ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 2016年02月


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
ララバイ(5) ララバイ(5) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
 
「優姉と二人っきりでエッチするの、物凄く久し振りな気がする」

「……うん。ボクも今、そう思ってた。ヒロクンがボクと同じ思いを抱(いだ)いてくれて嬉しい。正に、夫婦らしく阿吽の呼吸」

 頬と目尻を紅(あか)く染めつつニコリと笑い、甘えるように口付けをねだる優。
 四つ上の二十六歳とは思えない可愛らしさに、宏は情愛(と欲情)が溢れ、熱いキスで応えた――。


 宏は優の先制口撃を受け、キスされつつ全裸に剥かれたものの、暫し甘受してから攻めに転じた。
 キスを交わしながら半身となって優に覆い被さり、左腕で腕枕しつつ右手は慎ましやかな胸に宛がっていた。
 一方の優も単に受け身にならず右手を伸ばし、勃起肉を手の平に収める積極性を見せていた。

(優姉のCカップオッパイ、Aカップの飛鳥ちゃんやBカップの美優樹ちゃんと共通する美乳だもんな)

 手の平に丁度収まる膨らみが何とも言えず心地好く、軽く触れているだけでフル勃起している先端からガマン汁が噴き出しては握っている優の右手を熱く濡らしてしまう。
 優もそれが判るのか、小指の先端で汁を掬い取るとカリ首や亀頭へ丁寧に塗り込んでゆく。

「……ふふ。ヒロクンのおちんちん、灼けた鉄みたいになってる」

「うぅ、優姉の指が絡み付いて、気持ちイイ!」

 滾る男根を軽く扱かれるだけで性電気が全身を駆け巡り、より勃起力が高まって優の指を弾き返してしまう。

(こ、このままじゃ先にイかされちゃう! ならば攻め、あるのみ!)

 宏は優へのバスト攻撃とキスによる口撃を再開する。
 宛がった親指と小指だけでバストの裾野を執拗に揉んでいると、優の口から焦れたような甘い声が漏れ出て来た。

「……ん……んぁ……んはぁ……ひ、ヒロクン……ヒロクゥン……もっと……もっとシテぇ」

 瞳を潤ませ、キスの合間すら物欲しそうに唇を蠢かせる従姉が愛おしい。
 こちらの指の動きとシンクロした、鼻に掛かる喘ぎ声が何とも艶っぽい。

(年上美女が悶える声はいつ聴いても萌えるなぁ♪ 押し倒されて受けでスルのも好いけど、犯られっ放しじゃ男として、夫としての股間……じゃない! 沽券に係わるからね。時にはこうして攻めないと)

 ひとりボケ突っ込みをする時間的余裕があるのが優とのエッチだ。
 この従姉は肉食系の妻達(若菜や晶、ほのかや夏穂だ)と違い、ゆっくりとしたテンポでのエッチが好みだし、そうしてくれる事が多い。
 お陰で、誰かさんみたく勢い(欲情とも言う)に任せたエッチにならず、互いの鼓動や息遣いを指先や頬で感じながらエッチを堪能出来るのだ。
 唇をそっと外した宏は、耳まで紅(あか)くなった従姉の耳元に優しく囁く。

「いつもは三人とか四人で同時にキスしたり絡まったりするから、こうしたマンツーマンの時間は貴重だね」

「……うふふ。ヒロクンはみんなのヒロクンだもんね。……でも、今はボクだけのヒロクンだよ」

 薄く微笑み、僅かに顎を上げる優。
 宏は小さく頷き、瞳を見つめたままゆっくりと唇を重ねる。

「優姉、愛してる。物心付いてからからずっと。今も。そして未来永劫、愛してる」

「……ヒロクン、ボクも愛してる。ヒロクンが生まれた時からずっとずっと愛してる。この想いは未来永劫続いてゆく」

 最初は軽いバードキスの繰り返しだったが、今では唇を重ねている時間が格段に増えていた。
 互いに舌先で相手の唇をなぞり、数回ノックしては相手の舌先を呼び込んだり舌全体で絡め合ったりも。

「……んぁ……ヒロクン、ヒロクン♥」

「優姉……優姉♥」

(優姉、好きだ。愛してる)

 確固たる想いを籠め、静かな、しかし情熱的な舌使いで従姉の口蓋を蹂躙する。

「……んあぁ……ヒロクン、激しい……でも好きん゛ンっ!」

 しばし舌のダンスに興じていたものの鼻からの呼吸が追い付かなくなったのか、唇を外して少し荒い息継ぎをする優。

「俺も優姉が好きだ。心から愛してる」

 しかし宏は僅かな間すら惜しいとばかり、再度唇を被せてゆく。

「んぐぅん……ヒロクン……ヒロクン……」

 従姉の高まる喘ぎ声に触発され、宏は宛がっていた右手をより大胆に、しかし繊細に動かしてゆく。
 優の寝間着はいつもノーブラでタンクトップ、それにショーツだけだ。
 今は仰向けになっているのでアイボリーホワイトの薄布を緩やかに押し上げる双丘の突起も丸判りだし、股間に張り付くピンクのショーツには女の亀裂が深々と食い込んでもいる。
 しかも淫裂の周囲にはチラ見しただけでもハッキリと判る濡れ染みが拡がり、無毛の縦筋が透けてもいる。

(優姉のオマンコは後にして今はこの美乳を堪能してたい! 優姉のオッパイはいつ触れても手にフィットして気持ち好いし、タンクトップ越しなのにプニプニしてて揉み心地最高なんだよな~)

 宏はアンダーバストに手を添えたまま円を描くようヤワヤワと揉みしだき、優の喘ぎ声が高まる毎に指先も曲げて揉んでゆく。
 手の平に受ける感触はゴムのテニスボールを僅かに硬くした程度だが、指を曲げると途端に張りと弾力のあるバストに変わるから不思議だ。

(指先は弾かれるのにバスト全体は柔らかなんだよな~。肌に張りがある証拠だな。ムフ、これも女体の神秘じゃ♪)

 従姉のバストを好き勝手に弄り回し、嬉々とする宏。
 幼少期のお医者さんゴッコを彷彿とさせるシーンだ。
 しかし当時と違うのは攻めているのが宏であり、大人のキスを伴っている事だ。
 しかも優の右手には己の勃起肉が収まってもいる。

(優姉、乳首弄ってないのにビンビンに勃ってる。相当、気持ちイイみたいだ。両脚も切なそうに動かして徐々に開いても来てるし)

 本格的な前戯に至らない状態で過剰なまでの反応を示してくれるのが嬉しい。
 宏は舌を絡めつつも乳首には刺激を与えないよう、わざとバストの裾野だけを攻める。
 右胸を三回揉んだら次は左胸を三回、そして右胸に戻って三回揉んで――を延々と繰り返す。

「……あぁ、ヒロクンの指がボクのオッパイに沈んでくのが判る。……ボクの胸がヒロクンに愛されてるぅ」

 唇が離れる度に荒くなる息と熱い譫言が洩れ、宏の耳朶を心地好くくすぐる。

「愛しているのはオッパイだけじゃ無いよ。ちゃんと、こっちも愛するからね」

 揉みしだく手をゆっくりと、しかし焦らすようお腹を撫で回しながらショーツに守られたデルタゾーンへと指先を這わせてゆく。

「……んっ……ヒロクンの指先が……ボクを嬲ってる」

 指をミリ単位で動かす度に、優のなだらかな腹部がビクンビクンと波打つのが面白い。

「むふふ。相当、敏感になってるみたいだね」

「……ヒロクンに触れられてるからだよ。責任、取って」

「うん、ちゃんと取るから安心して。今じゃ無いけど」

「……へ? それはどういう意味……あぁあ! そ、そんなトコで遊ばないで」

 暗に先を促されるが、まだショーツの中へは進入しない。
 ウェストのゴムの部分を指先で左右になぞるだけだ。

(ムハハ。恥丘のプニプニした柔らかさや緩い膨らみ具合が堪らん♪)

 優のショーツはスキャンティに近いローライズなので腰ゴムが恥丘に掛かっているのだ。

「……ヒロクン、ヒロクン! そ、そろそろヒロクンも我慢出来無くなってるんじゃない? さっきよりカッチカチになってる。ボクが鎮めてあげるから、早く先に進むといい」

 指先と横目で従姉の恥丘観察を続けていたら、好い加減焦れたのか腰を揺すって懇願して来た。

「優姉、欲しいの?」

 知らん振りして、敢えて聞いてみる。

「……欲しいに決まってる。だからこうして相互愛撫してる。……ヒロクンの、意地悪」

 拗ねたように頬を膨らませ、抗議するよう男根を強く握る優だったが、すぐに元の笑みを取り戻した。

「……ボクはヒロクンのお嫁さん、なのだから抱いて欲しいし、抱きたい時もある」

 お嫁さんの部分で頬を赤らめ、僅かに瞳を潤ませる従姉が愛らしい。
 しかも、腰を浮かせて手に股間を押し付け、握った肉槍を大きく扱いて催促するギャップに萌えてしまう。

「判った。優姉の催促には応えないと」

 ニヤニヤ笑いながら腰を突き出し、男根の先端で太腿を数回、突(つつ)いてやると。

「……む゛~、今日のヒロクン、意地悪過ぎ」

「い゛っ!? い゛、痛たたたたっ!」

 潤んだ瞳で睨まれ、しかもあらぬ方向へ竿を捻られてしまった。


     ☆     ☆     ☆


(あぁ……ヒロクンと……ひとつになってる! ヒロクンとゼロ距離になってるっ)

 両腕を宏の胴に巻き付け、両脚を宏の腰に巻き付けた優は、顔も宏の首筋に押し付けていた。

(こうして肌を密着させていると俗世を忘れ、すごく落ち着く。いつまでもこうしていたい)

 トクントクンと胸に感じる鼓動と、ビクンビクンと膣内(なか)を押し広げる肉棒の脈動がシンクロし、自分が女である事を思い出させてくれる。

「……ヒロクン、大好き。愛してる」

 溢れる想いが口から零れ、従弟の頬を濡らすまでの涙が零れてしまう。

「ゆ、優姉? どうしたの?」

 いきなり感情が昂ぶったものだから従弟が腰の動きを止め、顔も離してしまった。
 ボクは目を丸くする歳下の夫の頬にそっと手を添え、優しく撫でながら心配無いと微笑む。

(ヒロクンに泣き顔は見せたく無い。ヒロクンには常に笑顔を向けていたいから)

 幼い頃に、この従弟への恋心を抱いた時に決意したのだから。

「……ヒロクンとひとつになれる嬉しさと、ヒロクンへの愛おしさで感情が溢れてしまった。気にしなくて好い」

「そう? なら好いけど……」

 納得出来無いらしく、歯切れが悪い。
 しかし、そんな訝かしむ視線すら心地好く感じるのだから、ボクも相当な親バカならぬ姉バカなのかもしれない。

(ヒロクンから見つめられるだけで心が弾み、子宮が下りて陰部が火照る。これはもう強烈な媚薬レベル)

 本人が聞いたら卒倒しそうだが、実際そうなのだから仕方が無い。

(ボクが女子高生の頃は、中坊だったヒロクンの傍にいるだけで発情してた。なにせ陸上部で大汗掻いて、その匂いが強烈なフェロモンみたく作用したからね。今もヒロクンの汗の匂いや体臭を感じただけで濡れる時があるし)

 宏の汗ばんだ首筋に顔を埋め、無意識に深呼吸する優。

(あぁ……この匂いだけでご飯三杯どんぶりでイケる)

 鼻の奥で嗅ぎ取る愛しき男性(ひと)の匂いに情欲が掻き立てられ、子宮が疼いて仕方が無い。
 なれば、今は愛しき男性(ひと)との逢瀬を存分に堪能するとしよう。

「……ヒロクン、もう動いて好い。ボクを攻めて……もっと啼かせて欲しい。そして熱い想いを存分に注いで欲しい」

「ん」

 夫も判ったとばかり熱い口付けを交わし、抽挿を再開する。
 スローテンポのまま三浅一深を繰り返し、決して絶頂(エクスタシー)を急がない。
 互いの温もりを直に感じ、肌と肌、心と心の触れ合いを重視したセックスだ。

(ヒロクン、ボクの気持ち判ってくれてる。ボクもずっとこうしてヒロクンと触れ合っていたい)

(膣奥(おく)を突かれる度に甘い声が漏れ、全身に性電気が走って意識が飛びそうになる)

 そう意識した所為か、従弟のストロークが速く、そして長くなった。
 カリ首から根本までをフルに使い、膣口から子宮口への総攻撃だ。
 部屋に響く粘着質な水音が大きく聞こえ、互いの荒い息が昂ぶりを示してゆく。

(ひ、ヒロクン、射精(だ)したがってる。亀頭が膨らんで、膣内(なか)でビクビク脈打ってる。ならば、このまま快楽に身を任せて飛んでしまうのも一興――)

「――はぁん♥ あん、あぁ! あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あぁ~~~~っ!」

 従弟の恥丘が無毛の亀裂から飛び出た淫核を擦り上げる度に目の前が真っ白になり、抽挿の度に翻弄されるラヴィアからの快感が思考を狂わせる。
 絶え間無く喘ぎ声が洩れ、涎が垂れてしまっているのが、微かな理性で判る。

(き、気持ち好過ぎて意識を保ってられないっ! こ、このまま――あぁあっ!)

 優は愛する男性(ひと)に抱かれる心地好さと痺れるような快感に身を委ねた――。


     ☆     ☆     ☆


「お。ぼちぼち日付が替わる頃か。ってコトは、エッチ始めてもう二時間経ったのか」

 壁時計にチラリと目をやり、布団に仰向けの宏は誰に言うともなく呟く。

「複数とエッチするよか内容が濃くなるよなぁ。ま、ひとりに集中するから当たり前っちゃ当たり前だけど」

 すると、正座したまま勃起肉を喉奥深くまで咥えていた優(お掃除フェラ真っ最中なのだ)がゆっくりと上体を起こし、甘い声を漏らした。

「……ヒロクンと有意義な時間を過ごせた。当然、これからも永遠と続く。……チュッ♥」

「俺もだよ、優姉」

 両手で捧げ持った肉槍の先端にキスし、あどけない笑みを返した優の顔はとても幸せそうに見えた――。



 互いに何度目かの絶頂を極めた後、宏はひと休みとばかり後戯に甘んじていた。

「……ボクがヒロクンを綺麗にする。ヒロクンは何もしないで寝てて好い」

 優が仰向けで寝るよう指示し、腰をふらつかせつつ何とか腰の横で正座すると愛液と精液に塗れた男根をパクリと咥えたのだ。
 竿の根本から先端へ舌先を這わせ、亀頭を咥えると鈴口を吸引しつつ舌でカリ首を何度も舐め回し、唇を窄めてゆっくりと竿を離す。
 そして今度は先端からゆっくりと呑み込むと喉奥で亀頭を何度も擦り、締め上げても来る。
 同時に舌で裏筋を強くなぞり、吸い上げる事も忘れない。

「……ん、尿道にまだ精液、いっぱい残ってる。勿体無いからボクが全て戴く」

「ゆ、優姉……」

 竿を握りつつ目元を紅(あか)くした従姉に見つめられると、落ち着いていた宏の鼓動が再び上昇に転じる。

「……ふふ、まだまだ元気♥ あ~ん、んぐ、んぐ、んぐぅ、んふ、ん、ん、ん、んふぅ~~~~」

 竿を咥える口元が抽挿の度にゆっくりと伸び縮みし、下腹部に熱い鼻息が何度も掛かる。
 宏は両手を頭の下で組み、首をもたげた姿勢なので優の横顔や口元が丸見えなのだ。

(優姉ってば、お掃除フェラじゃなくて完全に愛撫になってら)

 フェラチオされていると視覚が強く訴え、男根からの性電気が光の速さで全身を駆け巡る。

(こんなに愛おしげにしゃぶられたら堪らんって)

 勃起肉を大きく震わせた宏は、正座している優の太腿に手を載せ、ゆったりと撫でさすりながら、

「そんじゃ優姉、シックスナインしよ。俺も優姉のオマンコ舐めて綺麗にして上げる」

 と誘ったが、意外にも優は静かに顔を左右に振り、

「……精液(これ)はヒロクンがボクにくれた大切なモノだから全て胎内に収めておく。ヒロクンは何もしなくて好い。むしろ、このまま勃たせておいてくれた方が舐めやすいし、ボクも嬉しい。……はぐはぐ♪」

 口から竿を出し、やんわりと断られてしまった。
 どうやら、今はこうしてペニスを頬張っていたいらしい。

(ま、いっか。優姉がそうしたいなら任せるか)

 宏は優の口唇愛撫に身を任せ、プルプルと揺れ動く美乳を眺めつつ今に至る。



「優姉。俺もずっと優姉と有意義で人も羨むイチャラブエッチ、続けたい。優姉と一緒に人生歩きたい」

「……ヒロクン、贅沢。でも、ボクもそう思ってるし、そうさせるから安心して好い。……はぐはぐ」

 従姉の愛情溢れる口唇愛撫に、肉棒に力が籠もる。

「……ヒロクン、今、おちんちんが口の中で更に太く、膨らんだ。もしかして、まだシ足りない? 抜かずの五連発、バッチリ決めたのに?」

「あ、あははは……。お恥ずかしながら、ちっとも衰え無いんだ。まだまだ優姉とエッチ……セックス、したい」

 従姉から指摘されるまでも無く、結婚後は何度射精(だ)しても衰え知らずなのだ。
 お屋敷の料理長たる若菜と副料理長の千恵の計らいで精力の付く料理を毎日摂っているお陰もあるが、娶った妻全員が美女揃いなのも一因だろう。

(なにせ、スーパーモデル体型やら大和撫子やら金髪碧眼ハーフ美女やら後輩やらゴスロリツインテール美少女やら熟女やら選り取り見取りだもん。これで勃た無い訳、無いじゃん)

 しかも多くの場合、妻と交わった後に後戯や愛情の意味で尻を撫でていると指先がべっとり濡れる時がある。
 妻達の発情(欲情?)が収まっていないのだ。

(こうして、フェラしてる優姉も昂ぶっているのか、尻の割れ目に指を這わせると挿入可能なまで潤ってるのが判るもん。俺もギンギンに勃ってるし、このまま再戦してもおかしくは無いよなぁ)

 完全にソノ気になった宏は肉棒で優の喉奥をノックし、結合したいと持ち掛ける。
 すると。

「……あん。ヒロクン、まだまだ元気♪ ボクもヒロクンが欲しい」

「優姉……」

 従姉の承諾を得た宏は、ゆっくりと上体を起こし掛けたら。
 竿を握ったままの優がニコリと笑い、そして曰(のたま)った。

「……フフ。即尺、即ベッド。ヒロクンは二十四時間『即即』状態」

「へっ!?」

(な゛、何だってっ!?)

 これには宏の動きがピタリと止まる。

「優姉、いったいドコでそんな言葉、覚えたの?」

「……むふふ、内緒。女には秘密がいっぱいある」

 可笑しそうに瞳を細めるその顔が(悔しいかな)愛らしい。
 宏は立場上、それとなく注意する。

「優姉、ネットトレードの合間に息抜きだからって変なサイト、見ないでね」

「……日本のアダルトサイトはワンパターンでつまらないから見て無い」

「優姉、飛鳥ちゃんのレディコミ、読まない方が好いと思うよ?」

「……………………善処する」

 微妙な間が空き、照れ笑い(?)を浮かべつつ視線を逸らす優。

(やれやれ。ここにもレディコミ中毒者が潜んでいたのか。屋敷で何人目だ? 確か――)

 心の中で苦笑するも、軽口を叩き合って満足したのか竿を握ったまま優の美顔が近付いて来た。
 見つめ合う視線が絡まり、宏の思考は中断される。
 唇が重なり、そのまま宏は押し倒される。
 竿がゆっくりと扱かれ、優が腰に跨り何回戦目かの夫婦和合が始まろうかとした、その時。

「そこまで! 今度はあたしの番よ!」

 鋭い声と共に、スパ――ン! と襖が勢い好く、開け放たれた。
 それは、まるで時代劇に登場するお奉行様(否、絶対に悪代官だ)が登場するシーンみたいで。

「な゛っ!? なんだぁっ!?」

「……………………チッ!」

 目を丸くする宏の上で、端整な美顔を歪め大きく舌打ちしたのは優だ。
 どうやらひと声聞いただけで乱入者の正体が即座に判ったらしい。

「あ、晶姉! それに――」

 襖の前――つまり廊下で仁王立ちしていたのは筆頭妻の晶だった。
 黒のネグリジェを纏っているものの、遠目でも白い肌の肌理細かさが判る程の透け透け具合なのでブラとショーツを着けていないのが丸判りだ。
 しかもよくよく見ると、濡れ光る筋状のものが内腿から膝下まで伸び、部屋の灯りに煌めいている。
 どうやら長時間、廊下で中の様子を覗っていたらしい。
 そして廊下に陣取っていたのは筆頭妻だけでは無かった。

「ほのかさんも! で、若姉も一緒にナニしてんの?」

 晶の両隣には切れ長の瞳を爛々と輝かせ涎を垂らした(オマエは犬かと千恵に突っ込まれていた)若菜と、碧眼を潤ませタンクトップごと胸を鷲掴みにしスキャンティに手を突っ込んでいるほのかのあられも無い姿があった。

「ほのかさん、若姉、寒くなかった? いくら廊下にも弱い暖房効いてるとは言え、その格好じゃ寒かったでしょ」

 波打つ金髪を腰まで伸ばしたほのかは白のタンクトップと同色のスキャンティを纏い、ハーフ美女ならではの肢体を誇示しているが、見るからに寒そうだ。

「オレはこの程度の気温なら平気だぜ。何たってスウェーデンで生まれ育ったから寒さには強いぜ」

 股間から手を抜き、サムズアップと碧眼のウィンクで応えるほのか。
 立てた親指が湯気を立てヌラヌラと銀色に光っているのは……気の所為ではあるまい。
 事実、スキャンティのクロッチには濡れ染みが笹の葉状に拡がり、中央には女を示す縦筋がクッキリと刻まれてもいるのだから。

「私も平気だよ~。何たって、宏ちゃんと優姉さんの熱々ラブラブエッチ見てて、身体が火照ってるも~ん」

 堂々と覗き宣言したのは腰まで届く漆黒のストレートヘアが自慢の若菜だ。
 百七十五センチの長身に紫色のロングTシャツだけを纏い、ニコニコ顔で立っていた。
 しかも裾が短いので無毛の淫裂の端がチラチラと垣間見え、より扇情的な色っぽさを煽って来る。

「って、夏穂先生もいたんですか? しかも――」

 そして若菜の背後から姿を現したのは、女教師君臨とばかり(実際、現役の女子高教諭なのだ)白の長袖ブラウスに黒のタイトスカート、長い脚にはガーターベルトを纏った夏穂だった。
 しかも、よくよく見ると恩師の手には指し棒まで装備されているではないか。

「何でコスプレ?」

 優を腰に載せたまま思わず声を上げ、指差す宏に、

「こ、コスプレとは何よ、失礼ね! これはれっきとしたウチの正装よ! 普段の制服じゃないっ!」

 肩を覆うセミロングの黒髪を振り乱し、眉尻を逆立てる夏穂の突っ込み。
 どうやら本人は至って正常な考え(?)で乱入に加わったらしいが、肝心な夫から否定的な言葉を受けてかなりご不満らしい。
 と、廊下の一番奥で控えていた千恵が「正装? 制服着て宏を征服に来た?」などと曰(のたま)うではないか。

「「「「「……………………」」」」」

 これには一同唖然とし、それまで優の部屋に満ちていた淫靡で甘い空気が一瞬で薙ぎ払われてしまった。

「ち、千恵姉……いたなら、みんなを止めてよ」

 脱力した宏の言葉に、千恵は妹(若菜だ)と魔神(晶だ)にチラリと目を向け、ヒョイと肩を竦める。

「止められるモンならとっくに止めてるし、一応、止めはしたわよ――って、あぁっ!? い、今のはナシ! 間違い! 無かったコトにして!」

 場の空気にやっと気付いたのか、千恵は両手をブン回し、頭も左右に大きく振り始めた。
 今更手遅れと言う気もするが、漂う冷めた空気に罪悪感(?)を受けたのかもしれない。
 頭の高い位置で結った黒のリボンと腰に届くポニーテールが激しく揺れている。

「それにしても、千恵姉もたまにはボケるんだね。久し振り……ってか、なんか新鮮~」

 宏は軽く笑うが、晶や優、ほのかは千恵のボケに目が点になって未だ固まっている。
 ただひとり、若菜だけは真っ赤になって俯く姉(千恵は若菜の双子の姉なのだ)に大はしゃぎしていたが。
 そんなこんなで場の空気が間延びし始めた、その時。

「……みんなして何しに来た? 今はボクとヒロクンの時間。即刻出てって」

 地の底から響くようなおどろおどろしい低い声が部屋に響き、緩んだ空気を一掃した。
 それはまるで、一瞬で北極に瞬間移動したかと思う程に。

「優姉?」

 宏が見上げる先には。

(うわっ!? ゆ、優姉、メチャ怒ってる!)

 切れ長の瞳を目一杯吊り上げ、眉根には深い皺が何本も刻まれ、こめかみには見て判る程の青筋がいくつも浮き出ていた。
 頬と目尻はヒク付き、胸の上に置かれた手が両方とも硬く握られ、わなわなと震えてもいる。
 その余りに険しく怒りに満ちた顔は流石、大魔神・晶の双子の妹だけあって好く似ている。
 もっとも、甘い雰囲気をぶち壊された優にしてみれば千恵のボケに付き合う気分では無いのかもしれない。

「……今宵はボクとヒロクンだけの筈。如何なる理由があろうと邪魔する権利は誰にも無い」

 低い声で言い放つ言葉の端々に鋭い棘があるのが、その証拠だ。
 他の奥さんに対し、ここまで怒りを露わにする従姉は非常に珍しい――と言うか、初めてだ。

「あの、優姉? まずは落ち着こう。ね!」

 挿入寸前でお預けにされた優にしてみれば、身内と言えど赦せないのだろう。
 宏は即座に上体を起こし、幼な子をあやすよう、そっと抱き締める。
 傍から見れば挿入直前の、対面座位だ。
 宏は優の顔がみんなに見えないよう、自分の頬を密着させた。

「……ヒロクン?」

「優姉はそのまま握ってて」

 言いつつ、宏は優の腰を両手で持ち、肉棒の先端が優の濡れた膣口に合わさるよう微調整する。
 そしてそのまま腰を下ろさせ、合体を完了させた。

(万の言葉よか、ひとつの事実だもんね)

「優姉。今、俺と繋がってるのは優姉だから。優姉だけだから」

 ギャラリー(?)に聞かれぬよう耳元で囁き、今尚硬さを維持する肉槍で膣奥(おく)を軽く突(つつ)いて健在振りをアピールする。
 すると、強張っていた優の肢体と表情がスッと和らいだ。

「……ん、ヒロクンがそう言うなら」

「ありがと、優姉。みんなには俺がキチンとキッチリ言い聞かせるから」

「……んん……わ、判った。判ったからヒロクン、もっと激しくして欲しい」

 熱い鼻息を盛大に漏らし、耳元で喘ぐ従姉が色っぽい。
 抱き締める肢体は熱を帯び、手の平サイズだけど弾力のあるバストが胸に当たって勃起力を高めてくれる。
 宏は挿入後、臼を引くようずっと子宮口を擦り上げていたのだ。

(優姉、すっかり機嫌が直った。好かった好かった)

 夫として、そして男として役目を果たし、満足して顔を上げたら。

「ヒロ? 誰が誰をキッチリ言い聞かせるってぇ? あたしを無視してコトを進めてンのは、どこの誰だぁ?」

「ひっ!」

 優の顔のすぐ横に、こちらも地の底からとしか思えない低い声でドスを効かせ、すごむ筆頭妻の顔があった。
 切れ長の瞳を血走らせ、眉を吊り上げ眉間にはグランドキャニオンも真っ青な渓谷が何本も刻まれている。
 この顔を見た瞬間、宏は氷水を浴びせられたかのように背筋が凍り、身体全体が竦み上がってしまった。
 オマケに、長年の習慣(条件反射とも言う)が宏を突き動かした。

「は、はいっ! す、スミマセンでしたっ! 俺が悪うゴザイマシタっ!」

 顔を引き攣らせ、優を抱いたまま平身低頭する宏。
 当然(?)、ギンギンに滾っていた肉棒が破裂した風船の如く一瞬で萎み、優の膣内(なか)からニュルンと抜け落ちてしまった。
 しかも、平常時より小さく縮み上がった姿で。
 これには。

「……ひ、ひ、ひ、ヒロクンッ!!」

 今度こそこめかみの血管を何本か切らし、吊り上がった涙目で悲痛な叫び声を上げる優にポカポカと胸を叩かれ、

「キャハハハハ! 宏ちゃん、情け無い~。晶姉さんのひと睨みで萎んでる~! 証拠に撮っておこうっと♪」

 若菜からは指を指されて大笑いされ(しかも新調した4Kカメラで動画撮影されてしまった)、

「ひ、宏……ソレ、残酷過ぎ。優に誠心誠意、謝っとけよ」

 長く伸ばした波打つ金髪が乱れるのも構わず頭をボリボリ掻き、細い眉を八の字に下げたほのかから諭され、

「宏クン、それって優ちゃんに対する焦らしプレイ? でも、間違ってもウチにはしないでね」

 顔は笑っているけど切れ長の瞳はこれ以上無い位に本気(マジ)な夏穂から釘(しかも五寸釘)を刺され、

「宏。同情はするけど自業自得って気がするのは、あたいだけ……かな?」

 苦笑いされ、肩をポンポン叩かれるも顔を背けて目を合わせてくれない千恵(プルプル震え、笑いを必死に堪えているように見えるのは気の所為だと思いたい)。
 そして止(とど)めとばかり、

「ヒロ……。アンタ、夫としてしてはいけないコト、したわね? これはもう極刑ものね。家族会議に掛けないと」

 何してんのアンタ、とばかり蔑む視線を向け、突き放す筆頭妻の晶。
 自分が全ての原因だとは露程も思っていない、したり顔を見せるから始末が悪い。

「そ、そんなぁ~」

 四面楚歌で泣き声を上げる宏に。

「……ヒロクンの、バカ。もう知らない」

 涙目の優から淡々と呟かれ、しかも背中を思いっ切り両手で抓られる宏だった――。


                                            (つづく)

 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方はクリックをお願いします♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(6) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト
ララバイ(6) ララバイ(6) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
 
 お屋敷最年長妻――多恵子(三十八歳)のご懐妊を機に、宏達の生活は徐々にだが確実に変わりつつあった。


     ☆     ☆     ☆


 屋敷で留守を預かる若き主婦達(若菜、千恵、真奈美、優)は、それぞれの役割に、より真剣に向き合っていた。
 十一人の胃袋を預かる料理長の若菜(二十四歳)は、

「宏ちゃんは勿論、多恵子さんにも、い~~~~っぱい、栄養摂って貰わないとね~。なにせ、もうひとり分の栄養、必要だもんね~」

 腰まで真っ直ぐ届く濡れ羽色の髪を首の後ろで纏めると気合いを入れ、夫であり主(あるじ)である宏の食事(昼食用の弁当含む)は勿論、身重となった多恵子へ滋養強壮効果のある食材を優先的に回すようになった。

「あたいも、うかうかしてられないわね。もっと住み良い環境を作り上げなきゃ。生まれ来る赤ちゃんの為にも! 先ずは脆弱な部分の洗い出しね!」

 若菜の双子の姉、千恵は妹を補佐しつつ屋敷の生活環境改善により力を入れていた。
 各部屋は勿論、リビングや廊下、トイレや納戸に至るまで温度や湿度、衛生面により一層目を配り、カビや害虫(特に黒いアレ!)の発生を抑えたり殲滅したりする等、尻を撫でるロングポニーテールを軽やかに弾ませつつ屋敷内を縦横無尽に駆け回っている。

「私も、多恵子さんやみんなの為に何かお役に立てないかしら? ……そうだ!」

 背中の半分を覆う漆黒のストレートヘアと少し垂れ目がちな美顔と相まって癒し系美女と謳われる真奈美(二十五歳)は一念発起し、管理栄養士を目指して勉強を始めた。
 順調に行けば、四年後には晴れて国家資格を得る事となる。
 本人曰(いわ)く、

「宏君や、近い将来生まれて来る赤ちゃん達の為にも、微力ながら力になりたいもの」

 との由。
 当面は若菜や千恵を手伝いつつ優に付いて基礎学力をおさらいし、来たる十月に飛鳥と美優樹の通う総合女子大の栄養学部への入学を目指している。


 そして一家の大蔵大臣、優(二十六歳)は。

「……ふむ、ボクには何が出来るのだろう? お屋敷の専属栄養士を目指す真奈美やお屋敷の管理人たる千恵さん、総料理長の若菜さんと違ってボクには何の取り柄も無い。せいぜい、お屋敷の財政管理や株や為替で得た利益を各人に分配する位しか出来無い」

 普段はクールで物静かな優だが珍しく眉根を寄せ、口をへの字にして焦りの色を滲ませていた。
 シャギーにしたショートヘアを小さく揺らし、視線も落ち着き無く彷徨っている。

「……ヒロクンからの頼み事は順調に終わらせたけど、その後が続かない。ボクは……みんなの為に何をすれば好いのだろう。ボクには……何が出来るのだろう。こんな事、今まで考えた事も無かった。家事だって未だ千恵さんや真奈美の指示に従う事しか出来無いし」

 自室に籠もり、デスクトップパソコンで為替レートや株価をチェックするも、頭の中は己の今後で一杯だ。
 乱高下する株価グラフなど普段なら目の色を変えて追うが、今はそれすら目に入って来ない。
 今までは宏の為だけに、宏の喜ぶ顔を見たいが為だけに宏の財産を殖やして来たが、今後はそうも言っていられないだろう。

「……こうなると、如何にボクは偏った才能しか持ち合わせていないのが好く判る」

 そもそも、いくら結婚しているとは言え、金儲けだけに特化した女など世間では主婦とは呼ばないだろう。

「……ヒロクンの奥さんになって浮かれていた自分が恥ずかしい」

 そう考えたら気分が途端に落ち込んでしまった。

「……今度はボクからヒロクンに人生相談、してみようかな。最近のヒロクン、以前と比べて格段に逞しく、頼り甲斐のある男性(ひと)に成長した。なれば、何かしらのヒントを与えてくれる可能性が非常に高い」

 ――今までは従弟から頼られる事が遥かに多かったが、これからは従弟を頼る事が多くなるかもしれない――。

 そんな想いに、憂いていた優の頬がほんのりと紅(あか)く染まるのだった。


     ☆     ☆     ☆


 一方。
 宏の後輩たる飛鳥(二十歳)と、その妹、美優樹(十七歳)の女子大生コンビは共に将来を見据えるようになった。
 三歳違いにも係わらず、外見は鏡に映したような二人は今日も元気溌溂だ。

「ねぇ美優樹。私達、今度の十月でいよいよ三年生よ。宏先輩のお屋敷に来た当初はまだ入学したてだったのに、何だか月日が経つのが早いわね」

 飛鳥はリビングで美優樹と向かい合い、レポート作成中の休息タイムなのだ。
 ソファーの背もたれに頭と背中をすっかりと預け、ミニスカートが捲れるのも厭わず黒のサイハイソックスに包まれた両脚を前方に投げ出した、だらけ切った姿勢だ。

「そうね、もう二年近くになるのね。その間、宏さんには何かとお世話になりっぱなしね。同居を許して貰ったり奥さんにして戴けたりと、幸せな毎日だけど。けどね、お姉ちゃん。そんなに浮かれてて、好いの?」

 姉と同じ栗色の髪――腰に届くツインテールを傾け、瞳を細めて姉と同じ声質――鈴のように澄んだ声で質す美優樹。
 こちらは背筋を伸ばし、黒ストッキングに包まれた爪先もキチンと揃えた礼儀正しい姿勢だ。
 普段着でもある黒のゴスロリドレスを今日も着込み、頭に載せた黒のヘッドドレスと相まって美少女振りが際立っている。

「ん? 何よ、そんな蔑むようなジト目で見て。わたしゃアンタの姉よ? もっと敬いなさい」

 頭をもたげ、妹の無調法を窘める飛鳥。

「好いの? そんな大口叩いて」

「な゛、何よ、その見下した口調はっ!?」

 穏やかならぬ妹に、上体を起こして対峙する飛鳥。

「三年生になるって言っても、お姉ちゃんが無事に進級出来ればの話でしょ? 美優樹はもう必要な単位、全て習得済みだから黙ってても進級が決定してるもの」

「あ! きったない! いつの間に自分だけズルいっ!」

 妹の抜け駆け(?)に、頭に血が一気に昇る飛鳥。
 突き付ける指先が細かく震えているのは――怒りの所為だけでは無い筈だ。

「お姉ちゃん、必要な単位、あと幾つ?」

「う゛っ!? ……三つよ」

「み、三つ!? 教授会による進級審査までに全て習得出来るの? ひとつでも取りこぼしたら即、留年よ? 二つ落としたら即、退学よ!? ホントに大丈夫なの?」

「う゛ぅ……ど、努力するわよっ」

 それまでヒートアップしていた脳ミソが急速に冷めたのは――おそらくは気の所為だろう。

「努力、ねぇ。徒労に終わらなければ好いケド」

「な゛っ!? 何よ、その憐れむような目はっ!? 妹だからって承知しないわよっ!?」

 徐々に雲行きが怪しくなったのを自覚している分、言い返す言葉に力が無いのが判る。
 それでも姉としての威厳を何とか維持するべく虚勢を張るも。

「留年したらお姉ちゃん、新学期から美優樹を『先輩』と呼ぶ可能性が多大にあるのよ? 判ってる?」

「げっ! そ、それは……っ!」

 しかし妹からシビアな現実を突き付けられ、己の足元――アイデンティティが少々(かなり!)危うくなって来た。

「今頃気付いたの? 呆れて物も言えないわ――って、絶句して顔面蒼白となる位なら、今からでも進級の可能性を高めてよ。美優樹も協力するから」

「う゛っ!? と、飛び級した妹に進級を手伝って貰うなんて、姉としての立場が――」

「人様からの体裁を今更繕ってどうするの? 妹を先輩と呼ぶ方がもっと立場悪くなるでしょ?」

「う゛ぅ……」

「お姉ちゃん。涙目になって俯いても事態は解決しないの。お姉ちゃんが成すべきは、この大学(がっこう)をきちんと卒業する事よ? ホントに判ってる? こればかりはお姉ちゃん自身でしか解決出来無いのよ?」

「う゛ぅぅ……判ってるわよぉ! だから苦労してんじゃないっ!」

「髪を逆立ててまで逆ギレしないでよ。美優樹だってこんな事言うの、正直、辛いんだから」

「なら、もう少し言いようが――」

「だったら四の五の言う前に進級の最低ラインである『Dマイナス』をキープして! お姉ちゃんの脳ミソのキャパシティじゃ、どのみちAは元よりCランクすら無理なんだから」

「う゛ぅぅぅ……言い返せない自分が悔しい」

「お姉ちゃんだってとっくに知ってるでしょ? 新学期からは管理栄養士を目指す真奈美さんが私達の大学(がっこう)に通い始めるかもしれないって。二回留年したら真奈美さんと同学年よ? それでも好いのなら、好きにすれば好いわ」

「え~ん! み、美優樹様、見捨てないでぇ! 今から勉強教えて下さい~~~~っ!!」

「お、お姉ちゃん! 泣きすがる位なら一夜漬けなんかしないでよ、全くもう! ホント、人は理性の箍が外れると、こんなにも無残で惨めになるのね。好い勉強になったわ」

「だ、誰が無残じゃ! 誰が惨めじゃ! そこへ直れ! 斬り捨ててくれるわっ!」

「あ、立ち直った。でもね、お姉ちゃん。美優樹は美優樹で航空機設計の道を歩んで行くから。美優樹、既にとある航空機メーカーからオファー、来てるし。ホラ、いつだったかコンペで優勝したでしょ? それが認められたの。だから美優樹、大学(がっこう)に通いながらそれを受けようと考えてるの」

「げっ!? す、既に就活すら終えてるのか、コイツはっ!? それに引き換え、進級も危うい私って……」

 何やら、足元から地面が崩れていく感覚がするのは――もはや気の所為では無いだろう。

「ま、いざとなったらお姉ちゃんひとり位、美優樹が養って上げる。美優樹達だって、いつまでも宏さんにおんぶにだっこ、したままじゃいけないと思うし、お互い、社会的にも自立しないと」

「……………………ぐっすん(コクコク)」

 今日も今日とて飛鳥と美優樹姉妹は健在だった。


     ☆     ☆     ☆


 そして飛鳥と美優樹の叔母である夏穂は。

「宏クンも親としての自覚が出て来たみたいね。やっぱ、子供が出来ると人生観が変わるものね。毎日、仕事に打ち込んじゃって……働く男の姿は格好好いわねぇ。それが愛しき宏クンなら尚更だわ♥」

 高校の教諭として何人もの卒業生を送り出した経験を持つ夏穂も、教え子であり夫でもある宏の変わり様に目を見張っていた。
 団欒後に自室に戻るや高校の卒業アルバムを引っ張り出し、肩を覆うセミロングの黒髪を揺らして夫の成長振りを手放しで喜んでいた。

「宏クンが父親、かぁ。少し前まで高校生だったのに、刻(とき)の経つのは早いわねぇ」

 黒の学ランを纏い、教室で談笑している写真を眺めつつ、かつての宏に想いを馳せる夏穂。
 とは言え、宏の卒業から四年しか経っていないのだ。
 しみじみするには、まだ早過ぎるだろう。

「姉さんの次に身籠もるのは誰かしら? 年齢順ならウチだけど……どうなのかしら?」

 自身はまだまだ二十代前半のつもりだが、肉体年齢は姉と同じく三十路を優に越えている。
 出産に伴うリスクを考慮すれば、早い内に妊娠する事に越したことは無い。

「でも、ウチが子を宿し、母親になるなんて……ねぇ。宏クンの奥さんになる事に夢中だったから、イマイチ実感が湧かないのよねぇ」

 あと数年は宏との新婚生活を謳歌したいが、年齢と言う壁(リスク)があるのは変わりない。
 余りノンビリとしていられないだろう。

「せめて、三十五まではイチャイチャしたかったなー。でもウチが嫁入りしたのは三十過ぎてたから、仕方無いわよねぇ。ウチも三十二になったばかりだし」

 そう思うと、若くして嫁入りしたかつての教え子だった晶や優、千恵に若菜が(少し……否、かなり)羨ましくなる。
 何せ、彼女たち双子姉妹はまだ二十六歳と二十四歳なのだから。

「ウチが妊娠したら……世の中、どーなるのかしら? ムフフフ……グフフフフッ……あ~はっはっはっ!」

 空き缶が多数散らばる自室で缶ビール片手に妄想を膨らませる夏穂だった――。


     ☆     ☆     ☆


 そして、宏の勤める会社に直接関わる晶とほのかは――。

「ほのか。この日とこの日、そしてここの日にも日帰りのフライト組んだから、ヒロを連れて実機訓練して来て。今は少しでも経験値上げに努めるのよ! そして一日でも早くレベルアップ繰り返してマスターレベルを目指すのよ!」

 二十六歳の晶は飛行業務部の部長として関係各所に日々、目を光らせていた。
 外資系企業が親会社だけあって、グループ企業各社の重役達の国内外への出張プランに事欠かないのだ。
 お陰で(?)、従弟である夫の業務経験値上げに妻として多大な貢献が出来ると言うモノだ。

「むふふ♪ これでヒロからの信頼度も上がって、あたしに対する評価もうなぎ登り……ぐへへへ♪」

 右手でじゅるりと涎を啜る晶だが、三十二インチモニターに映る金髪碧眼美女はげんなりとしていた。
 晶は、ほのかと宏が勤める羽田事務所とネットミーティングの真っ最中なのだ。
 話し相手はいわずもがな、五人の機長(キャプテン)を束ねるチーフキャプテンたる、ほのかだ。
 ほのかは二十六歳にして羽田事務所では所長、副部長に次ぐ重鎮(?)でもある。

『ったく、部長とは思えん、だらけた顔だな、おい。そもそも、経験値とかレベルアップって、宏はロールプレイングゲームの主人公キャラかっ!』

 画面の向こうで手刀を横に斬るほのかだが、当然ながらこちらは痛くも痒くも無い。
 むしろスピーカーから響く、突っ込むほのかの罵声(?)が心地好く聞こえるから不思議だ。

「それだけヒロの仕事振りが評判になってるってコトよ♪ 夫を同じくする妻として鼻が高いのはお互い様でしょ?」

 気分好く、返す言葉も軽やかに、そして笑顔にもなる。

『そ、それはそうだけどよ。だからって、仮想世界(ゲーム)と現実世界(リアル)を混同するのは――』

「あら? 一緒に飛ばないなら、あたしが丸の内事務所にヒロを呼んで手取り足取り腰取り直々に指導するケド、それで好いのね?」

『けっ! 誰がオマエなんかに宏を渡すモノか! 宏はオレが直々に面倒見るから晶は引っ込んでな! 第一、そっちはそっちで事務仕事、かなり溜まってんだろ? 詩織(しおり)ちゃんが泣いてたぜ。部長たる晶が業務そっちのけで旦那様に掛かりっ切りになってる、って。事務(フロント)を預かる責任者が公私混同はマズイだろ?』

 ウェブカメラに顔を寄せたのか、眉間に皺の寄った美顔がモニターに大写しになった。

「ぐっ!? うぅぅぅぅ」

 見慣れた顔のドアップに、こちらもつい、及び腰になってしまった。

『図星か。やっぱそうだろうと思ったよ』

「――って、カマ、掛けたわねっ!?」

『詩織ちゃんが泣いてるのは事実だろうが! 好い加減、本来の仕事に戻れよ。晶んトコにも例の二人の新人、教育中なんだろ? 戦国武将みたいな名前の、確か……織田信子(おだのぶこ)と伊達政美(だてまさみ)、だっけか?』

「そ、それはそうだけどっ」

『だったら、先ずはそっちをレベルアップさせろよ。でないと、こっちに皺寄せが来るんだからさ』

「うぅぅ、言い返せない自分が悔しい」

『あははははっ! オレの一本勝ちだな! なら、今夜の宏の一番搾りはオレが貰うからな!』

「ちょっ!? そ、それはダメよ! ヒロの一番槍は一番勢いが強くて濃いんだから! 独り占め禁止って、アンタが言ったんじゃ無い!」

『記憶にゴザイマセン♪』

「あ、あんたね~~~~っ! 元県議みたいなコト、言ってんじゃ無いわよ!」

 モニターに向かって指を突き付け、咆え立てる晶。
 初見の人には、これが才色兼備を地で行く凄腕のキャリアウーマンだとは到底思えないだろう。
 やっている事は子供のケンカ、そのものだ。

「あ、晶さん~。好い加減、こっちの世界に戻って来て下さいよ~。みんな見てますよ~ぅ」

 フロントの責任者とチーフキャプテンの会議(身内話?)に事務所内はニヤニヤが止まらず、晶の隣の席にいる副部長の詩織は書類の山を前に諦め顔で滂沱と涙するのだった――。


     ☆     ☆     ☆


 そしてご懐妊の当事者たる多恵子と、一家の大黒柱に名実共なりつつある宏は――


                                            (つづく)


 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方はクリックをお願いします♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(2) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。