ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< ほのかと真奈美(9) | ←←← トップ画面へ戻る | ほのかと真奈美(11) >>

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 ほのかと真奈美(10)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
ほのかと真奈美(10) ほのかと真奈美(10) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「ふ、深いっ! 宏が……奥にっ! い、いやぁ! そっ、そこ、擦するなぁ! 感じ過ぎてっ……はうっ!」

 熱を帯びた亀頭が子宮口を何度も柔らかくノックし、宏の陰毛が肥大化してズル剥けになったクリトリスを刷く様に擦り上げると、ほのかは堪らずに女性らしい鳴き声を上げ、身体を震わせながら四つん這いになっている真奈美の二の腕にしがみ付く。

「クリっ、感じ過ぎるからっ……はぁんっ! あぅっ! あぁっ! ひぃっ! うぁあっ!」

 強制的に電流を流されているかの様な刺激を受け続けたほのかは、仰向けのまま何とか逃れ様とするが腰の下に枕があり、真奈美が上に被さっているので思う様に身動き出来ず、甘い声を上げる事しか出来なかった。

「んあぁっ♪ なっ、膣内(なか)も宏が擦ってっ! はぅんっ♥ あんっ♥ ああ~~~♥」

 ほのかの喘ぎ声に気を好くした宏は真奈美を間に挟んだまま腰を突いては捻り、回しては抉(えぐ)る動きを執拗に繰り返す。
 ブチュッ、グチョッ、とペニスを挿し込む度に膣内に溜まった愛液が鋼棒と柔壷の隙間から溢れ出し、腰を引くと膣壁から染み出した愛液を大きく張ったカリ首が外へと掻き出す。
 二人の結合部からはおびただしい量の蜜が溢れ、破瓜の血を殆ど洗い流してシーツに大きなピンク色の染みを作り上げてしまう。

「ほのかさんの膣(なか)、凄く気持ち好い♪ 根元から先っちょまで満遍無く扱かれて、チンポが蕩けそうだ♪」

 掌で強く握られている様な処女特有の締め付けが心地好く、宏の腰の動きが更に大きく、激しくなる。

「あひぃっ! ひっ、宏がっ、宏が膣内(なか)でっ! 膣内で暴れてっ! はっ、激しいっ! あはぁんっ♥」

 宏の荒々しいまでの抽送にほのかの処女壷は急速に女としての機能が目覚め、竿に吸い付くと同時に奥へ奥へと細かく煽動し始めた。
 宏は膣肉の蠢く快感に溺れそうになりつつも理性を搾り出してほのかから離れ、薄ピンク色に塗られた竿を待ち焦がれて愛液をダラダラ垂らしている真奈美の膣内へと沈める。

「あう゛っ……。やっと、宏君が……挿って……来たぁ♪」

 処女喪失の時よりもひと回り大きく膨れたペニスが容赦無く入り込むと、真奈美は口から内臓が押し出される様な強い圧迫感を受けるが、それ以上に身体の空いた部分を宏で満たされる充実感を覚えた。

(うぅ……、宏君がいっぱい……私の膣内(なか)に。……本当に宏君が……)

 今まで遠く離れた土地で想うだけだった相手が、今や自分の膣内にいるのだ。
 鋭い痛みと共に処女膜の残滓が幾つも裂け、再び出血して竿や内腿を赤く染めても、それは真奈美にとっては勲章以外の何物でも無く、宏と繋がった事で心の空白を満たす結果となった。

「ああ……宏君と……ひとつに……結ばれてる! 夢じゃ……無いのね。私……嬉しいっ!」

 四年間の切なかった想いと、今こうして結ばれている嬉しさとが胸の中で大きく渦巻き、感極まった真奈美は大きな瞳からポロポロと涙を零してむせび泣いてしまう。

「ま、真奈美……」

 俯く真奈美から滴る光真珠を受け取ったほのかは突然の涙に一瞬戸惑ったものの、目の前で子供の様に泣いているひとつ年下の女の子の気持ちが手に取る様に判った。
 真奈美が今流した涙は、自分の想いそのものでもあったからだ。

(宏を想う気持ちはオレも真奈美も一緒……。先輩後輩なんて関係無い、って事だな)

 ほのかは真奈美の頬に手を添え、親指で零れ落ちる温かい涙を何度も拭う。

(真奈美も一人の女だったんだな)

 宏の妻という同じ立場に真奈美と一緒に就いたものの、ほのかにとって真奈美は「仲の好い後輩」という枠の中から抜け切れていなかった。
 しかしこの涙を受け、ほのかは真奈美を後輩としてでは無く、一人の女として初めて見る事が出来たのだった。

「真奈美さん、ほのかさん、一生一緒だよ♥ いつ、どんな時もね♪ 約束する!」

 宏は真奈美の嗚咽とほのかの優しさに満ちた表情から二人の想いを十二分に汲み取り、心に深く刻んだ。
 二人の新妻も生涯のパートナーとなった夫の言葉を胸の奥底に焼付けた。

「あっ、当たり前だろ、そんなの! オレ達、ふっ、夫婦なんだからっ! それより早くオレの所に来いよっ。宏の想い、たっぷりと注いでくれよっ♥」

 ほのかが零れ出る嬉しさを隠しつつ顔を真っ赤に染めて催促すれば、宏との交わりに快感を覚え始めた真奈美が今度は歓喜の涙を浮かべる。

「うっ、嬉しいっ! 一生、あなたに付いていくわっ! ああっ♪ 宏君の、太くて、硬い~~~っ♥」

 三位一体となった宏、ほのか、真奈美は純粋に快楽だけを追い求め始めた。
 襞の一本一本が纏わり付く様なほのかの膣肉、ビロードの様に柔らかく包み込む真奈美の膣肉。
 宏は二人の処女壷を交互に渡り歩き、その違いを存分に味わった。

「「はぅうっ♥ なっ、膣内(なか)で熱い塊が動いてるっ!!」」

 妻達も膣口の痛みはとっくに消え去り、夫が与えてくれる男の力強さ、激しさに翻弄され、狂喜した。

「うぅっ、は、激しいっ! ひ、宏っ、もっと、もっとゆっくりっ! こっ、壊れるぅっ!」

「ああん♪ 宏君が擦れてっ。凄いぃ~~~っ。自分でするのと全然違うぅ~~~♥」

 自分でペースや強さを調節出来るオナニーとは違い、血の通ったペニスから一方的に与えられる快感に二人は全身に汗を浮かべ、白い肌を鮮やかな朱色に染めて嬌声を上げ続けた。

「二人共、凄く綺麗だ♥」

 ほのかの長く、煌く金髪の上に真奈美の背中から流れ落ちた艶のある漆黒の髪が重なり、ひとつになって白いシーツに拡がる様子に宏は見蕩れ、抽挿のペースが上がる。
 結合部から溢れた蜜は白く泡立ち、糸を引く様な粘っこい水音を部屋中に満たした。

「ほのかさんっ、真奈美さんっ、好きだよっ♪ 愛してるっ♥」

「はぅっ! あ、あ、あ、あぁ~~~♪ 宏ぃ、宏ぃっ♥」

「あんっ! あん、あん、あん、あぅんっ♪ 宏君、宏君っ♥」

 お腹を突き破る様な力強い宏のストロークにほのかは喘ぎつつも慄き、焦らす様にゆっくりカリ首で膣壁を抉る動きに真奈美は我を忘れて腰を振る。
 宏は処女の新妻相手に鶯の谷渡りを演じていた。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)


   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

[ 正しい処女の味わい方!? ]
 >掌で強く握られている様な処女特有の締め付けが心地好く

そういうものなんですか?
やはり6人も相手すると分かるものなのかなぁ・・・・
なんともまったりとしているんですね。
私なぞ相手に暴れられてしまって、
考えてたことは「早く終わらないかなぁ」だったと思います(多分)。
経験値1人じゃとてもこんな表現、頭からは絞り出せません。


ときに『読み返し組』があちこちに爆弾●~*投下しているようですね。
私も参戦させて貰います ●~*ポイッ

[ こちらにもお越し戴きありがとうございます♪ ]
ペンギンさん
 コメントありがとうございます♪

 ナニやらここ最近、拙小説(弊サイト)のあちこちに地雷が埋め込まれていっているような……。(^^ゞ
 作者には自爆必然な状況に大汗&冷や汗掻いて、穴があったら入りたい気分です。

「あ、自分で空けた自爆穴に自分で入れば好いのか♪」

 ……などと言っている場合ではありませんね。(^_^;)
 ともあれ。
 
 今後ともご贔屓に(お手柔らかに!?)願います。m(_ _)m
 

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< ほのかと真奈美(9) | ←←← トップ画面へ戻る | ほのかと真奈美(11) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。