ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< 晶~処女喪失(2) | ←←← トップ画面へ戻る | 晶~処女喪失(4) >>

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 晶~処女喪失(3)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
晶~処女喪失(3) 晶~処女喪失(3) 美姉妹といっしょ♡ 
 
 晶は烈痛に耐えながら、愛する男性(ひと)が膣内(なか)に入って来る、やっとひとつになれる、という想いに思わず喘ぎ、涙目になって全身で抱き付く。

「ああっ、ヒロ、ヒロッ!」

 宏は二一年間、誰の膣(なか)にも挿れた事の無いペニスを晶の膣内(なか)に挿れられる、という悦びと同時に、愛する女性(ひと)の初めての男になった、という嬉しさに酔いしれる。

「晶姉っ、晶姉っ!」

 宏の童貞ペニスは処女膜を突き破った後も止まる事無く、処女壷の奥へ奥へと突き進んでゆく。
 やがて大きく弓なりに反り返ったペニスが肉の壁に阻まれ、恥丘と恥丘が重なった所で宏の進攻も止まる。
 初めて入った女の膣内(なか)は熱く滑(ぬめ)り、茎(みき)の根元から亀頭までピッチリと肉が張り付き、ペニス全体をきつく締め付けてくる。

「晶姉、全部挿ったよ♪」

 宏は大きく息を吐きながら晶に告げるが、内臓が突き上げられる感覚に晶はコクン、と頷くので精一杯だ。
 身体は硬く縮こまり、浅い呼吸を繰り返しながら破瓜の痛みをやり過ごそうとする。
 初めて受け入れた宏のペニスは火傷しそうに熱く、張り裂けそうに太く、子宮を破られそうに長く、鋼の様に硬い。

 ドクン、ドクン……、ピクン、ピクン……。

 宏のペニスが脈打ち、晶のヴァギナが震え、互いの鼓動を股間から感じながら抱き合う手に力が篭もる。
 晶の額からは大粒の汗が流れ落ち、痛みの激しさを宏に知らしめてしまう。
 宏は晶を優しく抱き締め、己の快感に打ち震えながら晶の額に軽くキスをする。

「晶姉、ありがとう。晶姉の想い、ちゃんと受取ったよ♥」

 晶は頷きながら潤んだ瞳を開く。
 そこには優しい目をした愛しい男性(ひと)が自分を見ていた。

「ああっ、ヒロ……愛しているわ、愛してる♥」

 晶の瞳が再び喜びの涙で埋まる。
 最愛の男性(ひと)に全てを捧げられ、そして受取ってくれた事が嬉しいのだ。

「晶姉、愛してるよ♥」

 宏は腰を止めたまま軽く口付けを交わすと、晶が落ち着くまで顔中にフレンチキスの雨を降らせる。
 晶はくすぐったそうに目を細め、なすがままにキスの洗礼を受ける。
 そして時折甘える様なキスを返し、呼吸を整える。
 しかし、キスをしている宏は襲い来る快感と必死に戦っていた。
 キスをして気を紛らわさなければ、あっという間に射精(だ)してしまいそうになっていたからだ。
 初めて挿れた膣の感触が思った以上に温かく、根元から締め付けられつつも柔らかく包み込まれる感覚にイきそうになっているのだ。
 宏は肛門に力を入れ、何とかペニスからの快感を逸らそうとするが、処女の強い締め付けに童貞だった宏には長くは持ち堪えられそうに無い。
 時々大きくビクン、ビクン、と脈打ってしまい、その度に歯を食いしばって快感をやり過ごす。
 ところがそのわななきに晶が素直に反応してしまう。

「あン、判るわ。ヒロがあたしの膣内(なか)にいるのが判る……。ピクピクしてるのが判る♪」

 膣口からの痛みも少し落ち着いて、晶は宏に微笑み掛ける。
 すると、今まで硬く強張っていた膣が柔らかくなり、ペニスを受け入れる動きをし始めた。
 子宮から熱い蜜が流れ落ちてペニス全体にまとわりつき、膣壁がペニスの形に合せようとやわやわと蠢くのだ。
 二五歳の熟した肉体は男を受入れた事で急速に開花しようとしている。
 これには三度射精したペニスもひとたまりも無い。

「ああっ、あっ、晶姉っ! きっ、気持ちいいっ! 好すぎるっ!!」

 宏は唇を噛み、恥丘を押し付けて必死にペニスから這い上がって来る快感に耐える。
 晶は最初、宏の切羽詰った声に何が起きているのか判らなかった。
 しかし細かい汗をビッシリ浮べた宏の顔を見て気付き、そして囁いた。

「ヒロ、あたしはもう充分だから、いつでもイっていいわ。好きな時に射精(だ)して♪」

「あっ、晶姉っ! ぬっ、抜かないとっ! なっ、膣(なか)に、膣に出しちゃうっ!」

 宏は、もうあかん、と腰を引こうとしたがそれよりも早く、晶の両足が腰に絡みつく。

「あ、晶姉! ダメだよっ! 抜かないとっ! ……んんっ」

「ダメよ、ヒロ。ちゃんと膣内(なか)に射精(だ)してくれないと♥」

 軽くキスをして晶は宏の言葉を封じ、柔らかく微笑むと下から強く抱き付き、宏の唇にむしゃぶり付く。
 二人の間で柔らかく弾力のある二つの丘が潰され、頂にある硬く尖った二つの実がコリコリッ、と胸の間で踊る。

「ああっ! 晶姉っ! 晶姉っっ!! んむっ……」

 宏の言葉が晶のキスに呑まれてゆく。
 晶は舌を繰り出し、宏とディープキスに持ち込みながら、痛みの薄らいだ腰を揺すってみる。
 すると、痛みの他に膣の奥の方で微かに疼く感じがして来る。
 一方、胸に乳首の硬さを感じながら上の口と下の口で繋がっている状況に、宏はいともあっさりと陥落した。

「でっ、出るっ! イクッ!! イック~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッッ!!!」

 どびゅっっっ!!! どびゅびゅびゅびゅっ!! どぴゅっ、どぴゅっ、どっぴゅ~~~~~っっ!

 四度目とは思えない濃厚なザーメンが勢い良く晶の子宮口に浴びせ掛けられ、大量の熱い白濁液が処女壷を満たしてゆく。

「ああ~~~~、判るわ、判る♪ ヒロの精液が出てるのが判るぅ……♥」

 ヒクつくペニスを膣で感じながら、初めて知った膣内射精の安心感に、晶は宏の首筋に顔を埋(うず)めた。


                                             (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ しゅごい・・ ]
初めてで中だしでちゅか^^

それは・・・やったことないなぁ

うーんぜひやってみたいけど

罪を作る気もするなぁ

マイルーラとピルで・・・なんていったら
処女の子はNGっていうだろうしね^^

理想だなぁ。処女中だしぃ

[ コメント有り難う御座います♪ ]
 トトロっちさん

 愛し、愛される者同士にタブーはありません♪
    (但し、無理矢理はNGですが・笑)

 ここでのセックスの基本は膣内射精(なかだし)ですから(笑)

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< 晶~処女喪失(2) | ←←← トップ画面へ戻る | 晶~処女喪失(4) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。