ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< ハーレムナイト(15) | ←←← トップ画面へ戻る | 晶~処女喪失(2) >>

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 晶~処女喪失(1)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
晶~処女喪失(1) 晶~処女喪失(1) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「晶姉、俺の初めての女性(ひと)になって欲しい」

 宏は晶に覆い被さり、瞳を見つめながら想いの丈をぶつける。

「俺の童貞、貰ってくれる?」

「ヒ、ヒロ……。うんっ、うんっ!!」

 泣き笑いの表情になった晶は宏の背中に両手を回して下からギュッ、と抱き締め、頬と胸を密着させながら耳元で囁く。

「う、嬉しいわ……。あたしを……最初に選んで……くれて、あり……がとう」

 涙声になって言葉が詰まる。
 互いの瞳の中に映る自分を見つめながら、自然に唇が重なる。
 最初は擦り合わせるだけの、静かなキス。
 晶の唇はプリプリしていて触れ心地が好い。

「んっ、んふん~」

 やがて晶の舌が宏の唇をノックする。
 何もしてこない宏に焦れてきたのだ。

「あむっ、んん~~」

 宏が素直に晶の舌を受け入れると、貪る様に舌を絡ませて来る。
 宏と抱き合える事が嬉しく、肌の温もりや触れ合いが晶の安心感を引き出すのだ。

「あん、んむっ、んむ~~♥」

 宏も晶に合わせて舌を繰り出し、互いに口を蹂躙し合う。
 舌を吸い合い、甘噛みし、唾液を交換する。
 それと同時に宏は少し上体を浮かせ、右手を豊かな左胸に這わせてゆく。

「んんっ! んん~~っ」

 晶の肌理(きめ)の細かい白い肌はしっとりと潤い、手に吸い付いてくる。
 乳房全体を掌で下から持ち上げる様にし、人差し指と中指の股に乳首を挟んでやわやわと揉みしだく。
 バストは弾力に富み、揉む掌を押し返して来る。

「はあんっ、あん、はあ~~っ」

 晶は唇を外して背を反らせ、胸からの快感に悶える。
 宏は乳房を揉みながら、うなじから肩のライン、鎖骨を辿って右胸の頂へ唇を這わせる。
 白い肌は薄っすらとピンク色に色付き、細かい汗が胸の谷間に浮かんでいる。

「あはんっ! あんっ、ああ~~っ♥」

 宏が尖りつつある乳首を咥えた途端、抑え気味に喘いでいた声が一気に大きくなる。

「ああっ! いいのっ! オッパイ、感じるぅ!!」

 最後にイってからずっと晶の身体の奥で燻っていた性感が宏の愛撫で一気に噴き出す。
 宏は固く勃起した乳首を吸いながら舌先で激しく転がす。
 宏も全裸の女達、しかも全員無毛の股間を見続けてずっと燻っていたのだ。
 自然と攻撃(口撃)も激しくなる。
 片手で乳首を弾き、捏(こ)ね、バストを揉みしだきながら、もう片方の乳首を舌で舐(ねぶ)り尽くす。
 唇で扱き、弾き、そして左右のバストを入れ替えて再び口に含む。

「はあんっ! 激しいっ! 乳首痺れちゃうっ! だ、ダメェ~ッ!」

 両乳首からの強烈な刺激に晶は首を左右に振って髪を振り乱すと、白いシーツに拡がるソフトウェーブの黒髪が更に乱れ、扇状に大きく拡がる。
 宏は構わずに左手で乳首を捏ね回したまま、唇を無毛になった股間へ向ける。
 臍を過ぎると剃ったばかりの恥丘に辿り着く。
 そこは他の場所よりも一段とツルツルの肌触りになって宏を待ちわびていた。
 肉付きの良い大陰唇の為に深く、クッキリとした女の亀裂には蜜が溢れ、シーツにまで滴っている。
 秘唇は最初に見た時よりもパックリと開き、中からトクトクと蜜を垂れ流し、クリトリスも勃起して朱色の顔を半分覗かせている。

「晶姉のオマンコ、綺麗だよ♪」

 宏はそのまま舌で秘唇を割り、蜜で溢れた透明なピンク色の粘膜を縦横無尽に舐め回す。

 くちゃっ、ぴちゃっ、みちゃっ……。

「あうっ! ああっ、だめっ! つっ、強いっ、強すぎるっ~~!」

 舌先で膣口と処女膜をなぞり、そのまま舐め上げて尿道口をほじり、綿棒の先程の大きさに膨らんだクリトリスを突(つつ)く。
 舌先に感じるコリコリ感が堪らなく面白く、宏は更に激しく攻め立てる。
 すると晶の嬌声が一段と高まる。

「ひゃんっ! はうっ! ああ~~~~っ!」

 厚みの増した二枚のラヴィアを蜜で塗(まぶ)した指で上下に擦りながら、勃起してズル剥けになったクリトリスを吸い、舌先で弾き、押し込む。
 熱い蜜でふやけた指を、会陰部からヒク付いている菊座に這わし、擦り、突き、押し込む。
 クリトリスを散々舐られ、指が秘唇から肛門までを這い回る感覚に荒い息で喘ぎ、全身を捩(よじ)って悶える。
 全身は朱に近いピンクに染まり、細かい汗で覆われ、まるでローションを塗りたくった様に濡れ光っている。
 目元は赤く染まり、汗に濡れた頬にほつれ毛がまとわり付いて強烈な色香を振り撒いている。
 晶の股間は大量の蜜でドロドロに濡れ光り、甘酸っぱい香りとグチャッ、グチョッ、という淫靡な音が二人を包み込む。

「はうんっ、らめっ! らめなのぉ~! はひぃ~~~っ!」

 呂律も廻らなくなった晶は涎を垂れ流しながら叫んでしまう。
 固く尖った乳首を指で捏ねられ、舌先でクリトリスを根元から弾かれながら菊座を指で突かれれば、経験豊富な女でもたちどころに追い込まれてしまうだろう。
 ましてや晶はまだ処女なのだ。
 オナニーでは辿り着くことが出来無かった快感に翻弄され、呆気無く登り詰めてしまう。

「っ! イクッ! イクイクッ! イック~~~~~~~ッ!!」

 大きく背中をのけ反らせ、腰を浮かせた所で宏は止めを刺す。
 乳房を強く握りながら乳首を捻り潰し、クリトリスを甘噛みして蜜に濡れた菊座に指を軽く押し込む。
 瞬間、胸からの激しい刺激と股間からの熱い刺激がひとつに合わさり、溶け合って晶の中で大爆発を起す。
 目の前が真っ白になり、上下左右が判らなくなって意識が遠退く。

「っっっ! あぁあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っっっ!!!」

 宏の顔にピュピュピュッ、と温かい汁が浴びせられる。
 晶も、千恵に続いて潮を吹いたのだ。
 腰を浮かせたまま腰と内腿をピクピク震わせ、恍惚とした表情を浮べながら深い呼吸を繰り返している。
 やがてゆっくりと身体がシーツに降りると、そのまま弛緩して足を開いたまま仰向けに横たわってしまう。

「晶姉、大丈夫?」

 宏はシーツで顔を拭き、頬に口付けしてから虚ろな瞳を覗き込む。
 晶の瞳はトロンと惚け、未だにオルガスムスの余韻に浸っている。
 宏は頬に左手をあてがいながら唇を重ねる。
 舌先で唇をなぞっていると、ようやく晶に意識が戻って来る。

「あぁ、ヒロ、大好きよ、愛してるわ♥」

 晶は右手を宏の左手に重ね、蕩け切った声でキスをせがんで来る。
 フレンチキスを繰り返した所で宏は晶の瞳の奥を見つめ、お伺いを立てる。

「晶姉、俺、もう我慢出来ないよっ。晶姉とひとつになりたい! 晶姉を俺の物にしたいっ!!」

 宏の勃起肉は臍に届く勢いで大きく反り返り、青筋を幾つも浮かべた太い茎の上にはカリ首が大きく開き、プックリと張り詰めた亀頭の鈴口からは大量のガマン汁が滴って玉袋まで濡らしている。
 晶は宏の瞳を見つめ返し、微笑みながら頷く。

「いいわ、ヒロの物にして♪ あたしの処女、あげる。……来て♥」

「晶姉っ♥」

 宏は晶に口付けすると、そっと囁く。

「初めての男に選んでくれて、ありがとう。一生、大切にするよ♥」

「……うん、うんっ♥」

 嬉し涙を浮かべた晶の顔の横で、晶の右手と宏の左手が握り合う。
 四つん這いになっている宏は右手で竿を操り、亀頭で秘裂を上下になぞる。

「あんっ、ううんっ~」

「ああっ」

 晶の蜜と宏の蜜が絡み合い、ひとつになって互いの性器を一層濡らしてゆく。
 宏は少し腰を進めて秘唇を割り、熱く、ぬかるんだ泉に亀頭を馴染ませる。

「ああん、ヒロのが当たってるぅ。ヒロのオチンチン、熱いぃ♪」

 晶は再び性感を燃え上がらせる。
 晶にとって破瓜の痛みの恐怖など、宏と結ばれる嬉しさに比べたら比較にならない程小さく、無いと言っても良い。
 むしろ、宏から与えられる痛みならば喜んで享受したい、とさえ思っている。
 それに少し間が空いたが二回もイかされ、二十五歳の女盛りの熟れた肉体が疼いて疼いて仕方ないのだ。
 両足を宏のふくらはぎに絡ませ、左手を背中に回して引き寄せる。

「は……あんっ!」

 早く挿れて、と思わず言いかけてしまうが、何とか堪(こら)える。
 いくら何でもそれを口に出すのは恥しいが、無意識に腰が浮いて股間を押し付けてしまう。
 宏も鼻息を荒くしながら、晶の処女粘膜を童貞ペニスで存分に弄る。
 お互い初めて同士、初めての接触に性感を高ぶらせる。

「晶姉のオマンコ、すっごく熱くて……ヌルヌルしてる♪」

 宏は秘唇の中で亀頭を上下に擦り、晶の蜜に塗してゆく。

「はあん、ヒロも、硬くて熱くなってるわ♪」

 晶は目元が下がり、快感に、宏に、完全に身を任せ切っている。

「「あうっ!」」

 クリトリスと鈴口が擦れ合い、お互いにピクッ、としてしまう。
 感覚が鋭くなっているので、ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまうのだ。
 宏は亀頭を左右のラヴィアに挟まれたまま下に押し下げ、熱く滑(ぬめ)って少し凹んでいる部分を捉える。
 この何ミリか先には、未だ破られていない処女膜があるのかと思うと宏は興奮に酔いしれ、勃起肉が更に膨らんで来る。
 晶の初めての男になると同時に、晶が初めての女性(ひと)になるのだ。
 晶も膣口にペニスがあてがわれた事が判ったのだろう、今一度宏の瞳を捉え、握る手に力を籠める。

「ヒロ、貴方にあたしの全てを捧げるわ。あたしの処女膜はヒロに捧げる為に今まで存在して来た、貴方だけのものよ。お願い、あたしを奪って♥」

 晶は全身で抱き付き、唇を寄せて来る。
 宏も舌を絡ませながら晶の澄んだ瞳を見つめ返す。

「晶姉、好きだよ。愛してる♥」

 宏は亀頭が膣口から外れない事を確認してから右手を竿から離し、晶の背中から手を回して左肩を抱く。

「あぁ……ヒロ……好きよ♥ 幼い頃からずっと好きだった。愛してるわ♥」

 晶が言葉を紡ぐと宏はキスで返し、瞳を見つめ合ったまま少しずつ腰を進めた。


                                             (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(5) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ たまに実体験 ]
たまーに実体験かなぁとおもうぐらい
よくできた描写がありますね^^

もっともっと変態道きわめてくださいね

おたがいがんばりましょう

[ コメント有り難う御座います♪ ]
 トトロっちさん

 ホントに実体験だったら好かったのですが(笑)、全てイメージから文章に落としたものです。

 お互いにエロを極めましょう♪

[ 実体験って ]
でも、実体験って
いいことばっかりじゃないですよね。
悲しい・切ない・悲劇だらけ・・・
それが実は世の中だったりするのかな?

ぼくはそんな世の中を変えたい
少しでも早く、今の世の中のこの
モラルハザードを推し進めたいっておもうんです。

モラルに縛られて、人は自由に行動できないから。

ずうずうしい外人には当てはならない理論ですけどね。日本の人はもうちょっとOPENになってもいいと思います。


[ コメント有り難う御座います♪ ]
 トトロっちさん

 悲しい、切ない、悲劇・・・があるから愉しい、嬉しい、も存在するかと思います。
 勿論、エロも♪

 いきなりは無理でしょうから、少しずつ世の中(の考え方)を変えてゆきたいですね。

 今の日本人は頭が硬過ぎて「柔軟性」に欠けてますから(笑)

[ そうそう ]
エルムさん!
そうなんですよ。
トトロっちは自分が自分の性癖をOPENにすることで
そういったモラルに縛られて本当の自分を明かせずにいるかわいそうな人を解放したいの!
だから、これからもがんばるね。
一応志のある立派な変態になりたいの。


【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< ハーレムナイト(15) | ←←← トップ画面へ戻る | 晶~処女喪失(2) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。