ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< ほのかと真奈美(10) | ←←← トップ画面へ戻る | 迷子の仔猫ちゃん(1) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 ほのかと真奈美(11)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
ほのかと真奈美(11) ほのかと真奈美(11) 美姉妹といっしょ♡ 
 
((ああっ……切ないっ! 早く……来てぇっ!))

 愛する男性(ひと)と交わる快感に魅入られたほのかと真奈美は挿入を待つ間の時間が宏と会えなかった時間よりも長く感じ、このまま置き去りにされてしまうのではないか、と言う焦燥感に囚われてしまう。

((早く、早く満たしてっ))

 仰向けになっているほのかと四つん這いになって覆い被さっている真奈美の二人は無意識に股間を突き出していた。
 光り輝く肉芽はプックリと膨れて宏からの刺激を求めて打ち震え、充血して紅く染まった秘唇は内側から大きく捲り上がって肉溝の全容を晒している。
 灯りに照らされた膣口からは大量の白蜜が泉の様に湧き出して内腿やシーツへと流れ落ち、宏の太い栓を求めて蠢いている。
 本気汁に塗れた秘裂は勿論、尻の谷間にある薄茶色の窄まりまでさらけ出して挿入を待つその姿は、まるで餌をねだる雛鳥の様だ。

「宏ぃ、いつまで待たせるんだよぉ。早く戻って来いよぉ……」

「ああ……宏君、何とかしてぇっ。宏君がいないと、あそこが切ないのぉっ!」

 そんな女達はいつしか胸を合わせ、無意識に硬く尖った乳首同士を擦り合わせて快感を取り込んでいた。
 宏も片手を空いている秘裂に伸ばし、目にも鮮やかな紅真珠を捏ね回しては妻達を慰める。

「はぅあっ! そっ、そこ摘むなぁっ! しっ、痺れてっ!! はぁんっ、あぁっ♥」

「いっ、いやんっ! ひっ、引っ張っちゃいやぁ~っ! 戻らなくなっちゃうぅ~っっ!! んふんっ、ああっ♥」

 宏と交わっている者は膣と乳首を同時に攻められ、待たされている者は秘核と乳首を同時に攻められて早々に絶頂を極める結果となった。

「イッ、イクッ! イクイクッ! 宏でイク~~~ッ!!」

「だめぇっ! 初めてなのにイっちゃうぅっ! 処女なのにイっちゃうぅ~~~っ!!」

 オナニーでイク時よりも何倍も強いエクスタシーに意識が朦朧とし、浮遊感を感じ始めるほのかと真奈美。
 自分が今どんな格好をしているのかさえ判らなくなる。
 二人を交互に貫いていた宏は膣肉が一段と蠢き、きつく締めつける動きに合わせて我慢して来た射精のスイッチを悦んで押す。
 するとたちどころにペニス全体が大きく膨らみ、熱いマグマが竿の中を出口目掛けて爆発的に駆け昇ってゆく。
 宏は力を入れて真奈美の丸い腰を掴むと背中を反らし、ほのかの子宮に二人の純潔の証が残るペニスを叩き付けた。

「いっ、いくよっ! 受け止めてっ!!」

「ああっ♪ 出せっ! オレの膣(なか)に出せぇっ♥」

「ちょっ、頂戴っ! 宏君を頂戴っ♥」

 夫の膣内射精宣言に打てば響く早さで妻達が嬉々として応える。
 限界まで昇り詰めた宏は、ほのかの処女膣に煮えたぎったスペルマを水鉄砲の如く噴射させる。

「うぁあっ!? あっ、あっ、あっ、あああっ~~~~~~~~~~~っっっ!!」

 子宮口に濃厚なザーメンを勢い好く浴びたほのかは背中を仰け反らせ、掴んだ真奈美の二の腕に爪を立てながら絶頂の鳴き声を奏でる。
 宏は精を吹き出すタイミングに合わせてペニスを素早く抜き去り、真奈美の膣奥で第二弾を噴水の如く発射する。

「はぁんっ! あっ、熱いっ!! イッ、イック~~~~~~~~~~~~っっっ!!」

 子宮にたっぷりと白濁液を注がれ、その余りの熱さに真奈美は両手でシーツを強く握り締め、顔をほのかの首筋に埋めたまま四肢を強張らせて連続したアクメを迎える。
 宏は新妻の処女壷へ交互に挿入と射精を繰り返し、たっぷりと精を分け与えた。

「ああ♪ 宏が膣内(なか)で射精(だ)してる……♥」

「はぁん♪ 宏君に注がれてるのが判るぅ……♥」

 膣内(なか)でペニスが細かく痙攣し、射精する感触に二人の新妻は熱い吐息を洩らし、女に生まれて好かったと心から思った。
 愛する男性(ひと)から与えられる破瓜の痛みや子宮で熱い精を受ける幸せは、女でしか判り得ない。
 ほのかと真奈美は宏から与えられた痛みと温もりを一生忘れまいと誓った。

「うっ、うぅっ……ほのかさん、真奈美さん。ぜ、全部、射精(だ)したよ♥」

 文字通り全精力を使って二人を絶頂に導いた宏は真奈美の膣内(なか)で最後の一滴を注ぎ終える。
 愛しい男性(ひと)からの熱い贈り物に、ほのかと真奈美はすっかり膣内射精の虜となってしまう。

「ああ……♪ 宏のザーメンがオレのヴァギナに満ちてる……♥」

「んふん……♪ 宏君の赤ちゃんの素が私の膣内(なか)にたっぷりと……♥」

 男の熱い精に生まれて初めて子宮を灼かれた二人は息も絶え絶えに脱力し、汗で光る胸を密着させたまま上体を重ねる。
 真奈美の下半身は宏がまだ挿っているので高く掲げたままだ。
 二人は息も荒いまま互いに火照った顔を見つめ合う。
 そこには愛する男性(ひと)に処女を捧げ、胎内に命の源を与えて貰った満足感に満ち溢れていた。

「真奈美、可愛い♪」

「ほのか……先輩♪」

 どの位余韻に浸っていただろうか、ほのかはゆっくりと顔をもたげると真奈美の背中に両手を回して優しく抱き締め、そっと唇を重ねる。
 真奈美も目を瞑ってほのかを受け入れ、女同士ならではの柔らかいキスに二人は思わず夢中になってしまう。
 身体の芯がまだ火照っていたのだ。

 あむっ、むちゅっ、ぴちゃっ、ずずっ……。

 互いに唇を貪り合う音を合図に、今まで自分で自分を慰めていた若菜、晶、千恵、優が重なったままの宏達三人を取り囲む。
 四人は新妻の神聖な初夜を最後まで見届け、出番到来とばかりに次々と自分の蜜で濡れた手を伸ばし始めた。

「あら♪ ほのかのバスト、見た目と違って意外と柔らかいのね~♪ ムフ♪ 揉み応えあるわぁ~♪ ……これは洩らしたら勿体無いわよ? この世に二つと無い貴重品なんだから♥」

 そう言いながら宏の右隣に座り、片手で弾力のある丘を揉みつつ尖った乳首を捏ね、もう片手でほのかの膣口から洩れ出す精液を指で掬って美味しそうに舐め取る晶。

「真奈美さんのおっぱいって、すんごく柔らかいのね~♪ なのにプルンプルンと張りがあって……まるでプリンみたい~♪ ……私も貰おうっと。処女膣内射精(なかだし)の超レア物精子~♪」

 そう言いつつ晶の正面にすわると片手で有り余るバストを掌で遊ばせて指を沈め、もう片手でほのかの秘裂をなぞり、破瓜の血が微かに混じる白濁液を掬い取るとゆっくり噛み締める様に味わう若菜。

「宏の顔、真っ赤っか♪ そんなに二人の膣内(なか)、気持ち好かったの? ……あたいと比べてどうだった?」

 三人の頭上に陣取ると宏の頭を汗ばんだ胸の谷間に抱きかかえ、嫉妬少々からかい多々で激しく唇を奪う千恵。

「二人共、こんなに溢して……。いらないならボクが貰う♪ ……ヒロクンもまだまだ硬いし♥」

 三人の腰元に陣取り、ほのかと真奈美の秘裂に手を伸ばして溢れ出た精液を指で掬い取っては舐めしゃぶり、膣内に納まったままの竿の根元にまで指を這わせる優。
 四人共ピンク色に染まった肢体を艶かしくくねらせ、瞳は妖しくぎらついて、すっかり発情しきっている。
 失禁したかの様に濡れた股間から漂う芳醇な香りが、より一層強くなる。
 宏、ほのか、真奈美の三人は互いに顔を見合わせ、破顔一笑した。

「みんなっ! 今夜は寝かさないよっ♥」

 宏の雄叫びと同時に黄色い歓喜の声が屋敷中に轟き渡る。
 六人の妻が宏の許で真にひとつに纏まった瞬間だった。
 この夜、漆黒の夜空が瑠璃色に色付き始め、小鳥達が活動を始めても宏の部屋から灯りが消える事は無かった。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ 6人 ]
拝見致しました。
遂に妻が6人になりましたね!
途中のほのか&真奈美の4年前も宏を思い出してるところで心が十分に満たされました☆

[ ご愛読ありがとうございます♪ ]
MTさん
 コメントありがとうございます♪

 四年分の想いが溢れたほのかと真奈美は美しいですね♪

 引き続き物語をご堪能戴ければ幸いです♪ m(_ _)m
 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< ほのかと真奈美(10) | ←←← トップ画面へ戻る | 迷子の仔猫ちゃん(1) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。