた舌先をそっと入れてみる。
 そして処女孔の縁に舌先を引っ掛け、手前に軽く弾く様にしてみると、膜の厚さや弾力性が良く判った。
 ぷるるん、と極薄い肉の膜が震える触感に、処女ならではの感触に宏は無我夢中になって舌先からの感触を繰返し味わい、愉しむ。

「あんっ、いやんっ♪ ……そんなに苛めないでぇ♥」

 優も最初で最後の処女膜からの感覚に性感を高ぶらせ、宏の舌遣いに合わせて腰を振って悶えてしまう。
 次に宏と繋がる時には処女膜は無くなっているのだ。
 今、この時を愉しまない手は無い。
 二人は本能的にそう思い、処女膜の存在を愉しんでいるのだった。
 宏は舌先で処女孔を舐(ねぶ)りながら無意識に右手をクリトリスに、鼻先を肛門に宛がっていた。

「ひゃんっ! あんっ、ああんっ、すっ、凄いっ! おまんこがっ、おまんこが蕩けるぅ~っ♥」

 クリトリス、処女孔、菊座からの刺激に優は更に悶え、嬌声が高くなる。
 完全勃起してズル剥けになっているクリトリスを親指と人差し指で扱きあげ、コリコリと挟んで摘まみ上げる。
 溢れる蜜が多すぎて上手く掴めずに指から滑ってしまうが、それすら刺激として優を狂わせる。
 舌先で処女膜を舐りながら溢れる蜜を啜り、秘唇の中を吸い上げる。
 鼻先を菊座に擦り付けながら甘い匂いを嗅ぎ、熱い息を吹き掛ける。

「あふぅっ! はあんっ、あはんっ! いいっ、いいのっ! ヒロクンの舌、気持ちいいっ!」

 優の背中は汗で薄っすらと濡れ光り、蛍光灯に照らされて妖艶な女の姿を晒している。
 処女とは思えない悶えっぷりに、宏の攻撃はエスカレートする。
 尻を撫で回していた左手を前に伸ばし、優のバストを下から持ち上げる様にして揉みしだく。

「はあんっ! ああっ! すごいっ、オッパイ、いいっ♥」

 優のバストは下を向いても重力に負ける事無く、綺麗なお椀形になったままだ。
 宏は遠慮する事無く、掌に吸い付いて来るバストを揉み回し、柔らかさや程好い弾力を愉しむ。
 掌の中にはコリコリと硬く尖ったモノがしきりに存在感を主張し、宏を誘って来る。
 宏は思う存分バストを揉みしだいて愉しんだ後、指先で硬く尖った乳首を摘まんで応える。

「あうっ♪ あんっ、乳首がっ! 乳首もいいっ! 乳首、感じるぅ♥」

 優は全身を鮮やかな朱色に染め、汗で濡れて光る身体をくねらせて宏の愛撫に悶え狂う。
 晶、千恵と続いた宏のセックスシーンを目の当たりにして燻っていた性感が、宏の愛情溢れる愛撫によって急激に燃え上がったのだ。
 それに加えて普段のオナニーからは得られない同時に四ヶ所からの快感と、愛しい男性(ひと)が自分の身体を弄んでくれている、自分の身体で悦んでくれている、そんな想いも股間と乳首からの快感を増幅させ、優は大きな波に呑まれ様としていた。

「イクッ! イッちゃうっ! ……ヒロクン、イッちゃうぅ!」

 優は髪を振り乱し、両手でシーツを固く握り締め、口から涎を垂れ流しながら宏にイク事の許しを請う。
 宏は返事をする代わりに、鼻先を菊座に強く擦り付けながら舌先で処女孔を強く弾き、クリトリスをきつく指ですり潰すと同時に乳首を強く摘み上げた。

「!! ああ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っっ!!!」

 四点から噴き上る激しい快感に優は背中をのけ反らし、腰を宏の顔に押し付けながらイってしまう。
 膣口からは熱く白い蜜が大量に宏の顔面に浴びせ掛けられ、クリトリスと乳首はビンビンに勃起して宏の指を弾き返す。
 細かく身体が痙攣する中、溢れた蜜は内腿を伝って膝下のシーツをジットリと濡らす。
 左右のラヴィアは充血してポッテリと厚みを増し、宏の唇を心地良い弾力で押し返して来る。

「あふっ、はあん~、んふん~♥」

 息も絶え絶えに脱力し、そのままうつ伏せに崩れ落ちそうになった優のくびれた腰を宏の両手が掴んで支える。
 そして大きく反り返り、先走り液でドロドロに濡れている茎を秘裂の下から擦り付けて来た。
 四つん這いでの素股の形になったのだ。
 茎の浮き出た血管が秘裂を擦り、カリ首がクリトリスを包皮ごと引っ掻く。

「……ああん、硬いぃ♪ ヒロクンのおちんちん、硬くて熱いぃ♥」

「優姉、俺、もう堪らないよっ!」

 優が宏のペニスに酔っていると、宏が挿入をねだって来た。

「……いいよ♪ ヒロクンに、ボクの処女、あげる♥ ボクをヒロクンのモノにして♥」

 艶っぽく染まった目元に、潤んだ瞳の優が振り返って宏を見つめる。

「優姉はモノじゃないよ。俺の、この世で一番大切な女性だよ♥」

「……ヒロクン♥」

 嬉し涙に滲む目で宏と見つめ合い、そして上体をシーツに伏せて腰だけを浮かせ、宏に向かって突き出す。

「……来て♪ ボクの初めて、受け取って♥」

 宏は軽く頷くと左手を優のウェストに添えたまま右手で茎を持ち、大きく膨らんだ亀頭を晒されている小さな膣口に宛がう。

「行くよ、優姉♥」

 優が頷いた事を確認してから腰を前へ押し進める。
 するとすぐに亀頭の先っちょが処女膜に触れ、処女孔が亀頭の周囲を丸く拡がりながら呑み込んでゆくのがハッキリと見えた。
 宏は自分のペニスが女性の膣に入ってゆく光景を目の当たりにし、異常に興奮してしまう。
 今までの正常位と違って、バックからの挿入は繋がってゆく所が宏から丸見えなのだ。
 宏は視覚から沸き起こる射精感との戦いになった。


                                             (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(0) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< 優~処女喪失(1) | ←←← トップ画面へ戻る | 優~処女喪失(3) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。