ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< ハーレムナイト(10) | ←←← トップ画面へ戻る | ハーレムナイト(12) >>

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 ハーレムナイト(11)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
ハーレムナイト(11) ハーレムナイト(11) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「千恵姉、拡げるよ♪」

 宏は愛液でトロトロに濡れて光る秘唇を限界まで拡げ、顔を近付ける。

「うふん♪ いいわよ~、しっかり見てね♪」

 千恵は全身を紅(くれない)色に染めながら妖艶な笑みを浮かべ、嬉々として無毛になった股間を晒す。
 晶や若菜と張り合うつもりは無いものの、やはり女として、妻として同じ様に接して欲しい、と無意識に思うのは仕方ないだろう。

「どっ、どう? あたいのオマンコ、変……じゃない? 気に入ってくれる?」

 強気な態度とは裏腹に、しおらしい事を言う千恵。
 そんな千恵が愛しく、宏は返事をする代わりに態度で示す。

 ずずずっ、ぴちゃっ、れろれろ、ちぅ~~~。

「ああっ! は、激し過ぎるぅ! し、舌! 舌が激しいっ!」

 宏は口を大きく開くと秘裂全体を包むようにむしゃぶり付いたのだ。

(今こそ、官能小説やライトHノベルで学習(?)した事を実践する時が来たのだ!)

 童貞男は俄然張り切り、処女姉をクンニで攻め立てる。
 すべすべになった恥丘の剃毛跡に舌先を這わせ、唇で甘噛みし、キスマークを付ける。
 舌で会陰部からペロ~~ッ、と滴っている愛液を舐め上げ、ポチッ、としたクリトリスを弾く様にして舌を放す。

「あひっ! んふんっ、あっ、あ~~~っ」

 舌の動きに連動して千恵の喘ぎ声が上がる。
 二枚の秘唇を唇で蓋をし、止め処も無く溢れる愛液を音を立てて啜ると、酸っぱい様な、甘い様な味が口に広がる。

「美味しいよ、千恵姉の味がする♪」

「ああん、そ、そんなに吸わないでぇ~♪」

 千恵は嬉しそうに腰を小刻みに震わせ、更に愛液を溢れさせる。
 宏は存分に千恵の愛液を味わった後、唇を被せて陰核包皮ごとクリトリスを吸引する。
 すると千恵は両手を掴んでいた膝から離し、身体の両脇に大きく広げ、シーツを強く掴む。

「いひぃ~! だ、だめぇ~! そ、そこ、感じ過ぎるぅ!」

 千恵は宏の膝の上でマングリ返し姿のまま大きく腰を捩(よじ)るが、宏は抱え込んでいる千恵の太股を押え、膝から落ちない様にする。
 続いて唇で陰核包皮を剥き、さっきより大きく勃起して来たクリトリスを露出させると、そのまま舌先でレロン、と舐める。

「っ! はひぃっ! あっ、あ~~~っ!!」

 初めて受ける強い刺激に千恵は顔を左右に振り、身体全体をヒクつかせる。
 その度に、紫がかった長い黒髪が白いシーツに拡がり、紅色に染まった上体がその中で悶える。

 ぴちゃ、ぴちゃ、ぺろん、ぺろぺろ、すりすり……。

 千恵自身が大量に溢れさせている愛液で濡れ光る左右の秘唇に、宏は人差し指をそれぞれ這わせて擦り付けながら、舌先でプックリと膨れたクリトリスをネットリと攻め立てる。
 米粒大に勃起したクリトリスの根元を円を書くように舌先でなぞり、頂に向かって舌をゆっくりと這わす。
 下から上に、上から下に、時には舌先で左右にクリン、と弾いてもみる。

「あひっ! ひゃんっ! いひぃ~~~っ!」

 舌を這わす度に千恵は嬌声を上げ、宏を喜ばせる。
 今までずっとパイパンおまんこを舐める事を夢見て来た事が叶い、なおかつ女を喜ばせているのだ。
 千恵の嬌声に宏の勃起肉がビクン、ビクン、と反応し、抱えている千恵の腰を下からノックする。
 千恵も腰をノックしている熱くて硬い物が何か判ったのだろう、腰を震わせて応えてくれる。

「あはんっ♪ 宏の暴れん棒(坊)が、あたいを突(つつ)いてるぅ♥」

 嬉しそうに目を細め、宏を見つめる千恵。
 鈴口が腰に触れた所と亀頭の間に、透明で粘り気のある橋がトロ~、と架かる。
 宏はいよいよ千恵の処女膜を見ようと指をあてがい、秘唇を大きく拡げる。

「ああっ、みっ、見てっ♪ あたいの、処女の証を見てぇ♥」

 指の動きから感じ取ったのだろう、千恵は腰を迫り上げてくれる。
 宏は拡げられた秘唇の中にある膣口に目を凝らし、息を呑む。
 そこには愛液の中で薄ピンク色に光輝く、立て格子状の処女膜があった。

「こっ、これが千恵姉の処女膜♪」

 晶や若菜の処女膜とは違う、小ぶりな秘裂の、そのまた中にある可憐なツボミ。
 おそらく、千恵自身も見た事は無いであろう処女膜を、最初に見る事を許された男として宏は誇りに想った。

「どっ、どう!? あたいの処女膜見える? ちゃんと付いてる?」

「うん、バッチリ見えるよ♪ ちゃんと膜になっているよ♪」

「ああっ、うっ、嬉しいっ! 宏にあたいの処女膜見て貰えて、嬉しい♥」

 千恵は歓喜の涙を浮かべる。
 晶や若菜と同じ様に扱ってくれた事が嬉しかったのだ。
 宏は処女膜を視姦した後、引寄せられる様に舌先を伸ばし、愛液にまみれた処女膜の表面をなぞってみる。
 初めて触れる処女膜はプルン、として舌先を押し返し、柔らかい粘膜そのもの、という感触がした。
 ところが千恵は宏の舌先が処女膜に触れた途端、腰を引いて舌から逃れようとする。

「ひっ! だっ、だめっ、だめぇ~! 破かないで! まだ破っちゃイヤぁ!」

 千恵は宏の舌によって処女膜を破られると思ってしまったのだ。
 千恵には、心秘かに願っている事があった。
 それは、自分の膣内(なか)に最初に入るのは宏のペニスでなければ嫌だ、という事だ。
 指でも舌でもなく、ちゃんとした(?)宏のペニスで処女膜を破って中に入って欲しい、と昔から想っていたのだ。
 宏は顔を上げ、千恵の潤んだ瞳を見つめる。

(ゴメンね、宏。わがまま言って)

 宏は千恵の想いを瞳から受取ると、安心させる様に微笑み、クリトリス中心のクンニを再開する。
 既にズル剥けになったクリトリスを唇で軽く扱き、舌先で突(つつ)く。
 人差し指で秘唇をなぞり、愛液を辿って膣前庭から会陰部、肛門にまで指を這わす。
 指の後を唇が追い、排泄の為の穴を指と舌で嬲られる。

「はひっ! はうんっ、かはっ! うっひぃっ!!」

 激しい愛撫に千恵は呂律が廻らないほどに悶え、両手はシーツを固く握り、息も絶え絶えになってくる。
 宏は舌で秘裂を割って全体を激しく舐め続けながら両手を前に伸ばし、プルンプルン震えている乳房を搾り上げる様にして揉みしだく。
 乳房の弾力に抗うように揉みまわし、そして人差し指と親指とで乳首を捏(こ)ね回し、引っ張り、弾く。

「はひぃ~~っ!! そっ、そんな激しっっ! あっ、あ~~~~っ!」

 千恵は股間からの激しい快感と乳首からの心地良い快感が子宮に次々に集まり、大きなひとつの塊となってどんどん膨れていくのを薄っすらと感じた。

(どっ、どうにかなりそうっ! こっ、怖いっ! でも気持ちいいっ!!)

 目をギュッ、と閉じて眉間に皺を寄せ、顎を上げて涎を垂れ流しながら荒い呼吸を吐きつつも、何とか襲い来る快感に抗おうとする。
 しかし、首から下は宏から与えられる快感に素直に反応し、喜んでいる。

(こっ、このままじゃ、おっ、おかしくなっちゃうっ! 変になっちゃうぅ~!)

 無意識に右の中指を口に咥えて首を左右に振り、流されそうになる意識を保とうとする。
 優は千恵の表情からエクスタシーへの恐怖と受ける快感とで心と身体がバラケているのに気付き、耳元にそっと囁いた。

「怖がらないで、感覚に身を任せるの。自分を解放してヒロクンに委ねるの」

 千恵は霞の掛かった頭で、身を任せ、宏に委ねる、と意識した途端、子宮に集まっていた大きな塊が処女壺に向かって弾け跳んだ。

「っ!! ひあっ! あっ、あっ、あひぃぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!」

 プシャァ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ。

 千恵の絶叫と共に、クンニをしていた宏の顔面に大量の熱い潮が浴びせ掛けられる。
 全身を朱色に染めて身体を引き攣らせ、腰を突き出した格好のまま固まってしまう千恵。
 内腿がピクピク痙攣し、両目をきつく閉じたまま口から涎を吹き零している。

「!! すっ、凄いっ! こっ、これが……潮吹き? 処女でも潮を吹くの!?」

 耳年増な若菜が呟くと、優が目を丸くしたまま黙って頷く。
 優は潮吹きは知っていたが、これ程大量に潮を吹くとは思わなかったのだ。
 晶は愛する男性(ひと)にクンニされ、潮を吹くまでイかされた千恵に羨ましげな視線を送る。

(いいなぁ、千恵ちゃん。敏感体質なのかしら? あたしもあそこまでイく事が出来るかしら?)

 チョッピリ不安になる晶だった。

「千恵姉、大丈夫?」

 宏が膝の上から千恵をシーツに横たわらせ、シーツで顔を拭ってから千恵の手を握り、顔を近付ける。
 千恵がゆっくりと目を開けると、大きな瞳は虚ろのまま宏を映し出す。
 暫くして瞳に色が戻った千恵が、息も絶え絶えに言葉を紡ぐ。

「はぁん、また、宏に、イかされ、ちゃったぁ~♥」

 荒い呼吸のままに言葉を絞り出す千恵の唇に、宏は軽く唇を重ねる。

「んふん♥ 宏、大好きよ♪。一生、一緒よ♥」

 イった余韻に浸りながら千恵が呟き、宏はしっかりと頷く。
 暫く見つめ合っていると、優が宏の背中から抱き付き、首に両腕を回してくる。
 背中に柔らかい丘が押し付けられ、その頂に二つのコリッ、とした感触が伝わって来る。
 宏は上体を起しながら振り返ると、優の細い腰に手を当てながら唇を合せる。

「ごめんね、優姉。最後になっちゃって」

「……ううん、いい。順番は関係無い。ヒロクンに抱かれる事が嬉しい。だから気にしないで♪」

 優は微笑むと唇を求めてくる。

「次は優姉の処女膜を見せて欲しいな♪」

「……ボクの処女膜、見せてあげる♪」

 言葉が重なり、二人は見つめ合う。

「アハハッ♪」

「クスッ♥」

 宏と優は互いに額をくっ付けて笑い合う。
 そして優は宏をシーツの上に仰向けに寝かせると、逆向きになって覆い被さる。
 女性上位のシックスナインの格好になったのだ。

「……ヒロクン、ボクのおまんこ、見て触って確かめて欲しい。処女膜が無くなる前に、ボクが処女のうちにヒロクンにボクの処女膜を確かめて欲しい♥」

 そう言う間にも宏の顔に、優の秘裂から溢れ出た愛液がトロトロ、トロトロ、と滴り落ちて来る。
 優の内腿は大量の蜜で濡れ光っており、蜜の先端は膝にまで達している。
 宏の三人へのクンニを見て優自身も興奮し、大いに濡らしてしまったのだった。


                                             (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ 管理人のみ閲覧できます ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ ご愛読ありがとうございます♪ ]
↑↑ さん
 コメントありがとうございます♪

 拙小説をお気に召して戴けたようで何よりです。
 実写版も大変面白そうですが……えっち過ぎて放送出来無いかもしれませんね。(^^ゞ
 しかし、ビデオ(DVD版)なら可能かも……。

 とまれ。
 今後とも宜しくご贔屓下さいませ♪ m(_ _)m
 


【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< ハーレムナイト(10) | ←←← トップ画面へ戻る | ハーレムナイト(12) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。