ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< 恋心(6) | ←←← トップ画面へ戻る | カルテット(2) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 カルテット(1)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
カルテット(1) カルテット(1) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
  
「――最後になりますが、五月分のフライトスケジュールは今送ったファイルでそれぞれご確認下さい。詳細な時刻等は出発日の十日前までにお知らせ致します。その他、フライトに関してのご質問や機内食等のリクエストなどがございましたら可能な限り調整致しますのでご遠慮なくお申し出下さい。……はい、それでは皆様失礼致します」

 外資系企業の日本支社に勤める晶はウェブカメラに向かって一礼し、ウェブ会議を終えると続けて手元のトラックボールを左手で操り、ほのかが詰めている羽田事務所を呼び出す。
 畳一畳程もある大きなデスクには専用回線で関係各所とウェブ会議やテレビ電話のように通話の出来るデスクトップパソコンと業務に関するデータの詰まった高性能ノートパソコンが据え置かれているのだ。

(クリックひとつで相手に繋がるなんて、数年前では想像もしなかったわね。しかも相手の顔を見ながら話が出来るなんて……ヒロが高校を卒業して上京した時にこの技術が広く一般に普及していたら、あたしや優も田舎で寂しい思いをしなくて済んだかもしれないわね)

 インカムから聞こえる呼び出し音を聞きつつ、薄赤のマニキュアが塗られた指先でトラックボールを転がしながら昔を想い出す晶。
 眼光鋭いキャリアウーマンの締まった美顔が、この時ばかりは恋する乙女の如く頬を朱(あか)く染めて目付きも優しくなる。

(もっとも、画面越しとは言え四六時中顔を合わせていたら、ヒロの声を聞く嬉しさや感動、会話する有り難みが薄れてしまったかもね)

 晶の脳内には愛しき男性(ひと)の顔がアップで浮かび、抱かれた時に感じる宏の匂いや体温、肌触りなどが鮮明に甦って来る。

(あぁ……ヒロの事を思い出したら身体が疼いて……子宮が熱く火照って来ちゃった)

 足を組んだまま椅子の上でもじもじと太腿を摺り合わせると、女の割れ目から溢れ出た熱い塊がショーツを少し濡らしたような……気がした。

(下地島に行ってからこっち、ヒロと二人っきりでじっくりと繋がる事が出来無かったからかな? 東京に戻ってからは新年度になった忙しさや新会社への異動や引き継ぎなんかで残業三昧だったし、帰ったら帰ったで夫婦生活の時間も殆ど取れなかったもんね。……あ~~、ヒロの事を考えてたら無性にヒロの温もりが……膣内(なか)に欲しくなっちゃった。……あっ!?)

 唾液とガマン汁で濡れ光る愛しき男性(ひと)の勃起肉を意識した瞬間、熱く滑(ぬめ)った淫蜜がさっきよりも大量に湧き出し、尻の方へ伝ってゆくのがハッキリと判った。

(ヤバっ! 今は発情してる場合じゃないのに! でも……ヒロのオチンチンを意識しまいとする程にヒロが……ヒロのぶっとくて逞しいオチンチンが欲しいっ! 今すぐたっぷりと舐めしゃぶり、あたしのオマンコに挿れて灼けた鉄のようなオチンチンを膣(なか)で味わいたいっ! そして……子宮に熱く滾った精液をたっぷりと注いで欲しいっ!!)

 いつしか乳首は限界まで勃起し、身を捩る度にソフトブラと擦れて甘美な刺激が全身を駆け巡ってゆく。

(ひゃんっ! 乳首、感じて……ちゃいけないっ! ここは会社よ! あたしは丸の内オフィスに勤める管理職なのよっ! 目の前には同僚部下が大勢いるのにっ! だのに……身体の疼きが抑えられない!)

 己の社会的立場と目の前に居並ぶ社員達を意識すればする程、小鼻が開いて呼吸が荒くなり、鼓動も早鐘を打つかのように早まってもいる。
 火照った身体に細かい汗が浮き出て額やうなじに髪が貼り付き、ショーツやパンストは勿論、ブラウスまでもが腕や背中に密着するのが嫌でも判った。

(今のあたしを鏡で見たら瞳は潤んで頬も赤くなっているんだろうな……。こんなの、会社にいる顔じゃないのにっ……でもアソコが疼いて……今すぐヒロに抱かれたい! でも夜まで我慢しないと……あたしの立場がっ!)

 晶自身に自覚は無かったが、この時既に半開きとなった口からは熱い吐息が漏れ、真っ赤な舌先が紅いルージュの引かれた唇を艶めかしく舐め回してもいたのだ。
 解かれた両足はいつしか机の下で大きく拡げられ、右手に持ったペン先が無意識にタイトスカートの上から下腹部をさすってもいた。
 どうやら、発情した完熟ボディ(来月で二十六歳になる)は本能に従って動いていたようだ。

(いくらみんなからはこっちの足下が見えないからって、あたしが白昼、会社でこんなコトするなんてっ! ……そう、これはみんなヒロの所為よっ! いたいけで儚い若妻を放っているヒロが悪いのよっ!!)

 無理矢理、夫に責任転嫁する欲求不満な妻、晶。

(……って、今はこんなコトしてる場合じゃないっ! すぐに止(や)めないと!!)

 頭を振り、キャリアウーマンとしての理性が性欲を強引に押さえ込もうとしたものの、夫への理不尽な怒りの所為か、はたまた己の性本能の所為か、力を込めたペン先がスカート越しに淫裂――しかも完全勃起していた秘核をピンポイントに擦り上げてしまった。

「!! あふんっ♥」

 強烈な性電気が全身を貫き、理性を瞬時に消し去る快感に椅子の上で身体が小さく跳ねてしまう。
 両足と足首は引き攣ったかのようにピンと伸ばされ、腰は前方に突き出されて上半身も強張っている。
 しかも無意識に艶っぽい声を上げてしまったようで、フロアにいる半分近くの人間が何事かと訝かしむ視線を向けて来た。

「あ、いや、何でもないの! 気にしないで――あ、もしもし!」

 相手の通話準備がようやく整ったのか、二十五インチのモニター画面に見知った相手が映ると、今し方まで惚け顔で痴女紛い(そのもの?)の行為をしていた晶は凛としたキャリアウーマンの顔に戻る。
 若くして出世街道を――しかもリニア並みの速さで驀進しているだけあって、瞬時に仕事の顔に切り替わるのは流石だ。

「飛行業務部長の晶です。今、お時間は大丈夫でしょうか? ――はい、お疲れ様です。早速ですが来月分のフライトスケジュールの大筋が決まりましたのでこれからファクスとデータファイルにて送ります。不明な点や改善点等がありましたら些細な点でも結構ですのでいつでも遠慮無く仰って下さい。調整し合った上で最終決定致します。――はい、宜しくお願い致します」

 通話しながら右手でノートパソコンを操ってデータを送り、左手でデスク横に置かれたファクスに腕を伸ばして書類を通しつつ通話を終えた晶は、用済みとばかりインカムを乱暴に頭から引き剥がし、机の上に放り投げる。
 そして腰まで届く髪を片手で払うと椅子を大きくリクライニングさせ、息を深く吐きながら倒れ込むように背中を預けた。

(あ~~~、やばかった! あと少し相手の出るのが遅かったら同僚の前でオナニーする痴女に……って、あたしゃM女や露出狂でも無いっ!)

 机に置かれていたマグカップを手にすると大きく呷り(ミルクティーはすっかりと冷めていた)、強く頭を振ると両手で頬を軽く叩いて気合いを入れ直す。

「一日座りっぱなしだと身体が固まって……疲れるし不健康だわね」

(だからヘンなコトをしちゃうのよっ)

 さっきからの怪しげ(妖しげ?)な態度を誤魔化そうと首や肩、腰を回しながら、わざとコキコキと音を立てる晶。

(こうでもして身体を動かさないと、本当にイケナイ性癖に目覚めそうで恐いわっ。心臓はまだドキドキしてるし!)

 突如始まった美貌上司のストレッチ体操に、笑いを噛み殺した同僚OL達からすぐに声が掛かった。

「うぷぷっ。晶さん~、まだまだ若いのにババ臭いですよ~」

「晶部長、お疲れのようですねー。あれ? もう、そんなお歳でしたっけー?」

 すると小さな笑いが起き、それはすぐにフロア全体にさざ波の如く拡がってゆく。
 晶は気さくな人柄と他を寄せ付けない圧倒的な美貌でフロアは元より、会社全体でのアイドル(?)と化している。
 才色兼備を具現化したような晶だからこそ、常日頃から一挙手一投足に視線が集まってもしまうのだ。

「ババ臭い……って、イイじゃんか、別に! ……ホントに疲れてたんだからっ」

 揶揄されて首から上を真っ赤に染め、まるで女学生みたいな好い訳をする飛行業務部長に、本日最大の爆笑の渦が沸き起こる。

「まったく……何でいつもあたしが笑い者になるのかしら?」

 眉根を軽く寄せた晶はブツブツ言いつつ書類を整理しパソコンの電源を落とすと、そそくさと帰宅準備を始める。

(……まぁ、ひとりエッチが発覚して痴女として有名になるよか笑われキャラの方がずっと好いけどさ。ともあれ、強烈な性欲も何とか収まったようだし……よし、今夜はたっぷりじっくりヒロと合体しまくってやるっ! ヒロの精液吸い尽くして溜まった性欲、解消してやる!)

 自然と頬が緩み、夜が待ち遠しくて気分も昂揚してくる。

(さて、ぼちぼち帰るか。ほのか達の飛行訓練もとっくに終わってるだろうし……って、嘘っ?! まだ十六時!? 帰るまであと一時間もあるのぉっ!?)

 椅子から腰を浮かせつつ何気無く右手に嵌めた腕時計に視線を落とした瞬間、晶は切れ長の瞳を大きく見開き、カクンと顎も落とす。
 どうやら晶の体内時計(胎内時計?)では、十七時を示していたらしい。

「え~~~、あと六十分、何してよう……」

 机に突っ伏しながらゆっくりと回る秒針を凝視し、再び熱を帯び始めた子宮を意識しつつ終業時間を一日千秋の思いで待つ晶だった。


     ☆     ☆     ☆


「いや~、同じ会社のパイロットが総勢五組十人集まってると壮観だな♪ 先月までは訓練するにしても自社だけの二組四人だったから、何だか新鮮だな」

 腕を組んだほのかは背後の壁に寄り掛かりつつ、周囲をぐるりと見渡して独りごちる。
 ここは羽田空港の一角にある企業向けハンガー(格納庫)の隣に建つ訓練棟で、ほのかは月一回行なわれる操縦訓練に参加していた。
 そんな金髪碧眼のキャプテン(機長)に、隣に立つコ・パイ(副操縦士)――今年二十四歳になる日本人美女で、ほのかと操縦を組んでいるパートナーでもある――が顔を向ける。
 訓練と言えど、れっきとした業務中なので二人とも上は白の制服、下は黒のパンツルックだ。

「ほのかさんはその中のひとりで、しかもチーフパイロットになったんですから、これまで以上にシャキッとしてて下さいね」

「あははは♪ そういう澪(みお)ちゃんだって、新組織になったら五人いるコ・パイのチーフに抜擢されたじゃんか」

 お互い、耳に口を寄せ合ってひそひそと話す。
 ここはフライトシミュレーターのモニタールーム(様々な飛行状況を作り出し、パイロットの操縦方や適性をチェックするのだ)――しかも同僚パイロットが訓練中なので大声は出せないのだ。

「それは……まぁ、なんと言いますか……それはそれで技量が認められて嬉しいですが……」

「ん? なんか引っ掛かるのか?」

「他のチームにいる、経験十年近いベテランのコ・パイさんを差し置いて四年程度しか乗っていない私なんかが……って思いもありまして」

 照れ臭そうに――でも視線は伏せてポツリと零すコ・パイに、ほのかも唸る。

「ん~~~、澪ちゃんが卑下する気持ちは判らなくもないけど、空の上は年功序列や飛行時間が多いから偉い、なんて言うのが通用しない世界だからな。まぁ、ここはスッパっと割り切るしかないな。コ・パイ同士が集まってチーフを選ぶ時、みんなもそう言ってただろ?」

 ここで一旦視線を外し、モニタールームで待機している他のパイロット達に目線を移す。
 そしてすぐに目の前の悩める同僚へ顔を向け、ニヤリと笑う。

「澪ちゃんはコ・パイとして『最も優れた適性を有し』『人格も優れている』からこそ、チーフに選ばれたんだ。もっと自信を持っても好いぜ?」

「そう……ですね。判りました。ほのかさんの言う通りです。余計な事は考えず、私は私で与えられた役目を精一杯、全うします!」

 顔を上げ、黒曜石の瞳に決意を映した相棒に、ほのかは満面の笑みを向け、サムズアップで応える。
 ほのかにとって澪は二つ歳下になるので、可愛い後輩と言う意識も多分にあるのだ。

「そうこなくっちゃ! 澪ちゃんは頭の回転やキレが好いから、オレの相棒(パートナー)として申し分無いからな♪」

「褒めても何も出ませんよ~♪ あ、でも明日のランチなら奢りますよ?」

 破顔した澪も莞爾と笑う。
 どうやら肩書きのプレッシャーから完全に解放されたようだ。

「あははははっ! それじゃ、特上の鰻重を大盛りで♪」

「うふふ、了解です。では、羽田に来る途中にある『もっとほっと』で仕入れておきますね♪」

 そんな和気あいあいな二人の横に、そ~っと忍び寄る影がひとつ。

「こら~~っ! 二人とも他の人の操縦をモニターしないでランチ談義とは随分と余裕がおありのようで。腕前に自信を持つのは好いけど、他のパイロットの操縦をチェックするのも、管理職となった貴女方の仕事のうちよ?」

 ニコ目の(でも額には青筋をひとつ浮かべた)羽田事務所の副所長――今年三十六歳になる女性で、ほのか達パイロットの直接の上司でもあり今回の操縦訓練の責任者でもある――が腰に両手を当ててほのかペアを睨んでいた。

「「はわわっ、す、スミマセン!」」

 謝る言葉も頭を下げる角度も全く一緒なコンビに、その場にいる他のパイロット達から一斉に笑い声が上がる。
 どうやらずっと見られていたようだ。
 しかも、澪を見つめる視線が皆、優しいのは……きっと二人のやりとりを横目に聞いていた所為だろう。

「うわっ、恥ずかし~」

 舌先をチロリと出し、おどけて肩を竦めるほのかに、更に笑い声が大きくなる。
 場の空気は訓練中の張り詰めたそれから休憩時間の如く、柔らかく緩む。

(ん~、孤立してる人間は……いないな。よしよし♪ ……しかしまぁ、こうしてバカやって笑い合ってると、先月まで別会社の人間同士だったなんて信じられん位、打ち解けてるよなぁ)

 組織や肩書きに関係無く、常に人垣の中心にいる事の多いほのかだが、頭の片隅では冷静に周囲を観察する部分もあった。

(まぁ、もっともパイロットは仲間意識が強く、会社間の垣根など無いに等しいからな。翌日が休みの時は誘い合って夜遅くまで飲み明かす事もあったし、手の空いた時間にはお互いのハンガーで整備士達を交えてお茶を飲みながらフライトに関する話題で盛り上がる事もざらにあったからな。こうして同じ組織になったからって、人間関係は何ら変わらんし変わり様も無いわな)

 ほのかはチーフパイロットとして、組織が変わっても変わらぬ人付き合いが出来ている事に満足する。
 パイロット同士で亀裂(仲間割れ)や意見の対立、変な遠慮や孤立があると航行、ひいては安全にも支障をきたすからだ。

(それにしても、新会社となってもハンガーや事務所の場所は勿論、顔ぶれも全く変わらんからオレとしてはイマイチ新鮮味が無いよなぁー)

 ほのかを始め、それまで四社に分かれていたパイロットや整備士、飛行事務のお姉様方は今月から同じ会社で働く同僚となっていた。
 これはビジネスジェットをそれぞれ所有し、ハンガーが隣り合う企業同士がフライトに関する合理化や経費節減を目的に各社の飛行業務部門を独立させ、ひとつに纏めて共同出資運営による運行専用の新会社として立ち上げた事による異動だった(傍目には晶やほのかの属する企業が他社の飛行業務部門を吸収合併した形だ)。
 四機四機種あった機体は機種をひとつに揃えて二機に減らし、機体やエンジンに掛かるコストを大幅に下げると同時にパイロットや整備士も搾って人件費の削減をも図ったのだ。

(……でもその為にパイロットや整備士に早期希望退職者を出すハメになったのは残念だったけど)

 僅かにほのかの眉が寄る。
 苦楽を共にした空の仲間が現場から離れてゆくのは、見送る方も辛いのだ。

(しかし……)

 ここでほのかの意識が丸の内のオフィスで幅を利かせている(?)晶に向けられる。

(いくらあいつが仕事に長け、フライトアテンダントにも精通してるからって、よもや新会社の飛行業務の部長に栄転するとは思わんかったなぁ。ま、これであいつがフロントの総責任者、オレがパイロットの総責任者になった、って訳だ)

 フライトに関する最前線はここ羽田で、四社間でのフライトスケジュールの調整等は丸の内オフィスで行なうのだ。
 そんな、大学での同級生でもある晶に思いを馳せていたら、手を叩く音と同時に凛とした声が響いた。

「ホラホラ、お遊びはここまでよっ。次、ほのかさんのペアが最後だから定時(十七時)で上がれるよう、残り一時間でしっかりとお手本を見せて訓練を締めて頂戴!」

 副所長の掛け声を合図に、ほのかと澪がフライトシミュレーターから降りて来たチームとタッチしながら入れ替わる。
 模擬飛行と言えど、実機同様に迎える方は相手の無事を歓び、送る方は生還を祈るのだ。

『それでは、羽田のRunway 04からの離陸中止訓練を始めるわね!』

 ヘッドセットから訓練内容を伝える副所長の張りのある声が響いて来る。

(副所長はシミュレーター訓練が好きだからな~。今日は朝からずっと張り切ってるし。ま、この程度の訓練ならオレも前回と違って鼻歌交じりで楽々こなせるから、さっさと終わらせようっと。で、家に帰ったら宏と朝まで愛し合うんだ~♥)

 今回は様々な天候下での訓練なので、ほのかにとって何ら難しいものでは無い。
 先月の訓練で結果的に墜落させてしまったエマージェンシー(非常事態)訓練とは困難度がまるで違うので、緊張感の湧かない事、甚だしい。
 結果、ほのかはキャプテンシートに座っているにも係わらず恋する乙女の顔へと戻ってしまう。

(ぐへへっ♥ 明日から週末だし今夜はずっと挿れっ放しで繋がったまま朝を迎えるのも好いなぁ♥ あ、でも宏のペニスはでかくて絶倫だから、オレのが朝まで持たないかも……なんちて♥)

 濃厚な性生活を思い描き、たちまち脳ミソをピンク一色に染めるほのか。
 熱く妖艶な吐息をひとつ漏らし、亀頭を愛撫するかのように舌先で唇を無意識に舐め回してしまう。
 切れ長で碧眼の目尻は下がり、鼻の下までだらしなく伸びている。

(あぁ……宏のザーメン、熱くて量も多いし、匂いなんて強烈だもんなー♥ 一度味わったら病み付きになる味だし……宏のザーメンはオレを狂わす媚薬そのものだよなぁ~~~♥ ぐへへへへっ♥)

 これが今年で二十六歳になる大人、しかも人命を預かり他のパイロットの見本たるチーフパイロット、だろうか。
 その思考回路はまるで初エッチを済ませ、性の快楽に溺れるティーンエイジ、そのものだ。

(あ~~~、早く家(うち)に帰りてぇ~。そんで宏とずっこんばっこん激しく交わりてぇ~♥ あ、犬みたく四つん這いになったドッグスタイルで荒々しく交わるのも好いなぁ♥ 膣奥(おく)を突かれる度に何度もイカされて……はぁ~♥)

 当然、気が緩み、言動にもそれが現われてしまう。
 コ・パイの離陸準備完了の合図に、ほのかはつい、エロモードのまま応えてしまった。

「それじゃー、『ドッグファイト』、しますかねぇー」

「って、だらけないで少しは気合いを入れて下さい! それに『空中戦』って何ですかっ。私らは民間人ですよ! ……せめて出撃と言って下さい」

 仕事モード全開(?)のコ・パイの突っ込みに動きを止め、切れ長の碧眼をパチクリと瞬きさせて相棒を見るほのか。
 首を傾げ、相棒の台詞をご丁寧にもボケたまま訂正してしまう。

「へっ? 『空中戦』? いや、今日はワンワンスタイルでエッチする――」

「って、こんなトコで夜の生活を明かさないで下さいっ!!」

『あ……あんたらは~~~っ』

 ほのかキャプテンと澪コ・パイによる漫才に、両の拳を振るわせている副所長以外は大爆笑する。
 コクピット内の音や音声は全てモニタールームに流れているのだ。

『ふふふふざけてないで始めるわよ! ささささっさとやって、ととととっとと終わらせなさいっ!!』

 耳をつんざく副所長の金切り声(思わずヘッドセットを耳から外した)のお陰で、ほのかの脳ミソがエロモードから通常モードへとようやく戻る。
 既婚者ほのかによる微エロ(?)トークは、独身副所長様の地雷を思いっ切り踏んだようだ。

「ハイハイ、そんじゃ行きますか。よし、ド~ンと来いっ! このウルトラ警備隊長が悪を蹴散らしてくれようぞっ」

「だからそうやってふざけないでないで下さいってばっ! 副所長の負のオーラがインカムから駄々漏れして耳が痛いんですからっ! 第一、これは『ガルフストリームG650』であって『ウルトラホーク1号』じゃありませんっ!」

 ほのかのボケ(マジボケ?)とコ・パイのナイス突っ込みに、モニタールームではこの日最大の爆笑の渦が巻き起こった。


     ☆     ☆     ☆


「……んと、四月は五百万の儲け、か。ひとり当たり四十五万で……ヒロクンの口座に端数を含めた残りを入れて……っと」

 壁時計の針が午後四時を示す頃。
 優は自室の机に置かれたデスクトップパソコンを前に慣れた手付きでマウスやキーボードを操り、十一人分の口座へ儲けを振り分けていた。

「……今月の前半は下地島に行ってネットトレードに掛ける時間が取れなかったからどうなるかと思ったけど、不要な株を売って利益が出たから好かった。……ま、儲け幅は微々たるものだけど。……ん、これで好し、っと」

 二十一インチモニターに目を凝らし、各自への入金額を再確認した優は続けて家計簿ソフトを立ち上げる。

「……ふむ、やはり今月は留守にしていた期間が長かったし徐々に温かい日も増えたから光熱費は先月の半分で済みそうだね」

 若菜と真奈美が昼間に買い出ししたレシートや電気やガスの使用量知らせるレシートを机に並べつつ、テンキーを軽やかに叩いて支出を入力してゆく。

「……これは日用品で……こっちは通信費、それと食費に……ネット通販の代引き? って、若菜さん、また性活物資を買ったんだね。今度はナニを仕入れたのやら……楽しみ♪ ……ん? これは……」

 優の視線は、とある支出欄に固定される。
 宏の口座は公共料金や食費、生活物資などの出資元も兼ねているので、支出に関しては優が日頃から注意を払っている部分なのだ。

「……ふむ、どうもハネム~ンから帰って来てから食料購入費が一割程増えているようだね」

 先月からの食費の内訳を比較しつつ日頃の食卓も思い出しながら原因を推察する優。
 屋敷の財政を預かる身として、原因不明の支出増は看過出来無い。
 表示された内容を追う瞳は眼光鋭く、あくまで真剣だ。

「……ヒロクンから預かったお金だから、一円たりとも無駄にする訳にはいかない。いくら利息だけで生活出来るレベルであってもね」

 日用品担当の千恵同様、優も節約生活肯定派なのだ。

「……単に人数が増えただけ、が理由ではなさそう。人数に変化がないなら……食す量が増えている?」

 優は机横のキャビネットに腕を伸ばし、レシートを保存しているファイルを取り出す。
 家計簿はあくまで出納が主なので、購入品の品目や数量の詳細はレシート頼みなのだ。
 果たして、牛乳やチーズ、ヨーグルト等の乳製品での購入量が増えていた。

「……何で乳製品? ……ん? まてよ?」

 優は思い出す。
 ひとりだけ、乳製品を黙々と食べている人物を。
 それはハネム~ンを境に朝晩きっちりしっかりヨーグルトやチーズを食べ、毎食欠かさず牛乳を飲んでいるツインテールの女性(ひと)――。

「……ふふ♪ 乳製品は牛のお乳から出来ている、だから己の胸を大きくするのにも効果あり……ってコトなのかな? 飛鳥ちゃん」

 余りに単純で、でも切実な乙女心につい、声を立てて笑ってしまった。

「……まぁ、好きにさせとこうか。赤字になる訳でも誰かに実害が及ぶ訳でも無いし。むしろ健康に好いから、みんなにも薦めようかな。……ん? てか、ヒロクンが毎日エッチして精液を胎内に注いでオッパイ揉めば、それで済むんじゃ……」

 飛鳥を応援しつつも、つい冷静で真っ当な答えを出してしまう優だった。

「……って、それはそれで好いとして」

 優はモニターに表示させたバランスシートをじっと眺めつつ、最愛なる夫の顔を想い出す。

「……もう少し、せめてヒロクンの残高を倍の二十億まで増やしたいな。ボク達に五十億も振り分けるだなんて……ヒロクン、気風が好過ぎ。もう少し欲を張ってもバチは当たらないんだけどな」

 優の頭の中で、優しく微笑む宏の顔がアップになる。
 当然、その唇の温かく柔らかな感触や濃厚なキスの味をもリアルに思い出してしまう。

「……ボクを信頼して財布を預けてくれるヒロクンの為にも、資金の余裕は大いに越したことは無いからね」

 ほんのりと紅(あか)く色付く頬に、本人は気付いていない。
 優の思考は徐々にエッチぃ方向へと流れてゆく。

「……そう言えば、ヒロクンと二人っきりになったの、暫く無かったな。……今夜辺り、ヒロクンに迫ってみようかな♥」

 激しくも甘く濃密なエッチを想像すると、お腹の奥が熱を帯び始める。

「……今夜は……たまには激しくバックから貫かれたいかな? 休む間もなく何度も絶頂させられて……子宮が膨らむ程に精液注がれて……むふっ♥」

 デニムのミニスカートの下は生足とショーツだけなので、膣内(なか)から染み出た熱い滴りが次々と女の亀裂を伝って尻の方へと流れてゆく。

「……あ、椅子が濡れちゃう……ってか、もうぐっしょり濡れちゃった。……想像だけで女を蕩かすヒロクン、罪な男性(ひと)♥」

 顔と子宮が火照り、胸の先端がジンジンと疼いて仕方が無い。
 呼吸は浅く、半開きとなった口からは熱く滾った肉棒を欲するかのように真っ赤な舌先が覗き、チロチロと唇を舐め回してもいる。

「……あぁ……昼間っから発情するなんて……ヒロクンが知ったら幻滅されそう。……だけど身体の疼きが収まらない」

 いつしか右手はトレーナーの上から七十七センチの美乳を揉みしだき、左手はショーツのクロッチを盛んに擦っていた。
 肩を上下させつつ熱い吐息が自然と漏れ、両膝が大きく開いてもゆく。

「……はぁん! ヒロクンが欲しい。ヒロクンの熱く反り返ったおちんちんが……今すぐ欲しい! あぁ……こんなコト、今迄無かったのに……どうして急に発情しちゃったんだろ?」

 肉欲と理性がせめぎ合い、首から下が肉欲に支配されているかのようだ。

「……んぁあ! クリ、擦ると気持ち好い! パンツ越しに軽く触れただけで……イッっちゃいそう。……でも、ヒロクンの指で直接触れて欲しい♥ ヒロクンのおちんちんでボクのおまんこ、掻き回して欲しいっ♥」

 繊細な動きをする左手に対し、右手は激しく動いていた。
 胸の膨らみを手の中に収め、宏の動きを真似て揉みしだく。

「……オッパイ、感じるっ! ブラとトレーナー越しなのに……乳首がビンビンに勃ってるのが判る」

 何度も手の平で下から掬い上げるようにして回転させ、親指で硬く尖った部分を弾いてゆく。

「……ヒロクン♥ ヒロクンっ♥ あぁ……ヒロクンが欲しい。今すぐヒロクンに身体の疼きを収めて欲しい。……ボクの膣(なか)にたっぷりと熱いミルク、注いで欲しいっ♥」

 腰が小さく前後に揺れ、荒い呼吸を繰り返してひとりエッチに耽る優。
 自室に自分だけ、と言う安心感が屋敷にいる面子(多恵子、真奈美、千恵、若菜)の存在を徐々に消してゆく。
 盛んに唇を舐め回し、服の上から乳首を摘み、クロッチを横にずらして失禁したかと疑う程に濡れそぼった淫裂を直接掻き回す優。

「……あぁ……部屋に水音が響いて……誰かに聞かれちゃう! ……でも指が……気持ち好くて止まらないっ」

 熱い蜜壷に指を二本挿れて掻き回し、すっかりと勃ち上がった秘核を親指で捏ね回す。
 その指使いは性欲を全うするべく無意識に早く、荒々しくなっていた。

「……はぁん! イっちゃうっ! ヒロクンを思い描きながら……イっちゃうぅうっ~~~~~~~っ♥」

 男根による刺激と膣奥(おく)で熱い精液を受けての膣アクメでは無いが、処女に戻ったかのようにクリトリスでアクメを迎える優。
 椅子の上で全身を強張らせ、涎も噴きながらの絶頂となった。

「……あぁ……こんなんじゃ足りない。もっと……もっと深い所に熱くて逞しいのが欲しい。……今夜は絶対にヒロクンと契らないと気が済まない!」

 荒い呼吸のまま指に付いた己の愛液を舐め取り、今夜の決戦(?)に並々ならぬ闘志を燃やす優。
 それは奇しくも、双子の姉である晶と殆ど同じ時間に同じ行為をしている事に、誰ひとりとして気付く者はいなかった。


     ☆     ☆     ☆


「ヒロっ! 今夜は徹底的に舐めしゃぶらせて貰うからね!」

 言いつつ、既に喉奥にまでイチモツを咥え込み、ディープ・スロートに夢中になっている晶。
 じゅるじゅると音を立てて涎とガマン汁を啜り、髪を振り乱して顔を激しく上下に振っている。

「あぁ! ヒロのオチンチン、いつ食べても美味しい! ずっと……ずっと食べていたいわっ!!」

 鼻息荒く晶が言えば、その隣で同じように跪いているほのかが切れ長の瞳を剥く。

「って、オイっ! 独り占めすんなよっ! オレだって宏のビッグペニス、味わいたいんだからっ!」

 晶の余りな独走振りに置いてけぼりを喰らっていたほのかが猛然と抗議する。

「ダメよっ! 今はあたしがヒロを食べてるんだからっ!!」

 話す為には、どうしても肉棒から口を離さなければならない。
 その隙を狙い、ほのかは電光石火の早業で肉槍を奪い(掴み?)取った。

「あ~~~、これだこれっ! この硬さと反り具合! 宏の匂いと味がする~~~♥」

 晶の唾液を拭い去り、新たに上書きするかのように顔を右に左に動かして竿全体に舌を這わせるほのか。
 唇と舌をフルに使って愛しき男性(ひと)のペニスを舐めしゃぶり、口がだらしなく間延びするのも厭わず咥え込む。

「ふ~~~♥ ひろひのへニス、あふくて、やへほひほうら♥ ん~~~~ちぅ~~~~~~っ♥」

 肉槍を咥えたまま話すほのかに、今度は晶が髪を逆立てて噛み付いた。

「な~にが『宏のペニス、熱くてヤケドしそう』、よっ! ……って、あたしに取られないよう、フェラしたまま話すなんてズルいっ! すぐに返してっ!!」

 一本のペニスを二人の美女が奪い合っている――。

 誰もが羨む光景が目の前で展開され、卓越した優越感にどっぷりと浸る宏は射精感を抑えながら至福の時を過ごしていた。

(みんなで夕食を終えた途端に三人して迫って来た時は何事かと思ったけど、そうだよな、俺も晶姉や優姉、ほのかさんと濃厚なエッチ、暫くしてなかったもんな)

 自分の部屋に連れ込まれると言う快挙(珍事?)を成し遂げた宏は、心の中で苦笑しつつも、ちゃんとした夫婦生活を過ごせなかった点について深く反省する。

(誰かに構い過ぎたり忙しさにかまけたりし過ぎると割りを食う女性(ひと)が出る事、すっかり忘れてた俺が悪いよな。だから今夜はハッスルして『穴埋め♥』、しないとな、相手が女性なだけに。……てへ♪ 俺自身に座布団一枚~♪)

 股間から沸き上がる快感に身を委ねながら巧い事を考える宏。
 もっとも、これでは本当に反省しているのか少々(かなり?)怪しいが。
 そんな、快感ポイントを執拗に攻めて来るほのかに宏は賞賛の声を贈る。

「くぅ~~~っ! ほのかさんのバキュームフェラ、最高~ッ♥ 亀頭裏を尖らせた舌先で舐め上げるなんて……流石、俺のツボを知り尽くした奥さんだね♪ ……あ、も、勿論! 晶姉の愛情たっぷりなフェラも情熱的で好きだよっ! ホントっ!! ……って、はふん♥」

 筆頭妻から矢のように突き刺さる視線をモロに喰らった宏が慌ててフォローするも、今度は別の感触に意識が奪われる。
 陰嚢からアナルに掛けて、優がねっとりと舌を這わせていたのだ。

「……ヒロクンのおちんちん、今日はいつにも増して匂いが濃い♥ 嗅いでるだけで、ボク、イッちゃいそう♥」

「って、優! ジャマすんなよ! オレだって宏のペニス、隅々まで味わいたいんだから!」

「こ、こらっ! あたしを差し置いてナニ、二人してヒロを食べてんのよ! あたしにも分けなさいっ!」

 ベッドの縁で両足を大きく開いた全裸の宏の前には、これまた全裸の美女が三人。
 部屋に入るや否や、宏は速攻で服を脱がされ、浅く腰掛けるよう命令されたのだ。

(俺がベッドに移動してる僅かな間に、みんなスッポンポンになってたもんな~。しかも、三人とも既に股間が濡れてたし。特に晶姉とほのかさんは膝まで愛液垂らしてたもんなー。脱ぎ捨てたショーツはベットリ濡れてたし……もしかして相当早い時間からエッチする気、満々だった?)

 よもや、夕方からショーツをしとどに濡らしていたとは思いも寄らぬ宏だった。

「あぁ……やっとヒロのオチンチンとご対面出来たわ♪ ふふ、久し振りって感じだから余計に美味しく感じるわね♥」

 嬉々とした晶が言えば、ほのかも波打つ金髪を激しく揺らしながら大いに同意する。

「オレなんざ、訓練中から宏の事を考えてたぜ♪ 硬く反り返ったペニスで貫かれる事をな♥」

「ふんっ! あたしだって机の陰で――」

 何やら聞いてはイケナイ事をペラペラと話し出す二人。
 そこへ。

「……お姉ちゃんもほのかも、自分の事しか考えて無い。ボクはヒロクンの事だけしか想ってない♥」

「――って、優っ!? あんたいつの間にっ!?」

「――って、いつの間に先っぽ喰ってんだよっ」

 マイペースな優まで加わったから、場はどんどん姦しくなる。
 言い争う二人の隙を縫い、カプリと亀頭を咥えていたのだ。

(ひゃぁ♥ 亀頭と陰嚢舐められながら竿を指で扱かれてるっ♪ あぁ、口と手のバランスが……絶妙~~~♪)

 何だかんだ言いつつも、それぞれが息もピッタリに宏の性感帯を刺激するのは流石だ。
 口を使わない時は六つの手が股間のそこかしこに触れて来るのだ。

(この三人に限らず、みんな無意識にチンポ、触れてくるよなー。余程、好きなのかな?)

 そんな事をつらつらと思いつつ、宏は両手を後ろに着き、ベッドから腰を浮かせ気味にする。

「ほら、三人とも言い争いしてないで俺のチンポ、もっと可愛がってよ。口が疎かになってるよ?」

 夫からのリクエストに瞳を輝かせ、嬉々として従う三人の美人妻。
 時には踞るようにしながら、時には這いつくばるようにしながらそそり勃つ肉槍に唇を這わせ、競い合うように舌先で舐め上げ、喉奥まで頬張ってゆく。

「あむ……やっぱり先っちょが一番美味しいわね♥ ガマン汁の粘り気と亀頭の弾力が堪らないわ♥」

 鈴口を舌先でほじり、大きく開いたカリ首を唇で激しく扱くのは晶だ。
 じゅるじゅると豪快に音を立てて強制的にカウパー氏腺液を啜り、唾液と混ぜて滑(ぬめ)った亀頭を荒々しく貪っている。

「ナニ言ってやがる。竿だってこんなに太くてゴツゴツしてて……クセになる硬さだぜ♥」

 勃起肉を横咥えし、何度も甘噛みするのはほのかだ。
 マーキングするかのように幾つも歯形を残し、プックリ膨らんだ裏筋に尖らせた舌先で唾液を塗り込むよう何度もなぞってゆく。

「……男性のシンボルは、ナニも陰茎だけじゃない。こんな……はち切れんばかりに膨らんだ睾丸も捨てがたい。……ここにはボク達の赤ちゃんの素が詰まってるんだから♥」

 大きく開けた口に、袋ごと頬張るのは優だ。
 ショートにした髪を揺らしながら愛おしげに何度も舌で転がし、軽く吸引も加えて来る。

「うっひゃぁ~~~~、そ、そんな……スリートップな攻撃されたら……ひとたまりも無いってっ!」

 見惚れる程の美乳を揺らしながらの濃厚トリプルフェラに、宏は早々に白旗を揚げた。

「で、出る~~~~~~っ!!」

 どびゅびゅびゅびゅ~~~~っ!

 この日最初の特濃白濁液が美女達の顔面に降り注ぐ。

「あぁ!? あ、熱いっ♥」

「この匂い、この味を待ってたんだぁ~♥」

「……んふん♥ こんなにたっぷり注いでくれて……触れただけでイッちゃった」

 半目のまま恍惚と精液を浴びる美女三人に、宏の男気(犯(や)る気?)に火が点いた。

「えぇいっ! 俺を襲ってまでこのチンポが欲しいんなら、三人とも纏めてイカせてやる! 最初は晶姉だっ!」

 三人の美女をベッドに上がらせた宏は、正眼に構えた肉槍で猛然と襲い掛かった。


     ☆     ☆     ☆


「ちょ、ちょい待ちっ! ヒロっ!? 苦しッ……かはぁあっ! ら、らめぇ! もう……何度もイッて……アクメが止まらないぃっ! ゆ、赦してっ! チョット休ませ……喘ぎ過ぎて……息が……出来無い……ひゃあぁ~~~~っ♥」

「晶姉、松葉崩しで繋がると普段と違って膣壁の横が擦られて気持ち好いでしょ~♪ 俺もすっげー気持ち好いし♥ それに、半身(はんみ)だから晶姉のオッパイがプルプル揺れてるの、よ~~~く判って見てて楽しいんだー♪」

 涎を吹き零しつつ、激しい攻め手から一刻でも早く逃れようともがく晶だが、右足を肩に担がれ、左足に跨った宏が猛り狂う逸物を深々と突き刺し撹拌しているのでどうにも動けない。
 しかも。

「あ、あんたら、今すぐ両腕離してっ! はひゃぁ~、耳の後ろに指這わせないでっ! うっきゃぁ~、オッパイ吸わないでっ! 乳首噛まないでぇっ!! ヒロっ! アンタ、なんてコト命令してんのよっ! 今すぐ止(や)めさせて! こ、このままじゃ……ホントにおかしくなっちゃうぅっ! アクメが止まらないのよぉっ!!」

 最初は鋭い視線を向けた晶だが、最後は泣きそうな顔になっていた。
 しかし、淫靡な空気にすっかりと染まった三人は聞く耳持たずとばかり、愛撫と抽挿を続けていた。

「……ヒロクンの命には逆らえない。ボク達、ヒロクンの忠実なる僕(しもべ)だもん♪」

「宏が言う事は絶対だからな♪ ……決して、日頃のウップンを晴らしている訳じゃ無いぜ?」

「元々、激しいエッチを求めたのは晶姉でしょ? 俺はそのリクエストに応えてるだけだもーん♥」

 ニコ目の三人がしれっ、と応える。

(だ、ダメだ、こりゃ。……あぁ~、ヒロのオチンチン、今日も元気で気持ち好いー♥)

 宏の亀頭により何度も執拗にこれでもかと子宮口をグリグリと擦り上げられ、晶の理性は麻痺状態に陥る。

 ――パンパンパンッ、ぐっちょ、ぐっちゅ、ぐっちょっ、ハァ、ハァ、ハァ、あん! あんっ! はぁんっ♥――

 お互いの股間が激しくぶつかり、粘着質な水音が場の空気をますます淫靡な方向へと変えてゆく。
 汗と愛液、精液のすえた匂いが辺りに充満し、晶の嬌声だけが、やけに大きく響いてもいる。

(らめぇ! 感じ過ぎて……バカになる! このあたしが……エッチで狂っちゃうぅ――――――っ!!)

 心の中で叫ぶも、宏の灼けた逸物は膣壁を万遍なく抉(えぐ)り、何度も膣内射精(なかだし)された精液をこれでもかと刷り込んでも来る。
 ひと擦り毎に甘美な性電気が全身を駆け巡り、アクメの大波に意識が呑まれてゆく。

(ひゃぁっ!? ひ、ヒロが……あたしの足、舐めてるっ! はぁんっ! 膝裏、舐めないでぇっ! 足の指、しゃぶっちゃらめぇっ! そ、そんな触れるか触れないかの力加減で愛さないでぇっ!!)

 担がれた右足が産毛を掃くようにチロチロと尖らせた舌先で舐め回され、得も言われぬ快感にも翻弄され続けた。

(あぁっ!? ヒロが膨らんで……また射精(だ)されるっ! またたっぷりと注がれちゃうっ!!)

 噴き出す熱い精液が膣奥(おく)に拡がる感覚に、掠れた声でオルガスムスを極める晶。

「い゛、イク゛――――――――っっ!!」

 パシャァッ――――!

 これで何度、潮を吹いただろうか。
 敷かれたシーツはぐっしょりと濡れ、内腿は勿論、足首や宏の胸にまで大量の潮を飛び散らせていた。
 繋がる股間からは、愛液と交じり合った大量の生暖かい精液が強烈な匂いを伴って漏れ出てもいるのも判った。

「ハァハァハァ……や、やっと終わった……」

 ようやくまともに酸素を吸えた歓びに自然と美顔が綻び、朦朧としたままつい、本音を漏らす晶。
 しかし、四つ歳下の若き絶倫男はその言葉が耳に届かなかったようだ。
 あるいは、わざと聞こえないフリをしたのかもしれない。

「まだだよ、晶姉。晶姉が強く欲しがってたチンポと精液、挿れたまま何度も注いであげるから遠慮しないでね♥」

「……え? えぇ!? え――――――――っ!! い、イッたばかりなのにっ……いきなり激しッ……!!」

 遥か遠くから聞こえる夫の言葉こそ優しいが、それ以外は鬼、そのものだ。
 再び動き始めた逸物は角度を変えつつ抽挿し、最初に合体してからずっと、右手は根本から剥き上げた秘核に、左手はバストを揉みながら完全勃起した乳首を弄んでもいる。
 永遠に続くのではないかと思われる三点攻めのセックスに、いくら閨房術に長けた晶と言えど敵う筈は無かった。

「ひ、ひ、ひ、ヒロっ! ま、待ってっ! クリがもげちゃうっ! それ以上クリを剥かないでっ! 元に戻らなくなっちゃう!! ダメぇ! 乳首伸びちゃう! これ以上伸びないからっ! ……ひゃああああっ!? 亀頭が膨らんでるっ!? らメぇ! もう子宮(なか)に入らないからッ! これ以上射精しないでっ! 壊れちゃうっ! あたしの子宮、精液で破裂しちゃうッ! 赤ちゃん産めない身体になっちゃ……あ゛ぁあ゛――――――――――~~っ…………」

 懇願と絶叫が尻窄みになり、何度目かの宏の射精と同時に白目を剥いて完全に堕ちる晶。
 打ち付けられる精液の勢いと熱さに頭の中が空っぽになり、周囲の音や自分の息遣いすら聞こえなくなる。

「あ……あぁ……あ゛ぅ~~~」

 今、どこにいるのか、どんな格好でいるのか、何をしていたのか――。
 五感が無くなり、宇宙に漂っているようにも奈落の底へ堕ちているようにも感じる。

(あぁ……も、もう二度と……ヒロを襲うのは……やめよう……)

 意識がホワイトアウトする寸前、晶は微かに残った理性で誓いを立てるのだった――。


     ☆     ☆     ☆


 ――腰まで届く緩いウェーブの掛かった黒髪はシーツに扇状に広がり、その髪の一部は唾液と精液で濡れ光る顔の半分を覆い隠すように貼り付いている。
 だらしなく開いた口元からは真っ赤な舌先が覗き、汗と体液に塗れた白い肢体はピンクに染まり、照度を落としたオレンジ色のダウンライトに妖しく濡れ光っている――。

「ご、こくり……」

 ほのかは固まったまま、目の前で大の字に横たわる女体の惨状に、無意識に唾を飲み込んでいた。
 顔を横に向けた大股開きのまま、時折、晶の肢体――特に下腹部が小刻みに痙攣しているのが恐ろしく映る。
 筆頭妻の無毛の股間に目を向けると、ポッカリと開いた膣口からはドロリドロリと大量の白濁液が湯気と共に溢れ出てもいる。

「こ、これが会社を席巻する晶だとは……だ、誰も思わんだろうな」

 普段は凛としたキャリアウーマンだのに、今は女の本性を丸出しに伸びている晶に、ほのかは唇を震わせ、自分の肩を強く抱き締めながらポツリと漏らす。
 今迄見た事の無い、宏の激しい交合を目の当たりにしてすっかりと慄き、萎縮してしまったのだ。

「……お、お姉ちゃん、成仏してね。香典は弾むから」

 一方、双子の妹でもある優も、滅多に見られない姉の真の艶姿(?)に顔を引き攣らせている。

「……い、いくらお姉ちゃんが望んだ事とは言え、それに軽々応え、徹底的に堕とすとは……ヒロクン、凄過ぎ。今や、ボクでも到底太刀打ち出来無い。……って、もしかして、次はボク達も返り討ちに遭う……のかな?」

 ほのかと優は宏の余りな豹変振りに、まともに視線を合わせる事が出来無い。
 しかも優は(自分もだが)、未だに宏から発せられている異様なオーラに及び腰になっている。
 どうやら、かなりビビっているようだ。

「お、オレは晶みたくハードなプレイは遠慮するっ! フツーに大人しく愛し合えれば――って、宏ぃ!?」

「……ボっ、ボクもそれに大賛成っ! 何事も過ぎたるは及ばざるが如し――えっ!? ヒロ……クン?」

 そそくさとベッドの隅へ後退るほのかと優の腕を、宏がニコ目のまま、両手で引き寄せたのだ。
 その瞳には何も映っていない……ように見えたのは、ほのかの気のせい、だろうか。

「今度は――ほのかさんと優姉の番、だねー。長らくお待たせしましたー。レッツ、ショウターイムっ♪」

 抑揚の無い声で愛液と精液に塗れ、臍にまで届く肉槍を上段に構えた宏がユラリと近寄って来る。

「ひ、宏っ! 台詞が棒読み! それに、め、目がこぇーよっ! 早く元の宏に戻ってくれぇっ!!」

「……!! ……………………っっ」

 これから始まる夫婦性活(?)に、思いっ切り震え上がるほのか。
 優などは最初に宏を襲った勢いはどこへやら、すっかりと腰が引けてしまっている。

(こ、このあと、オレ達、いったいどーなるんだろう……。果たして、生きて朝日を拝めるんだろうか?)

 一瞬、優を生け贄にし、その隙に逃げようかと本気で思ったが、それでも相手はこの世で一番愛する男性(ひと)。
 流されるまま、気付けばほのかはM字開脚の優の上に四つん這いになって抱き合っていた。

「こ、これって……宏が好きな、『鶯の谷渡り』する時の格好じゃねーかっ!」

「……ひ、ヒロクン、に、二穴攻めする気、ま、満々。……す、既に、ボクの膣内(なか)に……挿ってるぅん♥」

 ほのかの目の前には、鼻息荒く目元を紅(あか)く染めた優が上下に激しく動いていた。
 当然、尖った乳首同士が宏の抽挿に合わせて擦れ合い、いやが上にも快感のボルテージが上がって来る。

「優姉とほのかさん、俺と晶姉のセックス見てすっかり濡れてたから、ずっぽし根本まで挿れちゃったー♪」

 どうやら知らず知らずのうちに晶の衝撃シーンと淫靡な音と匂い、果てはベッドの振動がバイブ代わりになったのか、二人の股間は「準備オッケー♪」な状態になっていたようだ。
 愛液も大量に噴いたのだろう、言われれば確かに内腿から膝裏にかけて濡れてヒンヤリする感覚があった。

「ふふ♪ 次はほのかさんの番だよー。晶姉以上に攻めるから、か・く・ご・してねー♪」

「はぁあああああ~~~♥」

 膣肉が中から外に向けて押し広げられる感覚と熱く灼けたペニスが万遍なく擦れる感覚に、ほのかは我を忘れて嬌声を上げてしまう。
 何だかんだ言いつつも、宏の肉棒は最高級の御馳走なのだ。

「あん♥ あぅん♥ はぁ~~~ん♥ 宏のペニスが……オレの膣(なか)に挿ってる~~~♥ 超気持ち好い~~~♥」

 隣で横たわる晶の肢体(死体?)の存在をすっかり忘れ、媚粘膜同士の触れ合いにすっかりとハマってしまう。

 ――待ち焦がれていた長大で硬いペニスが自分の膣内(なか)にいる――。

 特に今日は昼間っから発情していたので、受ける快感の度合いは段違いだ。
 大きく張ったカリ首が膣壁を擦る度にアクメへの階段を一足飛びに駆け上り、張り詰めた亀頭が子宮口を小突く度にアクメを迎え、潮を吹く。

「ほのかさんの膣内(なか)、さっきから、きゅんきゅん締め付けて来るよー♪ よっぽど餓えてたんだねー」

 派手なイキっぷりに苦笑し、揶揄する宏の声は……ほのかには届いていなかった。

「……ほのか、アヘ顔晒しながら、お姉ちゃんと同じ経過を辿ってる。オッパイも乳首も張り詰めたままだし……身体も汗ばんですっかり熱くなってる」

 僅かに聞こえる優の声も、ほのかにとってはどうでも好かった。
 今はただただ、宏とのセックスを楽しみ、与えられる快楽を存分に味わいたい。

「ひ、宏ぃ! オレを滅茶苦茶に犯してくれぇ! いっぱいいっぱい、ザーメン注いでくれぇ♥」

 ひとりでに口を突いて出た言葉に優は目を丸くし、宏は無言で腰の回転数を上げる。

「あん♥ あん♥ あんっ♥ 宏のペニス、硬くて熱くて膣奥(おく)まで届いて……最高~~~~ぉんっ♥」

 四つん這いのまま、射精されてもいないのに、ひとりで何度も気をやるほのか。
 無意識に優の美(微)乳へ己のバストを擦り付け、目の前で蠢くピンクの唇すら奪っていた――。


     ☆     ☆     ☆


「……ほのか、あっという間に堕ちてるし。……まぁ、ほのかも恋する乙女、だったってコトか」

 荒々しいディープキスを不意に喰らってしまった優は苦笑するも、覆い被さるハーフ美女の背後にいる宏が未だに正気に戻っていない事に気付いた。

「……ヒロクン? 瞳の色がすっかりダークサイドになってる……はわん♥ ヒロクンが再突入して来たぁ……って、いくらなんでもまだ抜かないで! もう少しボクの膣内(なか)にいてっ! もっとヒロクンと触れ合っていたいのにっ……」

 思わず、ほのかを載せたまま抜き去られた肉棒を追い掛け、腰を浮かせたら。

「……あひゃんっ! お豆剥いたまま強く摘まないでぇっ!!」

「う゜き゜ゃぁ――っ!? い、挿れたまま、く、クリ、潰すなぁっ! ……って、思いっ切り引っ張るなぁ――っ!!」

 優とほのかの絶叫が重なる。
 宏はひと挿し毎に膣を渡り歩き、両手でぷっくり膨れている二個の紅真珠を弄び始めていた。

「ひぇええええ~~~~っ! い、いきなり抜かれてっ……き、急に挿ってっ♥ 激しっ――またイグぅっ!!」

 ほのかは宏の射精と同時に潮を吹き、涎をも吹き零すので、優の顔と下半身はベトベトになっていた。
 それだけならまだしも。

「……ひ、ヒロクン! ボクだけ寸止め繰り返すなんて残酷ぅ! 一度で好いから……一度だけで好いからっ! 思いっ切り……ヒロクンの射精に合わせて思いっ切りイかせてぇっ!!」

 涙声で懇願するも、願いは無視され、ひとり置いてけぼりを喰らう優。
 目の前で気持ち好さそうにたっぷりと熱い精を受け、女の悦びを全身で享受し、幸せそうに堕ち崩れるほのかが何とも羨ましく、同時に妬ましい感情まで湧き上がってしまう。

「……お願いだからっ! ……金輪際、ヒロクンの都合を考えずに襲ったりしないからっ! 射精(だ)し尽くす前にっ……せめて一滴だけでもいいから、ボクの子宮に精液注いでぇっ!!」

「優姉、そんなに泣かないで。俺の精液欲しいんなら、これからた~~~っぷりと、注いであ・げ・る♥ からさー♪」

「……へっ!? ……ヒロ……クン? 嬉しいっ! ようやく元の優しいヒロクンに戻ってくれて……な――いっ! お、お姉ちゃんの二の舞いになるのだけは嫌ぁっ! あ、あ、あっ、あ゛っ~~~~~~~~~~っ!!」

 尻上がりな優の嬌声(悲鳴?)を最後に、宏の部屋からは呻き声や唸り声、泣き声だけしか聞こえなくなった――。


     ☆     ☆     ☆


 この惨事(?)を機に、欲求不満を解消する為に宏を一方的に襲おうとする妻は一切現われなかったと云う――。


                                            (つづく)


 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方はクリックをお願いします♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(6) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ カルテット『1』!? ]
長いですね~、普段ならば2話仕立てにしているのでは?
もっとも読むだけのこちらとしては
散々待たされるよりも一気に読み切れるのでありがたいですが。

タイトルに『1』と入っていましたね。
すると次回からもこの続きの激しいシーンが続出すると期待します。
(*^^)//。・:*:・°’★,。Viva!p( ̄^ ̄)q Bravo・:*:♪・°’☆

ところが♀3+♂1でカルテットとするならば、奥さん役が一人余っちゃいますね~~。
ワリを喰うのは誰でしょうか・・・・・・
多恵子さんと夏穂さんは必ず入れておいてくだないね。


[ いつもお越し戴き、ありがとうございます♪ ]
ペンギンさん
 コメントありがとうございます♪

 仰せの通り、今回は普段の2~3倍増!(当社比)となりました。
 新年最初の、そして新章ですのでお年玉(?)とでも思って下さいませ。

 勿論、今章では全ての奥さんが登場致します。
 どんな組合せでどんなプレイ(?)になるのか……どうぞお楽しみに♪

 今年も拙小説をご贔屓戴ければ幸いです。m(_ _)m
 

[ そろそろ ]
あれっ?
爆弾(感想)セットしてなかった・・・
濃厚(自爆・・・)なHを望んだ奥方をこうも手懐けるとは・・・(-。-)y-゜゜゜
若菜がいたらそれはそれで・・・って感じかな?


[ いつもお越し戴きありがとうございます♪ ]
草薙さん
 コメントありがとうございます♪

 久々の地雷に戦慄しております。(^^ゞ
 しかし、昔を振り返る意味ではありがたい攻撃かもしれません♪
 ですが、お手柔らかに願います。(^o^)

 毎度ありがとうございます♪ m(_ _)m
 

[ 今日朝は大変でした  ]
人の部屋で寝ていたのを気づかないで 寝ぼけてパジャマを脱ぎ脱ぎ 声にならん悲鳴を上げて布団に隠れてました(汗) そんなこんなで妹と顔合わせれません

[ いつもご贔屓ありがとうございます♪ ]
凪さん
 コメントありがとうございます♪

 何やらラブコメアニメ(小説)みたいなシチュエーションですね。(^^ゞ
 わたくしも、そんなシチュエーションを体験してみたいです。(^o^)

 いつもお越し戴きありがとうございます♪ m(_ _)m
 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< 恋心(6) | ←←← トップ画面へ戻る | カルテット(2) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。