ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< ハーレムナイト(11) | ←←← トップ画面へ戻る | ハーレムナイト(13) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 ハーレムナイト(12)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
ハーレムナイト(12) ハーレムナイト(12) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「優姉、凄い濡れ具合だね。割れ目からこんなに滴ってるよ♪」

「……うん。ヒロクンが喜んでいるのを見て濡れたんだよ♪」

 宏は濡れた内腿に指を這わせ、流れ落ちる蜜を掬(すく)って口に含む。
 優の愛液は他の三人と違ってトロミが少なく、酸味も少なくてサラサラした感じだ。
 宏は首を持ち上げて優の無毛の股間にかぶりつこうとした時、優の方から鼻先まで腰を下げて来た。

「……ボクのおまんこも、一杯舐めて♪」

 宏は唇を寄せ、溢れ出ている大量の蜜を啜ると自然と音がでてしまう。

 ずずずっ、ぴちゃっ、ぴちゅっ、ずず~っ……。

「ああん、そんなに音立てちゃだめぇ~♪」

 優の甘い声に応えるように、舌を繰り出して張りのあるスベスベの肌触りを楽しみながら内腿に溢れ出た蜜を舐め回す。
 子猫がミルクを飲む様な音が部屋に響くと同時に、ピンク色に染まっている優の太股もピクッ、ピクッ、と痙攣する。

「優姉のおつゆ、美味しいよ♪」

「うふん♪ ……ヒロクンの好きなだけ飲んでいいんだよ♪」

 優は股間を下げ、宏の唇に秘裂を擦り付けてくる。
 宏は両手の親指を使って優の柔らかいラヴィアを拡げると、女の匂いが一段と濃くなり、熱気も伝わって来る。

「優姉のオマンコ、ドロドロに溶けてる~♪」

 秘唇を開いただけで顔の上に蜜が滴り落ち、押えている親指を伝って腕にまで滴って来る。
 濃いピンク色に光る優の秘核は完全に包皮から顔を出して熱い蜜にまみれ、大きさも米粒大の千恵より一回り大きく、グリーンピース程の若菜よりは小さい。
 皺の少ないラヴィアは興奮していても薄く、厚みをあまり感じないが、誰よりも濃い朱色に染まっている。
 宏は秘唇を指で押え付けたまま唇を寄せ、膣口に被せる様にして蜜が湧き出す泉を直接啜る。

「ああ~~っ! ヒロクン、ヒロクンッ♥」

 優は腰を小刻みに震わせ、甘えた声を洩らしながら身体全体を使って悦びを表現する。
 何しろ蜜の量が多いので啜る、と言うよりも、直接飲んでいる、と言う方が近い。
 普段は沈着冷静な優だが、宏に対しては甘々なお姉ちゃんになってしまい、特に今日は「お姉ちゃん」というより「甘えたがりの女の子」という雰囲気になっている。
 そんな優の甘えが嬉しく、宏は存分に蜜を啜るとそのまま舌先でクリトリスを舐め、弾き、突(つつ)く。

「ああんっ! 舌が、ヒロクンの舌がボクのクリちゃん舐めてるぅ~♪」

 優は一際大きく身体を震わせ、宏の腹の上に上体が崩れ落ちてしまう。
 そして無意識に目の前で上下に揺れている勃起肉を右手で握りしめた。

「ああっ! ゆっ、優姉っ!」

 宏の切羽詰った声が優を更なる快楽へ導く。
 熱く太く張り詰め、先走り液でトロトロに濡れている茎を軽く上下に扱(しご)き、左手で睾丸を包むように愛撫する。
 扱く右手は小指で茎の根元を締めつつ掌で強弱を付けながら握り、人差し指を亀頭周辺に這わす。
 掌と指を最大限に使っての愛情溢れる御奉仕に、既に二回射精したとはいえ今まで我慢して来た童貞ペニスはひとたまりもなくなる。

「ダッ、ダメだよっ!! そっ、そんなに扱いたらっ! いっ、イッちゃうよっ、優姉っ!」

 思わず叫んでしまった宏に優は手を止め、振り返って言った。

「……若いんだから、あと五~六回は平気♪」

「無理っ! 絶~~~~対、無理っ。それに何で五、六回なのさ?」

 優は指を折って数え出す。

「……今、一回ボクが飲むでしょ? そのあと四回、お姉ちゃん、千恵さん、若菜さん、ボクの膣内(なか)にそれぞれ一回は射精するでしょ。これで五回。そのあと……」

「だ~~~~~っ!! ちょっ、ちょっと待ったぁ~~!! 幾ら何でも多過ぎだって! いつもは三回が限度……っ!」

 宏はあわてて口を閉ざすが、時既に遅し。
 二人のやり取りを聴いていた若菜と晶、更に千恵までもが詰め寄って来た。

「宏ちゃん~、オナニーの時三回射精(だ)してるの!? だったら頑張れば倍の六回位は平気だよぉ~。勃たなくなっても、私が勃たせてあげる~♪」

「ヒロ、四人の妻を娶(めと)るなら、一晩で最低でも六回は射精(だ)しなさい。それが夫としての義務よ♪」

「宏、若いモンね~。大丈夫よ、精の付く物、一杯食べさせてあげるから♪」

「……ヒロクン、だからあと最低でも四回は射精し(ださ)ないと♪」

 若菜が目を爛々と輝かせてそら恐ろしい事を言い、晶が目を細めてニヤリと笑い、千恵が頬を染め、優が「だから言ったでしょ」と言わんばかりの目を向けて来る。

「そ、そんな~」

 宏は女郎蜘蛛を思い浮かべ、交尾の後にメスに喰われるオスの心境が判った様な気がした。
 正に精を搾り取られて喰われるのだ。
 宏は小さな、誰にも気付かれない程の小さな溜息を付くと、目の前の処女壺に狙いを定める。

「だったら、俺が逆に喰ってやる!」

 それは開き直った男の決意の現れの闘志に代わっていた。


                                             (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(0) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< ハーレムナイト(11) | ←←← トップ画面へ戻る | ハーレムナイト(13) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。