ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< 夢のかたち(1) | ←←← トップ画面へ戻る | 夢のかたち(3) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 夢のかたち(2)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
夢のかたち(2) 夢のかたち(2) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「みんな、おはようっ♪」

「あ、ほのかさん、おはようございますっ♪」

「キャプテン、おはようございます♪」

 ほのかがハンガー(格納庫)横の事務所に手を振りながら入ると、そこかしこから一斉に挨拶が返って来る。
 ところが、事務所にいる顔触れがいつもより少ない。

「あれ? どうしたんだ? 風邪か? みんな、気を付けろよ~♪」

 余り深く考えずに、ほのかは自分のデスクに座ると今日のフライト予定を見直そうとクリアファイルから書類を取り出す。
 次にリアルタイムで雲の動きを追っている気象衛星からの画像をパソコンに呼び出した所で、所長から声が掛かった。

「ほのか君、ちょっとちょっと♪」

 いつも以上にニコニコして手招きしている所長(容姿はまるで大黒様だ)に怯みつつ、事務所奥に向かう。
 と、視線を感じたほのかが周りを見渡すと、中にいる全員がほのかを見て、何故か柔らかく微笑んでいる。

「……おいおい、いったい、何なんだよ……。気味悪ぃな」

 妙に落ち着かない気分になったほのかが所長席の前に立つと、にこやかな笑顔のまま所長がのたまった。

「ほのか君、今すぐ上のロッカールームで着替えてハンガーへ行ってくれ。細かい事は、副所長に言ってある♪」

 有無を言わさぬ口調にほのかは渋々頷き、クルー(パイロット)専用のロッカー室へ向かう。
 そこには髪をアップに纏めた副所長(三五歳・独身女性で、ほのかの直接の上司になる)が満面の笑みを浮かべて待っていた。

「おはよう、いい朝ね♪ さ、これに着替えて♪」

 ほのかは手渡された衣装を見て一瞬固まり、次の瞬間には、ほのかの絶叫が羽田に響き渡った。

「な、なんじゃ、こりゃ~~~っ!?」


     ☆     ☆     ☆


「で、宏ちゃん、今日はどこへ行くの~?」

 駅へ向う道すがら、宏の右手を握った若菜がニコニコ顔で尋ねて来る。
 久し振りに宏とお出掛けするので気分は上々なのだ。
 今日の若菜は腰まで届く漆黒の髪を白いリボンで首の後ろでひとつに束ね、夏らしくノースリーブの白いワンピースを身に纏った姿で、黙ってさえいれば深窓の御令嬢にも見える。
 白い肌、澄んだ切れ長の瞳、目鼻立ちの整った小顔、ピンク色の唇……。
 長い手足に高い身長と相まってファッションモデルに間違えられる事も度々なのだ。

「ん~~~、ナイショ♪」

 おどけた宏に向って子供みたいに頬を膨らませる若菜は、とても二三歳には見えない。
 しかし、弾ける笑顔は見る者全てを魅了する。

「宏、せっかくお休み貰ったんなら、家でゆっくりとしてても好かったんじゃない?」

 赤いリボンで紫掛かった黒髪を高い位置で縛り、それでも腰まで届くポニーテールを揺らしながら、千恵は宏が着ているTシャツの裾をツンツンと引く。
 千恵は家を出てからずっと右手で摘んでいるのだ。
 人前で堂々と手を握るのは、まだ恥ずかしいらしい。

「いやいや、今日はみんなと出掛けるつもりで休みを取ったんだ♪」

 宏が頭ひとつ低い千恵に微笑むと、千恵は顔を赤らめながら裾をギュッ、と掴む。
 千恵も宏と外出出来て、内心飛び上がらんばかりに嬉しいのだ。

(今日の千恵姉、何だか色っぽいな♪)

 宏は左隣を歩く千恵をまじまじと見つめる。
 ジーパンに真っ赤なTシャツだけのラフな格好だがボディーバランスが好く、低い身長でも妹の若菜に見劣りする事は決して無い。
 スラリとした長い手足と大きな瞳に小さな顔……。
 スタイルの好さも目を惹くが、何よりDカップの双丘が歩く度にプルンプルン柔らかく、弾む様に揺れるのだ。
 その女らしい肢体に擦れ違う男はもとより、女性ですら羨望の視線を向けて来る程だ。

「宏君とこうしてお出掛けするの、私がこっちに来てから初めてだね♥」

 真奈美が後から軽やかに声を掛ける。
 薄い長袖のブラウスを羽織った真奈美は長い黒髪を揺らし、前を歩く宏を見つめる。
 本当は隣を歩きたかったのだが、右隣を早々に若菜に取られ、左隣は千恵とじゃんけんをして負けてしまったのだ。
 その代わり、帰りは千恵と交代し、隣を歩く事になっている。

「そうだね。休みの日は掃除・洗濯・買出しと、ゆっくり出掛ける暇、なかったもんね~」

 宏は笑いながら後を振り返り、真奈美を見つめる。
 肌理の細かい白い肌、透き通るようなピンク色の唇、どこまでも透明な瞳……。
 綺麗に整った顔立ちの癒し系美人に宏の鼓動が少し、早くなる。

「……ヒロクン、何だか楽しそう。まるで……これから好い事でもあるみたい♪」

 ショートヘアーをシャギーにし、スリムジーンズに蒼いTシャツ姿の優が真奈美の隣から鋭い読みを向けて来た。
 宏は優の観察眼に内心驚きながらも、今日、これからの計画がバレ無いように笑顔で応える。

「そりゃ、楽しいさ♪ これからみんなとデートだもん♥」

 すると黄色い声が一斉に上がり、駅前にいる全ての人から注目を集めてしまう。
 優は深くは突っ込まず、笑みを浮かべたまま成り行きを見守る事にする。
 宏は決して自分達を蔑ろにしない事は判っている。
 それに、優自身、宏と一緒にいられるだけで幸せなのだ。

「それじゃ、今から羽田に行こうか♪」

 駅の券売機で買った切符をみんなに渡しながら、宏は高らかに宣言した。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)


   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ そろそろ ]
「夢のかたち」、このタイトルを見るとそろそろ最終章に向かっていると感じのは気のせいかな。


[ お越し戴きありがとうございます♪ ]
直立する陸亀さん

 コメント&ご愛読ありがとうございます♪
 

 お察しの通り、物語はクライマックスへ向けて大きく動き出しております。
 そして今後の展開は・・・・・・次回からの更新をお待ち下さいませ♪

 これからも 「ライトHノベルの部屋」 を御贔屓に願います m(__)m

 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< 夢のかたち(1) | ←←← トップ画面へ戻る | 夢のかたち(3) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。