ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< 疑惑(1) | ←←← トップ画面へ戻る | 疑惑(3) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 疑惑(2)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
疑惑(2) 疑惑(2) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「ほらっ、ここが気持ち好いのよねっ? カリ首を擦ると、オチンチンが膨らんで来るわよっ♪ でも、ま・だ・よ♪」

 騎乗位で腰を振る晶は宏がイク直前に意地悪く腰を上げ、千恵と真奈美にバトンタッチする。

「宏のオチンチンがあたい達のオマンコに挟まれてピクピクしてる~♪ でもイッちゃダメよ♪」

「宏君、気持ち好い? 宏君のカリ首が私のお豆を擦って……♪ あん♥ 硬いおちんちんって、素敵~♪」

 千恵の無毛の秘裂と柔らかい繊毛を持つ真奈美の深い秘裂に挟まれた勃起肉ははちきれんばかりにそそり勃ち、青筋を浮かべて打ち震える。
 先走り液と二人の白蜜でグチョグチャと淫靡なリズムが三人の喘ぎ声と重なり、ひとつのハーモニーとなって部屋に充満してゆく。

「きっ、気持ち好いっ! 二人のビラビラがチンポを包み込んでっ……ああっ!!」

 宏の喘ぎ声が一段と高まる。
 竿の根元から亀頭の括(くび)れまで万遍無くラヴィアに擦られている所へ晶が亀頭の先端を咥えたのだ。
 尖らせた舌先を鈴口に突っ込み、撹拌すると宏の限界があっという間に訪れた。

「イッ、イックぅ~~~っっ!!」

「ああんっ♪ 熱いっ!」

 この夜何度目かの射精をこなした宏だが、今までで一番大量に、そして勢い好く射精する。
 晶の顔面を直撃した寒天状の白濁液が千恵と真奈美の双丘にもボトボト降り注ぐ。
 宏の熱い精液を浴びた瞬間、千恵と真奈美は身体を震わせて同時に果て、晶も股間で自ら蠢かせていた指でイってしまう。

「も、もうダメ~~~」

 文字通り精も根も尽き果てた宏はそのまま三人の温かくて柔らかい女体に挟まれ、深い眠りに付いてしまう。
 新鮮な精を存分に浴びて満足気に微笑んだ三人の淫魔達も詰問の事などすっかりと忘れ、愛する夫に折り重なって朝を迎えたのだった。


     ☆     ☆     ☆


「あはは~、宏ちゃんを問い詰めるつもりが、つい気持ち好くって。……てへっ♪」

 己の欲望に忠実に従ってしまった若菜が頭を掻きつつチロッ、と舌を出して誤魔化すと、ほのかは顔を赤らめ、恥かし気に俯く。
 愛する宏に目一杯抱かれて何度もイカされてしまい、まともに質問すら出来無かったので言葉も無いのだ。
 千恵と真奈美も顔を見合わせ、目元を赤く染めて小さくなる。
 若菜やほのかと同じ様に愛しの男性(ひと)からたっぷりと精を注がれ、詰問するよりも肉体の快感に溺れて我を忘れてしまったのだ。

「ホントにあんた達は……。まぁ~、仕方ないか」

 自分もつい欲(宏の温もりと精)に目が眩み、結局何も聞き出せなかったので強くは言えないのだ。

「はてさて、どうしたものかしらね……」

 晶は腕を組み、左手で顎を支える格好になって思案する。
 考え事をする時に自然としてしまうポーズだ。
 夕食を終えると優は早々に自室に篭もってネットトレードに集中し、晶を始め千恵と若菜の双子姉妹、ほのかと真奈美の五人は宏から得た情報を交換しようとリビングに集まっていた。
 しかし皆宏に抱かれる快感に我を忘れ、何も聞き出せない事を報告している様な状態だった。

 ――宏がみんなに何かを隠している――

 そんな空気が妻達の間に流れ出したのは仔猫が親猫の許へ帰った直後だった。
 晶の猫恐怖症が治った事で宏は毎日三時間の残業に戻した。
 それだけなら何ら問題は起きなかったのだが、遅い夕食を済ませるとみんなとの語らいをする事無く真っ先に優の部屋に篭り、二人で話し込んでいる日が多くなった。
 宏が休みの日もちょくちょく優の部屋を訪れ、一時間二時間と部屋から出て来ない。
 お茶を持って誰かしらが部屋を訪れる(偵察しに行く)と二人は慌ててパソコン画面を消し、愛想笑いを浮かべて煙に巻くのが常だった。
 そんな二人に業を煮やした晶が真相を迫ったのだが、宏も優ものらりくらりとかわすだけで何も話そうとはしなかった。
 そこで各自が夜のローテーションに乗じて聞きだそうと言う事になり、一週間後の今日、報告し合う事になっていたのだ。

「まさか宏ちゃん、浮気してるんじゃ……」

 若菜が半べそを掻きながら瞳を潤ませると、ほのかが怒ったように反論する。

「バカなっ! あいつにそんな甲斐性あるもんかっ。第一、優が傍にいるのに浮気も何も無いだろ!?」

 握り拳を突き付け、躍起になって否定するその瞳は真剣だ。
 いきり立つほのかを余所に千恵は眉根を寄せ、ロングポニーテールを揺らして首を傾げる。

「ん~~~、浮気ってよりも、あたい達に知られると拙い事をしてるんじゃない? 知られたくない……って感じかしら? それ以外なら、いつもの宏だし」

 千恵の鋭い読みに真奈美が感心したように声を上げる。

「流石、幼馴染だけあるわ~。付き合いが長いと、ちょっとした事でそこまで判るものなんだね」

 宏と千恵達美姉妹(しまい)の歴史に小さな嫉妬を抱きつつ羨望の眼差しを向ける真奈美だった。
 そんな真奈美に微笑んだ晶が壁に掛かった時計を見上げると、もうすぐ二十時を指そうとしている。
 直接宏に問い質そうとも、あと一時間以上経たないと宏は帰って来ないし、優を問い詰めても無駄だろう。

(あの娘はヒロが絡むと、あたしにも隠し事するからな~)

 溜息ひとつ吐いた晶がみんなを見渡し、今後の方針を伝える。

「それでも判った事はあるわ。ヒロは自ら稼いだお金を必要とし、それに優が絡んでる。あたし達に内緒で二人が何か……大金を必要としている『何か』を企んでいるとしか思えない。そこで……」

 切れ者のキャリアウーマンの顔となった晶がこれまでの状況を分析し、判断を下すと四人の妻達は一斉に仰け反って眼を剥いた。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ 警報鳴り響く ]
ちょっとタイムスリップしたら・・・
奥方の集中砲火にだどり着いたな(^O^)/
いつの頃からか宏君の防御力もアップ?してたか気になってたんで・・・
優姉のとの共同戦線をしながらも実は更なる秘策がこの後にあるんですよね♡
もしかすると宏君はトラップの技能が隠し技かな?

おそらく今週末に新作でしょうが、不運(?)な事に温泉旅行でして・・・
雪の露天風呂で癒されてきます(^_-)-☆

[ 毎度お越し戴きありがとうございます♪ ]
草薙さん
 コメントありがとうございます♪

 この小説、いったい誰が書いたのかと思いました。 (汗)
 不発弾(?)は忘れた頃に発掘されるって実感しました。 (^^ゞ

 雪の温泉……好いですね~。(*^▽^*)ェ
 わたくしも美女軍団と一緒に入りたいです♥
 どうぞお気を付けて行ってらっしゃいませ♪ (^o^)ノ

 いつもご贔屓ありがとうございます♪ m(_ _)m
 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< 疑惑(1) | ←←← トップ画面へ戻る | 疑惑(3) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。