ブログ障害・メンテナンス情報  

               性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

<< ほのかと真奈美(5) | ←←← トップ画面へ戻る | ほのかと真奈美(7) >>
最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                              | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 ほのかと真奈美(6)


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
ほのかと真奈美(6) ほのかと真奈美(6) 美姉妹といっしょ♡ 
 
「ほのかさんの処女膜、見るよ♪」

 愛する男に軽く開いた秘裂を凝視されながら囁かれたほのかは、恥ずかしさを覚えると同時に自分にも目を向けてくれた事が何よりも嬉しかった。
 真奈美の処女膜だけで満足されたら嫌だな、せめてオレにも同じ事をしてくれないかな、と内心思っていたのだ。

「あ……♥ ほ、ほらっ! こっ、これがっ! お、お、オレの……ば、ば、ば、バージンだっ!」

 ほのかは膝を開き、腰を浮かせたものの羞恥で足が震え、身体から火が出そうになる位熱く火照ってしまう。
 そんな強がるものの純情なほのかに、周りを取り囲む晶や優、千恵に若菜、隣で一緒に横たわっている真奈美ですら思わず微笑んでしまう。
 若菜はほのかの羞恥を和らげる為に背後から両手を伸ばし、バストを下から支える様に揉みしだく。

「ひゃうっ! はぁんっ!」

 宏は可愛い声で喘ぐほのかの紅く染まった秘唇を指で摘もうとしたが処女壷から湧き出す蜜が多過ぎ、ツルツル滑って掴めない。
 そこで一旦蜜を思いっ切り啜り、改めて摘んで左右に大きく開く。

「はぅあっ! ああっ!! 宏っ、宏ぃっ!」

 宏の熱くて荒い鼻息が会陰部から菊座を撫で上げる度に、ほのかはコンコンと蜜を吹き溢してしまう。

「これが……ほのかさんの処女の証……♥」

 宏の呟きがほのかに届いた瞬間、生暖かくざらついた感触が処女孔から脊髄を駆け上がり、ほのかの性感を激しく揺さぶった。

「ああっ! な、舐めるなぁ! そ、そこは……感じるから舐めるんじゃねぇ!」

 宏は舌先を尖らせて処女孔に突っ込み、内側から外に向かって弾く様にして処女膜の感触を味わう。

「ほのかさんの処女膜、プリプリしてて、すっごく美味しいよ♪」

「いっ、言うなぁ! そ、そんな事、言うんじゃねぇよぅ!」

 顔を真っ赤に染め、でもニヤケつつ文句を言うほのか。
 自分の純潔を夫に認めて貰い、天にも昇る程嬉しかったのだ。

「ほら、ここ♪ 真ん中に指一本分の丸い穴が空いてて、皺の無いピンク色の薄い肉が膣口を綺麗に塞いでる♥」

 宏はわざと声にして処女膜の様子をみんなに教えてしまう。
 ほのかの羞恥心を煽ったのだ。
 すると晶と千恵が顔を寄せ、新たに加わった妻の処女膜を拝む。

「へ~、これが処女膜。初めて他人(ひと)のを見たわ。あたしの時はヒロにしか見せなかったからね~♪」

「うわ~~♪ ホントに膜になってるぅ♪ これが宏の熱くて堅いオチンチンで破かれるのね~♪」

 晶が感慨深気に、千恵は内腿を擦り合わせながら、ほのかの処女膜を凝視する。

「ああっ! も、もういいだろ!? 早く、早く宏と……」

 ほのかの処女壷からは止め処も無く蜜が溢れ続け、シーツは大きな染みになっている。
 宏は左手でほのかの、右手で真奈美の秘唇をV字に開くと交互に顔を寄せ、処女膜を見比べ始める。
 どちらもピンク色した肉の薄膜が宏の目を釘付けにし、ペニスはこれ以上無い位大きく反り返る。

「宏、相当興奮してるわね~♪ オチンチンがビクビク震えて先走りのおつゆが零れっ放しになってるわよ♪」

 千恵の指摘に晶が続く。

「あたし達の時は一人ずつ順番に処女を捧げたけど、今日は二人同時に戴こうとしてるんじゃない?」

「宏ちゃんのえっち♪」

「……ヒロクン、嬉しそう♪」

 若菜と優まで宏を煽る。
 みんな、さっきから身体が疼いて仕方無いのだ。
 そんな淫靡な雰囲気に真奈美も反応した。

「私も先輩の処女膜見てみたいです。今のうちに♪」

 この言葉を聞き終わらないうちに、若菜と優が行動を起こした。
 若菜はほのかを後ろから抱いたまま両手をバストからほのかの膝裏に伸ばして子供におしっこをさせる格好にする。
 優も真奈美を解放すると、興味津々の真奈美と一緒になってほのかの処女膜に視線を向ける。
 宏はみんなが見易い様に両手で秘唇を大きく左右に開いて膣口を晒す。

「あ……。あの白っぽく見える薄い粘膜みたいなモノが……処女膜? あれが……女の純潔の証……」

「……ほのかはオナニーでも膜は破らなかったみたい。その点は偉い」

 真奈美と優が処女膜談義を交わす中、ほのかが暴れ出す。

「こ、こら~~~っ! オレのバージンは見世物じゃ……うぷっ!」

 すかさず若菜の唇がほのかを黙らせる。
 舌を繰り出し、驚き、戸惑うほのかの舌を擦り上げる。

「んふん♪」

 思わず快感に鼻を鳴らしてしまうほのかだが、このまま黙ってやられっ放しになる訳が無かった。
 上体を捻って若菜の腕から抜け出すと、真奈美に向かって指を突き付けた。

「オレにもお前のバージンを見せろっ!」

 一瞬の静寂の後、晶の高笑いが部屋を満たし、その場を仕切り始めた。
 大きなベッドの中央で身長のあるほのかを仰向けにさせ、その上に真奈美が逆向きに覆い被る様に指示する。
 こうして二人の処女娘は互いに処女膜を見せ合う為にシックスナインの格好になった。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(0) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト

| 本編 | 新婚編 | 番外編 | 総目次 |

【 お寄せ戴いた御意見・御感想 】

【 御意見・御感想の投稿 】



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

<< ほのかと真奈美(5) | ←←← トップ画面へ戻る | ほのかと真奈美(7) >>

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。