ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 2013年09月


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
恋歌(5) 恋歌(5) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
 
「お待たせしました、多恵子さん。直前でドタバタしてしまって申し訳無いです」

 歳下の夫からの謝罪に、多恵子は見て判る程にビクンと身体を震わせた。

「いえいえ! とんでもない! 晶さんを治めた手腕に我を忘れて見惚れていましたわ。おほほほほ♪ 流石、十人もの妻を娶る夫君(おっとぎみ)だけありますわ♥」

「いえいえ! とんでもない! 俺は普通の男です。みんなが俺を支えてくれてるんです」

「おほほ♪ そのように謙虚で思い遣りのある宏さんだからこそ、みなさんが愛し、付いて行くのですわ♥」

 多恵子は輪の中央に進み出ると、それを証明するかのように自分の唇を愛する夫の唇にそっと重ねた。

(あぁ……宏さんの心の温かさが……優しさが流れ込んで来ますわ。なんて……心地好いのでしょう♥)

 横座りのまま、上体を密着させてのディープキス。
 多恵子は全身が火照り、鼓動も早くなるのが判った。
 肩を抱かれる安心感と唇を重ねる心地好さに、多恵子は心から酔いしれた。

(こんなにも愛する男性(ひと)と抱き合えるのが幸せだなんて……それも一番手で!)

 いくらクジ(?)で偶然選ばれたとは言え、今日の一番搾りを貰えると思うとつい、顔が緩んでしまう。

(九人もの美女が揃う中から真っ先に抱いて戴けるなど、天に昇る程に嬉しいですわ♪ おチンポもご立派ですし♥)

 それだけ自分に女として魅力があり、一番に抱きたいと言う他ならぬ証拠なのだと思いたいし、そう自惚れてもバチは当たないだろう。

「今度は、俺と一緒にイキましょうね♪」

 しかも、夫婦として夜の営みの最低限のマナーをちゃんと守ってくれる(妻の心身を無視した一方的なエッチをしない)から嬉しい。
 そんな思い遣りを受ければ、自ずと口元や目元が綻んでしまう。

(さっきみたく、宏さんのクンニや乳首攻めで何度も果てるのも捨て難いですけど、やはり最後はアクメを極めつつ膣内(なか)に熱い精液をたっぷりと注がれたいですもの♥)

 ひとりの妻として、愛する夫の精液を子宮に受けてこその夫婦生活(性活)――夜の営みなのだ。

「それじゃ、騎乗位でひとつになりましょうか♥ 俺は下で多恵子さんを受け止めますから自由に動いて好いですよ」

「おほほ♪ それでは容赦しませんことよ♥」

(うふふ♪ 宏さんが下なら、今度はわたくしから攻めてあげられますわ♪ みなさんには悪いですが、それこそ根こそぎ精を吸い取り、先程、好いように弄ばれた辱めを晴らしてみせますわ!)

 フンッ! と荒い鼻息ひとつ吐(つ)き、多恵子は宏の肩に手を当てるとそっとベッドに押し倒す。
 すると、取り囲む奥方から「あ! 始まるわよ♪」などと期待する(?)視線が集まるのが判った。

「では参りますわよ? ……あぁ……この熱くて硬いのが……わたくしのと……触れ合ってる♥」

 宏と向き合う形で腰を跨ぎ、お腹側に倒した竿に割れ目を宛がうと腰を前後に往復させてみる。
 するとビチャビチャと粘っこい水音が大きく響き、同時に痺れるような快感が脊髄を駆け上って脳ミソが揺さ振られてしまった。

「うっわー、多恵子さんのお汁(つゆ)が宏の竿をコーティングしてるぜ! 宏もペニスをピクピクさせて気持ち好さそうに腰浮かせてるし」

(あぁ……ほのかさんったら、そんな明け透けに言わずともよろしいのに……恥ずかしいですわ。でも……ただの素股なのに……宏さんがわたくしを欲する気持ちが伝わって来て……わたくしも我慢出来無くなってる! クンニで散々イカされても、膣内(なか)に熱い精液を戴けなかったから……ハッキリ言って子宮が欲求不満状態になってますわ)

 頭の片隅に残る理性が、己を客観的に見つめているのが判る。
 しかし、股間から伝わる熱と硬さ、そして長く太い竿を己の陰唇で挟んでいるシチュエーションに思考回路が徐々に働かなくなって来るのも判った。

(今夜は皆さんして行き着くトコ迄行くんでしょうから、わたくしだけ素面でいても仕方ありませんわね。でしたら――)

 残っていた理性をあっさりと放棄した多恵子は、本能と欲求に従う道を素直に選んだ。

「あぁ……宏さんのパンパンに張った亀頭が……わたくしのクリを弾いて……すっごく気持ち好い! やはり宏さんとのエッチは最高ですっ!」

「うっ!? た、多恵子さん! 先っちょの裏側に割れ目を強く押し付けないで! 気持ち好過ぎて出ちゃいます!」

「あら♪ さっきは散々、逃げ惑う女を無理矢理啼かせておりましたのに、今は宏さんが啼いてますわ♪ でしたら、わたくしの膣(なか)でた~っぷり、出させてあ・げ・ま・す・わ♥」

 目元を朱(あか)く染めた多恵子は痺れ始めた腰を理性の力でゆっくり持ち上げ、熱く滾る竿を握って上向かせる。
 この時、内腿から伝った少なくない量の愛液が膝下までゆっくり垂れてゆくのが判った。

「いゃん♥ 多恵子さんの愛液が宏ちゃんのおちんちんに降り注いで……メチャ妖艶な美熟女になってる~♪」

「す、すごっ! あ、あれが発情した大人の女、なんだね。全身から発するオーラが……物凄く色っぽい!」

(あぁ♪ わたくしが女の見本みたく見られてます♪ ……しかも、美熟女とか発情とか言い得て妙ですわ。あとで座布団一枚、若菜さんと飛鳥ちゃんに上げましょう♪)

 独り言のようにも解説しているように届く声も、多恵子を昂ぶらせるスパイスにもなっていた。

「さぁ、宏さん? 今、ドコとドコが触れ合っているのか、判りますかしら?」

 多恵子は握った竿を恥丘に擦り付けてはカウパー汁を塗りたくり、そのまま肉裂に沿って何度も滑らせてゆく。
 今やすっかりと充血した小陰唇に張り詰めた先端が触れるとクチュリと銀糸を引きながら亀頭の太さに開き、そのまま膣前庭をグチョグチョと掻き回してから愛液がこんこんと噴き出す膣口へと重ねてゆく。

「う゛!? 多恵子さんのオマンコが……俺のチンポ、喰おうとしてる! パックリ開いたオマンコに……俺のチンポが喰われる! 邪魔な陰毛が無いから、多恵子さんの割れ目に俺のチンポが挿(はい)ってくのが丸見えです!」

 下から見上げる位置にいる所為か、合体寸前の性器同士が好く見えるらしい。
 宏は血走った瞳を大きく見開き、濃いピンク色に染まった媚粘膜同士が触れ合う様を凝視している。
 多恵子はその熱視線に応えるよう、膝の力を少しずつ抜いて腰の位置をゆっくりと、焦らすように下げ始めた。

「それでは参りますわよ? 判りますか? 宏さんの極太おチンポがわたくしの小さな膣に挿って来るのが……あぁ! 膣口が……宏さんの太さに広げられて……わたくしの膣に……熱くて硬いおチンポが挿ってく♥」

「うわ、多恵子さんの膣内(なか)、既にぐっちょんぐっちょんに熱く蕩けてる! 先っちょが挿(はい)っただけで愛液が竿を伝ってドバドバ滴って来る!」

「ひ、宏さんが! 散々! 口と指とで何度もイカせて弄んだからですわ! 忘れたとは言わせません! お陰で、子宮(なか)で燻り続けていたのが……おチンポが触れた事で盛大に燃え上がっているのですからっ」

「あ……そうだった。でも、多恵子さんの膣内(なか)、やっぱ気持ち好いです♪ 多恵子さん、愛してます♥」

「ひっ!?」

 突然の愛の囁きに膝の力が一気に抜け、長く反り返った硬い肉棒を根本迄、一瞬で突き刺してしまった。

「はぅんっ! ~~~~~~っ!!」

 恥丘同士がこれ以上無い位に密着し、長大なイチモツが熱く蕩けた子宮口を強烈に押し上げているのが判る。

「多恵子さん、挿れただけでイッちゃいましたね。万遍無く締め付けられたチンポが千切れそうです♪」

「ひ、ひ、ひ、宏さんが! 突然、変なコトを言うからです! こ、腰が抜けて……動けませんっ」

「変なコトじゃありません。ちゃんとした愛の言葉です♥ ほら、多恵子さんが動かないと、膣内(なか)に出せませんよ? 今は多恵子さんが俺を攻めるんでは? ホラホラ~♪」

「ひっ!? し、下からそんなに突き上げないで下さいまし! あぁ!? 片手で掴んだ腰を上下左右に揺さ振らないで! イッたばかりで敏感になってて……ひゃぅっ!? ち、乳首、捻らないでぇ! 今、乳首を刺激されたら我を失っちゃいます! わたくしのペースで宏さんを導く予定が……あぁああっ!?」

「だって多恵子さん、挿れてから、ちっともピストンしないんだもん。こんな気持ち好い膣内(なか)にいるのに、俺が我慢出来ませんって♪ だから乳首とクリとオマンコを俺が同時に攻めてあげます♪」

「だ、だからって……あひゃぁ!? つ、突き上げと同時に腰を捩らないでぇ! し、子宮口が擦れちゃいます! ちっ、恥丘でわたくしのクリ、潰さないでぇ! ち、乳首、よ、捩りながら引っ張らないでぇっ! で、出ちゃいますっ!」

「ん~? 出るって、ナニがですー?」

「はぅん゛! わ、判ってる……ひぐぅっ! く、くせに……はぁんっ! あんっ♥ はぁん♥ あ、あ、あ、あ~~~っ♥」

「判りませーん♪」

「ひ、宏さんの意地悪! あ、あ、あ、あ、あ、ひ、宏さんのおチンポがっ! 開いたカリが……膣(なか)を何度も引っ掻いてますぅっ! ゴリゴリとおチンポが……わ、わたくし、気持ち好過ぎてっ! も、もう、らめぇ~~~~~っ!!」

「多恵子さんの乳首、こ~んなにもビンビンに硬く尖ってますよ♪ クリも、カチカチに膨らんで俺の恥丘に刺さってます♪ 多恵子さんのトロトロオマンコもキュンキュンとチンポ締め付けてて、俺も、すっげ~気持ち好いです♥」

「い、イグッ! イっちゃいますっ! イグイグッ! イックぅ~~~~っ!!」

「何度イッても好いですよ♪ みんなが見守る中で盛大にイッて下さい♪ 俺も出すまで自由に攻めさせて貰いますから♥ ――って、涎垂らして潮噴いて白目も剥いて……もう聞こえて無いみたいですね♪」

 多恵子の、完全に我を忘れた妖艶な喘ぎ声と蜜壷を撹拌する粘着質な音が屋敷に大きく響いてゆく――。


     ☆     ☆     ☆


 ――騎乗位で跨る方が完全な受け身となってよがり、組み伏せられている方が腰を縦横無尽に突き上げ乳首も捻って自由自在に攻めている――。

 一般的な騎乗位の常識を完全に覆す多恵子と宏のセックスに、円形となって見守る(車座がすっかりハマっている)妻達は生唾を呑み込んでいた。

「ひ、宏ちゃんってば、いつの間にかベッドヤクザに戻ってるよ~。最初だけ受け身で大人しかったのに、今や完全に狼さんになって、多恵子さんを美味しく戴いちゃってるよ~」

 流石に、ここに来て屋敷のエッチ担当大臣である若菜に夫への畏れが少し、芽生えたらしい。
 それまで心の底からエッチを楽しんでいたテンションが鳴りを潜め、腰を引き気味にし眉間には皺を寄せていた。

「宏ってば、そーとー、溜め込んでたみたいね。エッチでの攻め方がメチャ、えげつないわ。ホラ、入口の浅いとこだけ擦って奥迄挿れ無いし、膣奥(おく)を一瞬だけ軽く突いたと思ったらすぐ腰引いて亀頭だけヌチャヌチャと出し入れしてるし……えげつ無い攻め方ね。あれじゃ女は堪らないわ。徹底的に焦らされてるのと一緒だもん」

 腰まで届くポニーテールを小刻みに震わせる千恵の解説に、一同大きく頷く。

「でも、姉さんが身を挺して宏クンの高レベル性欲をある程度受け止めれば、この後に続くウチ等のエッチは通常レベルに迄下がって楽勝じゃない? だったらここは姉さんに派手に逝って貰いましょう♪」

「か、夏穂先生……。宏を放射能廃棄物みたいな言い方しないで下さい! 高レベル性欲ってナンですか!」

「あ、あはは、悪い悪い。侠気(おとこぎ)溢れる宏クン見てたら、つい……ウチも興奮して濡れちゃってさ」

「あれ、侠気(おとこぎ)って言うのか? 単に性欲を暴走させたヤリチンじゃね? ――ってまたもや中坊か!」

「ほのかさん、宏さんに対して何と言い得て妙なんでしょう。流石です♪」

「美優樹ちゃんも言うわね。あたしのヒロに暴言吐くなんて……好い兆候よ。その調子でどんどん打ち解けなさい♪」

「晶先輩! あたしの、じゃありません! みんなの宏君ですっ!」

「真奈美も言うわね♪ あははははっ」

「……みんな、呑気。でも、多恵子さんひとりが討ち死にした程度でヒロクンのウルトラハイパー性欲は全く衰えない。むしろ盛大に猛って来る。そんな状態で訪れるボク達の惨状、誰か考えてる?」

 常に冷静沈着な優の指摘に一同我に返り、同時に青ざめるのだった――。


                                            (つづく)


 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方はクリックをお願いします♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(4) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト
恋歌(6) 恋歌(6) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
 
「あーはっはっはっ! パイパン姉妹、掛ける四、プラス、ツーじゃ。あーはっはっはっ!」

 広いベッドの上には、ご当主の指示で仰向けM字になった妹に姉が四つん這いで重なっていた。

「多恵子さんと夏穂先生、晶姉優姉、千恵姉若姉、飛鳥ちゃん美優樹ちゃん、ほのかさん真奈美さんの、姉妹丼五組の完成じゃー♪」

 しかも、宏を中心に円形に並んで、だ。
 そんな雄叫びを上げるご当主に、積み重なった妻達から様々な調子の声が上がった。

「宏さんったら……夏穂ちゃんと一緒に愛して戴けるなんて何と幸せな事なんでしょう♥」

「姉さん……宏クンとのエッチになると、とことんポジティブになるわね」

「くっ! このあたしが、またもやヒロに屈するなんてっ」

「……お姉ちゃん、人間、諦めが肝心。最早、ボク達に打てる手は無い」

「宏には早く元に戻って欲しいけど……でも本人が悦んでるから、ま、いっか」

「宏ちゃん、すっかりエッチモードに浸ってるね~♪ こーゆー本能丸出しの宏ちゃん見るの、久し振りかも~♪」

「宏先輩の考えるエッチって……女を辱める格好が多い気がする」

「でも、美優樹達が色んな格好をして宏さんが悦んでくれるなら、美優樹は嬉しいわ。お役に立っているんだから♥」

「おい、真奈美。オレ達、姉妹だってさ。宏のヤツ、相当、見境無くなってるぞ!? 目の色も相変わらずイってるし」

「うふふ♪ ほのか先輩が私のお姉さんだなんて……私の中で何かが芽生えそうだわ。ってか、芽生えたかも♪」

 そんな美女十人の呆れた(悦ぶ?)呟きが耳に届いているのか、いないのか。

「あーはっはっはっ! 今夜は徹底的に射精(だ)し尽くすから覚悟しろー♪」

 フン! と鼻息荒げた宏は自分を取り巻く五組の女体を順に愛でてゆく。

「ムフフ♪ 右を見ても左を見ても、前も後ろもパイパン姉妹のオマンコに囲まれて男冥利に尽きるなー♪」

 ガマン汁を噴き零し、無意識にイチモツをシュッシュと扱き上げる宏。
 ここにいる美女十人の内、十六歳から三十歳迄の九人の処女を貰ったのだから掛ける愛情もひとしおだ。
 勿論、十六年間に亘って未亡人だった多恵子に掛ける愛情も同様だ。

「あーもう! 我慢出来ん! それじゃ最初に挿れるオマンコは――」

 股間でそそり勃つ性剣を正眼に構え、ゆっくりと歩み寄った先は――。


     ☆     ☆     ☆


「はぁん♥ ひ、宏先輩が膣(なか)で暴れてるっ♥ う、後ろから物凄い勢いで出し入れされてるぅ♥ オッパイも激しく揉まれて……乳首もアソコも擦れて気持ち好い! 宏先輩とのエッチ、超気持ち好いっ♥」

「お、お姉ちゃんっ! む、胸を擦り付けないでっ! 胸の先端が宏さんの手の甲に擦れて……はぁんっ♥ ふ、二人の腰の動きが美優樹にも伝わって来るぅ~♥」

「ムフフ♪ 飛鳥ちゃんの膣内(なか)、いつもキツくて堪らなく気持ち好いよ! 挿す時は亀頭で膣肉を掻き分けるゴリゴリとした感触が堪らないし、引き抜く時は膣が竿に吸い付いて離そうとしないし♪ そしてこの微乳! 手の平にすっぽりと収まる大きさと云いプリプリした弾力と云い……最高だよ!」

 肌を重ねる三人が三人とも鼻息を荒げ、全身に薄っすらと汗を浮かべて喘いでいた。
 宏は四つん這いの飛鳥に背後から覆い被さり、飛鳥のAカップバストを揉みしだきながら抽挿している真っ最中なのだ。

「あぁっ!? ひ、宏さんがお姉ちゃんの乳首を捩ってるのが美優樹のオッパイにも伝わって来ますぅ! あぁあっ!? ひ、宏さん!? み、美優樹とお姉ちゃんの乳首、一緒に摘まないでぇ! 胸が痺れて……もう我慢出来ません~っ!」

「ムハハハハッ! 美優樹ちゃん、俺の手が飛鳥ちゃんと美優樹ちゃんの硬く尖った乳首にサンドイッチにされて、すっごく気持ち好いよ! コリコリした二つの実が手の平と甲に押し付けられて堪らん♪ それじゃ、次は美優樹ちゃんに挿れるよ!」

「はぁん♥ 宏さんの熱くて硬いのが美優樹の膣(なか)に挿(はい)って……あふんっ♥」

 宏は両手を駆使して飛鳥と美優樹のバストを攻め立て、同時に腰の位置を上下にずらして二人の蜜壷を交互に挿しては姉妹丼プレイを堪能する。

「んくぅっ! 宏先輩♥ 宏先輩っ♥」

 飛鳥の蜜壷を撹拌していると、後輩の女の子が首を巡らせ潤んだ瞳で訴え掛けて来た。
 宏は無意識に首を伸ばし、赤く色付く耳元に口を寄せる。

「飛鳥ちゃん♥ 好きだよ! 愛してる♥」

 宏は心からの言葉を囁き、熱いベーゼを贈る。

「んっ~~~~~~~~♥」

 飛鳥の閉じられた瞳からは銀色の雫がひとつ、零れ落ちる。
 しかし、宏は覆い被さる飛鳥から情け容赦無く離れた。
 そして物欲しそうに涎を垂らす美優樹の淫裂に、飛鳥の愛液に塗れた男根をゆっくりと――まるで処女膜を押し広げ破る快感を得た時と同じ速度で挿してゆく。

「いやぁ! 宏先輩、まだ抜いちゃヤダぁ! まだ精液、貰って無いぃ!」

「あぁ♥ 宏さんが美優樹の膣(なか)に挿(はい)って来たぁ! 美優樹、それだけで幸せですぅ♥」

「飛鳥ちゃん、ちょ~っと待っててね♪ 今、美優樹ちゃんの膣(なか)を味わってるから♪」

「宏さん♥ 美優樹は宏さんと繋がってるだけでイってしまいそうです……って、もうお姉ちゃんの番ですかっ!?」

「ひ、宏先輩のケチ~ッ! もうちょっとでイケたのに~~~って、硬くて熱いのが戻って来たぁ♥」

 四つん這いになった飛鳥の内腿には焦らされた証しなのか白く濁った愛液が大量に滴り、黒のオーバーニーソックスの色が変わる程に染み込んでいた。
 当然、仰向けになって脚を絡め合う美優樹の黒ストッキングにも自身の愛液は勿論、姉や宏の体液やらが大量に含まれてもいる。

「嗚呼♪ 姉妹のオマンコに亀頭部分だけヌプヌプと抜き差しするだけでも膣(なか)の温度や締め付け具合とかの違いが好く判る~♥」

 野獣と化した宏は飛鳥と美優樹姉妹を存分に堪能した要領で、隣に控える姉妹妻達を時計回りに味わってゆく。

「ひ、宏のおっきいのが……あたいの膣を抉ってるっ♥ あぁっ!? そ、そんなに引っ張ったら乳首、取れちゃうっ♥」

「千恵姉、オッパイ揉みながら乳首弄(いじ)ると膣がキュンキュン締め付けて来るね♪ そんなに絞られたら、俺もすぐにイっちゃうよ」

「ひゃんっ♥ ひ、宏ちゃんのおちんちんが私のおまんこで悦んでるのが判る~♥ 膣でビクビク震えてるのが伝わって来る~♥」

「若姉のオマンコ、ビラビラが竿の根本に引っ付いて気持ち好い! オマンコもまるでポンプで吸われてるみたいに吸い付いて射精が止まらないよ♪」

 四つん這いの千恵が顎を反り上げて叫び、下にいる若菜が歓喜の涙を流しつつ膣内射精の快感に打ち震える。

「はぁん♥ 宏さんがわたくしの膣内(なか)で射精(だ)してますわっ♥ 背後から突かれながら射精されてますわぁ♥ あぁ……温かい♥ 膣内射精って……女を幸せにしますのね♥」

「うぅ……多恵子さんに膣内射精してる! 美熟女に膣内射精、決めてるぅ♥」

「あぁ……姉さんの愛液と精液塗れのオチンチンが挿(はい)って来たぁ♪ あぁ……教え子の熱くて硬いのがウチの膣内で大暴れしてるぅ♥」

「夏穂先生の蕩けた顔、俺、大好きです♥ 俺だけにセクシーな顔を見せてくれる俺だけの……夏穂先生です♥」

 長らく男根とは縁が無かった多恵子には生きた男だけが贈れる刺激を与え、そのまま恩師である夏穂の膣に無遠慮に進入する。

「ひ、宏のヤロー、何度も射精(だ)してるのに、ちっとも衰えないっ! あぁ……イクッ! オレが先にイっちまうっ!」

「ほのかさんの膣(なか)、亀頭が擦られ根本は締め付けられて……すんごく気持ち好いです! だから何度でも挿れてあげますね♥」

「ほのか先輩のイキ顔、何度見ても素敵~♪ 私も宏君の熱い精液貰って……イっちゃう♥」

「真奈美さんにも膣内射精! でもこれで終わりじゃありません。何度でも射精してあげますからね♥」

 ほのかは挿入間も無く昇り詰め、真奈美も射精の脈動に合わせてアクメを迎えてくれた。

「ちょっとヒロ! なんであたし達が最後なのよ! 真っ先に抱きなさいって何度も言って――あひゃぁっ!? そ、そんな激しく膣奥(おく)を突かないでっ……あっという間にイッて……あ゛ぁあああ!」

「晶姉にも、たっぷりと子宮に直接注いであげるからね♥ いやって言う程、熱くて濃いの、射精してあげるね♥」

「……お姉ちゃん、無理言わない。ヒロクンはひとりだけなんだから、少し待つのは当たり前。むしろ、待っている間も焦らしプレイと思っていれば気分も高まる。その証拠にお姉ちゃん、ヒロクンに挿れられた瞬間にアヘ顔晒してイッてたし。あぁ……ヒロクンの灼けた精液がボクの膣内(なか)に拡がって来る♥」

「うぅ……もう膣内射精以外で射精(だ)したく無いよ! 膣肉に包まれながらの射精、癖になってるっ!」

 若干、我が儘な筆頭妻を肉槍の一撃で黙らせ、優には優しく抽挿を繰り返してフィニッシュを迎える。

「ふぅ、これで一周したけど俺、誰に膣内射精(なかだし)したっけ? まだ膣に精液貰って無い人、手を挙げて~♪」

 競うように手を挙げる妻に挿入し、両手と腰、時々熱いディープキスを駆使して膣内射精を繰り返す宏。

「わははははっ! 我が性剣はまだまだイケるぞ! 次の女子(おなご)は誰じゃ~♪」

 精液満載の勃起肉によるロシアンルーレットは真夜中を過ぎても続いてゆく――。


     ☆     ☆     ☆


 多恵子を皮切りに十人のソロプレイを堪能し、続けて五組の姉妹丼プレイで次々と『挿しては射精(だ)し』を繰り返した宏は、更なる欲求を繰り出してゆく。

「今度は長女丼(ちょうじょどんぶり)じゃー! 晶姉と多恵子さんがペアとなって仰向けと四つん這いになって! 千恵姉と飛鳥ちゃんもね! その隣に次女丼(じじょどんぶり)ー! 若姉と美優樹ちゃん、夏穂先生と優姉だよ! ほのかさんと真奈美さんは……今のうちに休憩取って好いよー♪」

 膣内射精され、白い精液が覗く膣に全く衰えないペニスを何度も突き立てて円を描くように抽挿しつつ撹拌し、オマケにすっかりと剥けた陰核や菊座、会陰部を愛液と精液の滑(ぬめ)りを利用して両手で撫で擦る宏。

「よーし! 今度は母娘丼(おやこどんぶり)ー! 飛鳥ちゃん美優樹ちゃんは俯せに、多恵子さんがその上に乗っての三段重ねー♪ 多恵子さんの小柄な体格を活かしたプレイじゃー♪ 余ったみんなは休憩してて好いよー♪」

 俯せた三人の淫裂に、白く泡立った愛液と精液の混合液を纏わり付かせたペニスを縦筋に沿って蠢かし、おもむろにポッカリと開いた秘孔に上から順にひと挿しずつ、根本迄挿れては抜くを繰り返す宏。

「今度は叔母姪丼(おばめいどんぶり)じゃー! 仰向けの飛鳥ちゃんと美優樹ちゃんの間に夏穂先生が仰向けになって重なって……そう、三段にねー♪ ほぼ同じ体格だからこそ出来る、パイパンマンコバーガー♪ その他は休んでて好いよー♪」

 熱く灼けた亀頭で濃い桜色に色付いた三つの淫裂を順に割り開いては膣前庭を何度も撹拌し、尖った紅真珠と鈴口を重ねては精を迸らせ、続けて愛液駄々漏れの膣に挿入を果たす宏――に対して。

「――って、その他ってなんだよっ! 今度こそオレも抱けよなっ!!」

「――って、初期組メンバーも抱きなさいよっ! あたしをとことんガン無視する気っ!?」

 思いっ切り疎外感に包まれた金髪碧眼美女と筆頭妻の猛烈な突っ込みが夜明けの空に昇ってゆく――。


     ☆     ☆     ☆


「それじゃ、次はランダムに重なった二人の恥丘の間にチンポ突っ込んでの素股と行こうか♪ これって、スベスベの無毛の恥丘をチンポで味わえるから好きなんだ~♪」

 衰え知らずのイチモツをこれ見よがしに上下左右に震わせ、ハイテンションなまま更なる女体を求めてベッドの上をぐるりと見渡す宏。
 その瞳は爛々と輝き、下半身同様、まったく色褪せる事は無い。

「ホラホラ、いつまでも横になってないで二人一組で仰向けと四つん這いになって♪ 俺のチンポ、まだまだイケるよ~♪ なんたって、先週のお詫びエッチなんだから、みんなが満足する迄、俺、ガンバルからねっ♥」

 そんな犯(や)る気満々なご当主と様々な液体でコーティングされたそそり勃つ肉槍に、汗と涎、ガマン汁と精液や愛液に潮、その他噴き出した体液(黄金水?)やらで湿ったシーツに横たわる十人の妻達は瞳だけを動かし、暫し呆然と見つめていた。

 ――うっわー、今もお臍にまで届きそうな位に反り返ってる、見るからに熱くて硬そう、こんなに元気なモノ持ってたらそりゃ精力持て余すだろうなぁ、仕方無い妻として付き合うか、自分ひとりだけだったら宏の有り余る性欲を処理し切れないわ、ウチ等十人いて助かった――。

 そんな引き気味な想いとは裏腹に、処女地を開拓された身体は宏の温もりを求めて嬉々として開いてゆく。

「はぁ~~~♥ 今夜は宏ちゃんの精液で子宮が満タンだよ~♥ もうこれ以上は入らないよ~♥」

 扇形に拡がった濡れ羽色の髪の上に仰向けになり、無意識に下腹部を撫で擦る若菜。

「宏先輩の熱いの、全身にいっぱい浴びちゃった……♥」

 火照った顔に飛び散った熱い白濁液を愛おしげに塗りたくる飛鳥。

「美優樹、宏さんの精液で溺れるなら本望だわ」

 熱い吐息を漏らしつつ膣内射精の余韻に浸り、秘孔から漏れ出る精液を下半身や内腿に塗りたくる美優樹。

「教え子の有り余る性欲を最後の最後迄責任持って面倒見るのは元・担任であるウチしかいないでしょ♪」

 鼻を鳴らし、精液臭漂う元・教え子の男根を美味しそうに、しかし貪るよう舐めしゃぶる夏穂。

「宏さんの溢れる情熱がわたくしをメロメロに……ポッ♥ もっと欲しいですわ♥」

 小さな膣からたっぷりと注がれた精液が零れ出無いよう仰向けのまま腰を浮かせ、秘裂を塞ぐようお腹の上で両腿を固く閉じる多恵子。

「宏ってば、どんだけ弾ければ気が済むのよ! まぁ、それを含めてあたいは好きよ♥ さ、今度はあたいの番ね♥」

 弓なりに反り返るペニスの勇ましさに目元を紅(あか)く染め、愛する男の精を求めてのろのろと身体を起こし跨る千恵。

「宏君の精液、プリプリしてて一番搾りと少しも変わらないわ♥ 膣に射精(だ)された色や粘り気はまるで童貞精液みたく薄黄色で濃厚だし♥」

 M字開脚姿になって己の股間を覗き込み、膣から漏れ出る白い溶岩を指で掬っては何度も舐め取る真奈美。

「宏のヤツ、そーとー、溜まってた、ってコトか? こんなハードなエッチ続けてたら、こっちの身が持たんぞ!? でも、こっちも自然と何度も求めちまうんだよなぁ♥」

 対面騎乗位で繋がった千恵と胸の先端を合わせつつ、膣から漏れ出る精液を潤滑油に夫の鼻先でズル剥けになった紅真珠を何度も擦り顔面騎乗の悦に浸るほのか。

「ヒロってば、今も犯(や)る気満々ね。ま、一緒に愉しむあたし達も大概だけどねー」

 腰を激しく突き上げ、舌と両手をフル稼働させている従弟の性欲と少しも違わない自分達に思わず苦笑いする晶。

「……ヒロクン、今回は完全に女体に溺れてる。ボク達十人いて大正解。僅か四~五人では到底抑え切れ無い」

 小柄な千恵の膣に出入りする長大な肉槍を物欲しそうに眺めつつ、従弟の性欲の凄まじさに感服する優。

「千恵姉! 出すよ! 受け取って!」

「「「あ……二人してイってる」」」

 ご当主の射精宣言に、千恵との交合を見守っている妻達の肢体と股間が熱を帯び始めた。
 これ迄に、硬く太い長剣に突かれる度に身体と瞳を蕩かせ、開きっ放しの子宮に夫の昂ぶりをたっぷりと受け取った妻達。
 灼けた迸りを勢い好く受ける度に、これが女の幸せだと言わんばかりに、誰に憚る事無く嬌声を上げ、愛する男性(ひと)との温もりと繋がりを心身で実感してる筈だのに、今尚、身体は精を求めて貪欲に疼き始めてもいる。
 現に、部屋に充満する濃厚濃密な性臭が性本能を刺激して止まないのだから。

「え~っと、次は誰の膣(なか)に出せば好いんだ? 途中で順番と回数、判らなくなっちゃった」

 先週のヘタレさが嘘のように嬉々として勃起肉を突き出す夫が、今はひとりの男として物凄く逞しく見える。

 ――嗚呼、つくづく自分は女で好かった、愛する男の精液を文字通り、お腹いっぱい受けられたのだから♥――。

 発情した身体の火照りとは明らかに違う、子宮(なか)での心安まる温かな火照り具合に、心からそう思う十人の妻達だった――のだが。

「あーはっはっはっ! すっかりと窓の外が明るくなったね! ここから土曜の朝の始まりだ! それじゃ、今からサタデーナイトフィーバーじゃー♪」

『――って、いー加減にしなさいっ!』

 流石にキレた妻達の無言の突っ込みだったが、目の前で蠢くパイパン美女十人に浮かれまくる宏には永遠に届く事は無かった。
 もっとも。

「ニャァ~ン♪」

 まるで「善哉善哉♪」と言っているかのように仔猫が縁の下で丸まって欠伸をし、宏達の熱帯夜を見守り続けていた――と、屋敷の住人は誰ひとりとして気付く者はいなかった。
 そして暴走機関車と化した宏は、文字通り精を出し尽くすまで妻達十人を抱き続けたと云う――。


                                            (つづく)


 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方はクリックをお願いします♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(5) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。