ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                             | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 2011年10月


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
恋心(3) 恋心(3) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
  
「多恵子さん。午後から行きたい所はありませんか? 天気が好く風も穏やかですし、大概のご希望に添えるかと思います」

 今日は多恵子が宏とツーショットを決める日。
 昼食後、多恵子の下へ宏が定番となった御用聞きに馳せ参じていた。
 手を振りながら七人の美女軍団(夏穂、優、真奈美、千恵、若菜、飛鳥、美優樹)と別れた多恵子は、人差し指で顎を支えるようにして小さく首を傾げる。
 因みに、ほのかと晶は今週も下地島空港で実機訓練なので平日の昼間は別行動となっている。

「う~~~ん、そうですね~、アレもやりたいしコレも捨てがたいし………………」

 秒針が二回りはしただろうか、たっぷりと時間を掛けて宙を見つめていた多恵子がおもむろに宏へ視線を戻し、瞳を細めてゆっくりと口を開いた。

「わたくし、やってみたい事があるんですの! お付き合い、願いますかしら?」

 多恵子はこれまでにない満面の笑みを浮かべるとパチンと手を打ち鳴らし、にこやかに頷く宏の手を取った。


     ☆     ☆     ☆


「多恵子さん。その水着、この前着てたのとは違って……その、随分と色っぽいですね」

 小型レジャー船のデッキで、宏は隣に立つ多恵子に視線を向ける。
 先週の海水浴で着ていたパレオ付きの青いビキニとは違い、今日は真っ白なワンピースの水着を纏っていた。
 しかも、普通のワンピースと違って明らかに露出部分が少し……いや、かなり多い。
 なにせ胸元は大きく開いて大きく膨らむ胸の深い谷間が垣間見えているし、ウェスト部分も背後からお腹の横まで開いて股間もハイレグ気味に切れ込んでいる。
 首の後ろと背中を紐で留め、腰の横にある飾りリボンと相まって後ろから見るとローライズビキニを着ているかのようにも見える。

「おほほほ♪ 気に入って戴けたようで何よりですわ。この水着、千恵さんが推して下さいましたの」

「千恵姉が? 意外だな。この手のデザインはてっきり若姉か……ほのかさん、真奈美さんあたりが好きそうだけど」

 想像もしなかった人物の名前に目を丸くする宏に、多恵子がほんのりと目元を赤らめる。

「わたくし、水着を選ぶのも買うのも初めてでして……店先でどれにしようかと迷っていたら千恵さんがアドバイスして下さいましたの。『せっかくのハネム~ンなんだから、少しくらい開放的になってもバチは当たりませんよ♪』って」

 そして、少し上目遣いになって宏を見つめる。

「それに……セクシーな水着で迫ると宏さんが悦ぶ、とも……」

 頬を紅(あか)く染める多恵子。
 長い髪をアップにしているので、普段隠れている白いうなじは既に真っ赤に色付いていた。
 どうやら相当の勇気も振り絞って着てくれたらしい。

「多恵子さん……ありがとうございます♪ 俺、感激してます!」

「あら、『感激』、だけですか?」

 意地悪く眼を細め、宏の腕を取ると胸元に引き寄せて双丘の谷間に挟む多恵子。
 すると二の腕が温かくも柔らかな弾力に包み込まれ、宏の鼓動が一段と早くなる。
 更に胸元をよくよく見ると、バストの先端が僅かに桃色に透けて見え、小さく丸い突起が浮き出てもいる。

「いえいえっ! すごく似合ってますし……セクシーで色っぽいです。その~、目のやり場に困る程に」

 鼻の頭をポリポリ掻きながら横を向く宏。
 いくら多恵子の背が低くティーンエイジの顔付きで後輩の飛鳥よりも歳下に見えたとしても、中身は立派に熟し切った女性であり、その甘美な肉体の味も充分に知ってもいる。
 オマケに、股間に食い込んだ水着が微かな縦筋を刻んで目に飛び込んで来る。
 実際は皺が寄っているだけなのだろうが、無毛の肉裂がそのまま浮き出ているように見えて仕方が無い。
 そんな妖艶な女性の水着姿に、顔と股間が熱く火照るのは当然と言えよう。

(このまま甘い雰囲気になっちまったら『収まり』が付かなくなりそう。船にはスタッフが何人もいるのに、このままじゃ多恵子さんに恥ずかしい思いをさせちまうな)

 幸いにも腿まであるサーフパンツを穿いているので、完全勃起しない限り何とか誤魔化せる。
 疼き始めた股間を必死に宥めつつ、宏は慌てて話題を変えた。

「それにしても多恵子さんって、結構アウトドア派なんですね。こっちに来てから、ずっと海で泳いだり浜で遊んだりと、みんなと一緒になって楽しんでますし、今回のアクティビティーも進んでやりたい、って」

 オーバーアクション気味に腕を拡げ、紺碧の海に目をやりながら努めて明るく弾んだ声を出す。
 そんな慌て振りがおかしかったのか、それとも股間の中途半端な『モッコリ』を誤魔化そうとして小芝居(?)を打ったのがハマったのか、多恵子は可笑しそうに眼を細めてクスクスと笑う。

「あら、意外ですか? でも、これまで旅行やレジャーに縁がありませんでしたから、遅蒔きながら青春を謳歌している、って言ったら言い過ぎでしょうか。……あら、船が止まりましたわ。いよいよですわね♪」

 話し込んでいるうちに、どうやらアクティビティーのポイントに着いたようだ。
 船のスタッフがにこやかに「準備完了しましたので、いつでもどうぞ♪」と宏達に声を掛ける。
 本格的なシーズン前と言う事もあり、お客は宏と多恵子だけで貸し切り同然となっていた。
 しかも先日のド派手な結婚式で一躍有名人になったお陰か、島のどこに行っても満面の笑みで接して貰っている。

「では、お先に♪」

 嬉々として船尾からハシゴを伝って胸まで海に浸かり、肩から頭全体を覆う水中マスク――顔の部分が大きく透明なアクリルで出来ているヘルメットで背後に船上から空気を送る強化ホースが繋がっている――をスタッフから被せて貰う多恵子。

「行ってらっしゃい。俺もすぐ続きますから」

 満面の笑みでサムズアップしながら熱帯魚の群れる海中に下りてゆく多恵子に、宏は思わず笑ってしまった。

「いつの間にかサムズアップ覚えてるし。……こりゃ、もしかしたら新妻の中で一番アクティビティーな女性(ひと)かも。だったら、俺も負けていられんな♪」

 紺碧の海中で揺らめく多恵子を目で追いながら、宏は心が自然と沸き立って来るのが判った――。


 宏は多恵子の「珊瑚礁の海を熱帯魚と戯れながら歩きたいですわ♪」とのリクエストを叶えるべく、伊良部島の港からレジャーボートに乗り、島沿いに北上する事、約三十分の場所に来ていた。
 ここは様々な珊瑚礁が群生する海域で小さいながらも幾つか環礁もあり、初心者向けのシュノーケリングやスキューバダイビングのメッカにして海中散歩(シーウォーク)の絶好の場所でもあった。

「わたくしみたく、泳ぎが苦手でも水着だけで海底を歩けるのですから、時代は変わりましたねぇ」

 ニコニコ顔で微笑む多恵子から聞いた所によると、何でも最近は誰でも簡単に海中を歩ける装備が整い、それを売りにするツアーも多いらしく、「宿屋さんに置いてあったパンフレットにも幾つかシーウォークを扱う店が載っていましたの。おほほっ♪」と、どうやら多恵子が前々からチェックを入れていたらしい。

「確かに、ひと昔前の潜水だとライセンスやら重い機材が必要だったけど、今やメガネ掛けたままとか化粧したままでお手軽に水中散歩が出来るんだもんなぁ」

 宏は、多恵子が娘の飛鳥や美優樹以上に活動的になっている姿に心から愛おしくなる。

「多恵子さん、すっげ~笑ってたな。ま、そんだけ楽しいんだろうな」

 何のてらいもない素顔を見せて貰えるだけ、宏は自分との結び付きを歓んで貰っている証だと思った。

「だったら、今、この時の想い出作りに俺も協力しなきゃ♪」

 宏は四月上旬とは思えない温かさと透明度抜群の海の底を歩いて多恵子の後を追った。


     ☆     ☆     ☆


『宏さん! ここにカクレクマノミがたっくさんいますわっ。いや~ん、カラフルで可愛い~♪』

『ほんとだ! ……あ、多恵子さん。イソギンチャクの中にもたくさん隠れてますよ!』

 多恵子は宏の腕に掴まりながら群れの一角を指差し、マスク越しに満面の笑みを向けて来る。
 宏も目に入るもの全てが新鮮に映り、多恵子に大小様々な珊瑚の造形や数多の熱帯魚を指で指し示しながらその色彩の妙や躍動感に目を見張る。
 ハッキリ遠くまで見通せる海の透明度に驚き、海底の砂の白さや波で作られた幾何学的模様が目に眩しい。

『ほら、多恵子さん。珍しいモノが泳いでますよ』

『まぁ、タツノオトシゴ! 想像以上に小っちゃくて可愛い~♪』

 多恵子もこちらの言葉が判るのか、ほぼ正確な反応を示している。
 海中では言葉が届かないので身振り手振り――腕を引いたり手でサインを送ったり表情で意思を伝え合う。
 シーウォークは水深四~五メートルの場所を歩くので周囲には常に太陽光が降り注ぎ、ヘルメット越しでも充分表情が判るのだ。

 ――以心伝心――

 宏の頭にひとつの言葉が浮かぶ。

(こういうの、好いよなぁ~♪ 阿吽の呼吸とか息が合うとか、いかにも長年連れ添った夫婦みたいで。……まぁ、正式に夫婦になったのはつい最近だけど)

 悦に浸る表情が出たのか、多恵子も満面の笑みで頷き、宏を掴む手に力が籠もる。
 どうやら似たような事を考えていたらしい。
 宏は心がより温かくなり、浮き立つ気分にもなった。

(……まぁ、実際に自分の重さも殆ど感じないし、こりゃ楽で好いわ。宇宙飛行士にでもなった気分だ♪)

 腰にある程度の重りを着けてはいるが、海中では想像以上に浮力が加わるので歩くよりもフワフワと漂う感覚に近く、慣れるまでは何かに掴まっていないと潮に流されたり海中で海月(くらげ)や宇宙遊泳張りに漂ったりするハメになってしまう。
 その為、常に二人のインストラクターが長さ三メートル程のハシゴ状のアルミ製ガイドポールを前後で持ち、原則、お客はポールに掴まって移動するのだ。
 宏は素潜りの経験があるので多恵子に腕を掴ませつつ、自由に海底を歩いていた。

(やっぱ、シュノーケリングとはひと味もふた味も違うなぁ。立って歩けるだけでも凄いのに、なんたって酸素ボンベ無しで呼吸し続けられるのが一番の違いだな)

 右に左に視線を巡らせ、多恵子と一緒に南国の海の美しさに魅入る宏。
 素潜りだと呼吸確保の為に一分前後しか海中にいられないが、このシーウォークだと極端な話、空気が送られている限りずっと海中に居続けられる。

(魚と一緒に自由に泳ぐ事は出来無いけど、散歩に特化しているから、これはこれで楽しいアクティビティーだよな~♪)

 しかも常にインストラクターが周囲や自分達に注意を払ってくれているので安心して海底散歩に集中出来る。

(この旅行中、時間が取れたら千恵姉と一緒に来たいな。千恵姉も素潜り好きだし、いつかみたいに海で……)

 つい、中学三年の夏休みを思い出してしまう宏。

(あの時が初めて千恵と二人っきりでデートしたんだよなぁ。一緒にシュノーケリング楽しんで千恵姉お手製の弁当食べて。帰り道では夕立にも遭ったっけ。その時に見た虹の美しさ、俺、今でもハッキリ覚えてる……)

 などと、つらつらと六年半前の甘~い想い出に浸っていたら。

『……さんっ、宏さんっ! 海の中でボ~っとしてたら危ないですわよ!』

 多恵子に強く腕を引かれ、宏は我に返る。
 どうやら立ち止まったまま、長い時間虚空を見つめていたらしい。
 目の前では両手を腰に宛がい、眉根を寄せた顔が迫っていた。
 多恵子は動かなくなった宏のヘルメットに自分のヘルメットをくっつけて顔を覗き込んでいたのだ。

『あ、ごめんなさい!』

 海中で拝むポーズをし、平身低頭する宏。

(今は多恵子さんとのデート中だったっけ。ヤバイヤバイ)

『まったくもうっ!』

 ヘルメットの向こうで苦笑いしている表情から、他の女性を思い浮かべていたとまでは思わなかったようだ。

『それじゃ、多恵子さん。熱帯魚に餌やりしましょうか♪』

 宏はインストラクターから渡された餌を多恵子にも渡しながら大きく微笑んだ。



(んもうっ! 宏さんったらボ~っとしちゃって。きっと、誰かさんと海に来た時の事でも思い出していたのね)

 宏の想いとは裏腹に、しっかりと夫の胸中を言い当てていた多恵子。
 それでも。

(でも、仕方ありませんわね。わたくしが宏さんと出逢った時には既に晶さんや若菜さんなど素敵な女の子達に囲まれていたのですから。……でも、それも含めて宏さんを好きになったのですし、今更嫉妬は無意味ですわね)

 手渡された餌を群がる熱帯魚にやりながら、多恵子は横目で夫を見つめる。

(こうして子持ち未亡人だったわたくしを娶って戴けただけでも、一生お側に仕えるだけの価値はありますし)

 宏と一緒に手の平に餌を載せ、魚達が群がる様子に笑顔を交わし、愛する男性(ひと)と同じ場所で一緒の時間を過ごせる幸せに浸る多恵子。

(宏さんといると、心が安まりますわ。……もっとも、未亡人で年上の女を堕とした責任も取って貰いますけど♥)

 多恵子はTシャツから覘く宏の腕や腹筋に視線を這わせる。

(宏さんは倉庫で力仕事をしている、って仰っていましたから、筋肉の付き方が何度見ても素敵ですわ♪ 二の腕の力こぶは見ていて力強いですし、特に中高と陸上部で鍛えられた太腿の逞しさは惚れ惚れしますわ♥ 腹筋も薄っすら六つに割れて……あぁ……あの身体にわたくし抱かれて……何度も身体を重ねているのですね♥)

 多恵子は知らず知らずのうちに内股で歩いていた。
 ハネム~ンの初日――新婚初夜での宏の無尽蔵な性欲に巻き込まれた事を思い出していたのだ。

(あの時の宏さん、わたくしを優しく抱き締めたまま何度も熱い精液を膣内(なか)に注いで下さいました。わたくしが果ててしまって息も絶え絶えなのに、射精しながら激しくも優しい抽挿をして下さいました。お陰でわたくしの膣と子宮はおろか全身に宏さんの精液がすっかりと染み込んでしまいました♥)

 ヘルメットの中でついつい頬が緩んでしまう。
 もしこの場に飛鳥がいれば、「な゛、ナニ不気味な顔して笑ってんのよっ!」と突っ込まれる事、請け合いだ。

(でもこれが……愛される歓び、なのですね。わたくしの小さな身体でも宏さんをたくさん悦ばせる事が出来ましたし……夫婦生活なるものが、こんなにも充実するものだと初めて知りましたわ)

 亡夫では味わう事が無かった性生活を噛み締め、ひとり悦に浸る元・未亡人。
 目の前の男性(ひと)を見るだけでお腹の奥がキュンと熱くなり、心が温かく、そして切なさも込み上げて来る。

(わたくしの心と身体は、もう宏さん無しでは生きては行けませんわ。この先、何が何でも宏さんと添い遂げなくちゃっ! ……あぁ、今夜が楽しみですわ♪ 初めて二人っきりになれる夜ですし、早く夜にならないかしら♥)

 愛しき男性(ひと)を見つめながら、今夜のセックスを心待ちにする多恵子。
 熱い塊が子宮から膣へ次から次へと流れ落ちてゆくのが判る。

(いゃん、すっかり濡れちゃいましたわ。……でも、ここが海中で助かりました)

 海の中が幸いし、愛液が染み出す股間や熱く滴る内腿を気にする必要が無いのが、多恵子にはありがたかった。


     ☆     ☆     ☆


「多恵子さん。水平線の少し上に南十字星が見えますよ」

 夕食後。
 宏は多恵子を誘って牧山(まきやま)展望台に来ていた。
 ここは伊良部島で一番標高が高く、昼間は隣接する下地島や宮古島までも一望出来る観光スポットでもあった。
 しかも宿屋から徒歩十分程度で来られる近さも魅力のひとつだ。

「えっ!? どこです? ……あら、ほんとに! あれが話に聞く南十字星なんですね。……素敵~♪」

 多恵子は祈るように両手を胸の前で組み、東京とはまるで違う夜の空に瞳を煌めかせる。
 眼下には伊良部大橋を渡る車のヘッドライトとテールランプが蛍の様に見え、仰ぎ見ると満点の星空が拡がって二人は南国の夜に暫し魅入ってしまう。

「南十字星ってみんな言ってますが、正式には『みなみじゅうじ座』と言うんだそうですよ」

「宏さん、博識ですのね」

「……な~んて。実は宿屋に置いてあった観光パンフレットに載ってたんです」

「まぁ! うふふふっ」

「あははははっ」

 笑いながらも、二人の影がゆっくりひとつに重なる。
 宏が隣に立つ多恵子の肩をそっと引き寄せ、多恵子もそのまま宏の胸に頭を預けたのだ。

「本当に綺麗な星空ですね。まるでわたくし達だけが宇宙に漂っているかのよう。……こんな心洗われる光景、飛鳥や美優樹にも見せてあげたいですわ」

「そうですね。でも二人だけでは無く、夜空が好きな晶姉や優姉を始め、みんなにも見せてあげたいですね」

「あら、宏さんったら、わたくしの肩を抱きながら他の女性の事を考えるなんて……いけずな男性(ひと)っ」

 唇を尖らせて拗ねる多恵子に、宏は慌てて言い訳を始める。

「あ、いや、深い意味は無くてですね――」

「ふふ♪ 冗談ですわ♪」

「た、多恵子さ~ん。多恵子さんが最初に飛鳥ちゃんと美優樹ちゃんの名前を出したんじゃないですか」

「あら、そうでしたかしら?」

 すっとぼける多恵子に、宏は破顔する。

「あはは♪ やっぱり多恵子さんはお母さん、でもあるんですね。ご自分の事よりも真っ先に娘さんの事を想う――。俺、そんな多恵子さんが好きです♥ 普段からも常にみんなに気を配ってくれていますし」

「あら、やだ……そんな……母だなんて……恥ずかしいですわ」

「いえいえ、多恵子さんは立派に『お母さん』、してます! 家事も助かってるって、千恵姉や若姉が手放しで喜んでますし」

 肩を抱く腕に力を込める宏。
 多恵子も抗う事無く、むしろ進んで宏に密着する。

「そう言って貰えるだけでも嬉しいですわ。こんなわたくしでも皆さんのお役に立てているのですから」

「多恵子さん、『こんな』とか……そんなにご自分を卑下しないで下さい。多恵子さんは晶姉や夏穂先生、そして飛鳥ちゃんや美優樹ちゃんと同じ位置にいる、俺の『奥さん』でもあるんですから」

「……そうですわね。ごめんなさい。宏さんと二人っきりなのに、つい母親としての立場になってしまいましたわ」

「あ、いえ、俺の方こそ出しゃばってすいません。奥さんと母親、どちらも多恵子さんなんですから、どちらが欠けてもダメなんですよね」

「ふふ。それじゃおあいこ、ですわね♪」

 ニコリと瞳を細め、頬を赤く染めながら宏を仰ぎ見る多恵子。

 ――アップに纏めた黒髪と白い肌を露わにしたうなじ。
 細い眉と黒目がちで涼やかな二重(ふたえ)の瞳。
 鼻筋の通った小顔とピンク色に煌めく薄い唇――

 しかしその表情は妻や母親では無く、恋するひとりの女、そのものの顔だった。

(多恵子さんは小柄で童顔だけど、こんなにも可憐で……メチャ可愛いっ! だのにスリーサイズは夏穂先生と同じ位で肉感的だなんて……反則だよなぁ)

 幼い外観ながらボン、キュッ、バン、とメリハリのあるボディはノースリーブのワンピース越しでもハッキリと判り、そんな匂い立つ色香に吸い寄せられた宏はそっと唇を重ねる。
 多恵子も鼻を鳴らしてキスをせがみ、小鳥が囀るような音を何度も立てながら二人は唇を貪り合う。

(多恵子さん……多恵子さん)

 宏の心の底から、多恵子に対する愛おしさが止めどもなく湧き上がって来る。
 それは言葉となって多恵子を優しく包み込む。

「多恵子さん、愛してます♥」

「宏さん♥ わたくし幸せ過ぎて……何だか恐いですわ。好きな男性(ひと)とこうして同じ場所で同じ時間を過ごしている事自体が夢みたいで……夢は醒めるものですから……出来る事ならこのままずっと……」

「でしたら、夢から醒めてもこうして――」

 宏はそっと多恵子のウェストに両腕を回して正面から抱き締める。
 すると多恵子の豊かな胸が柔らかく偏平するのが判った。

「俺がいつでも抱き締めてあげます。多恵子さんの隣に俺がいます。だからいつでも手を伸ばして俺を掴んで下さい。俺も多恵子さんを離しませんから」

「宏さん……♥ ありがとう――んむぅっ」

 宏は多恵子からの感謝を唇で封じ、そのまま熱く濃厚なキスを交わす。
 今度は最初から舌を繰り出し、多恵子の舌と絡め、なぞり、吸い上げる。

「礼には及びません。夫として当然です♪ ……まぁ、まだ若輩で頼りないかもしれませんが」

「んぁ……宏さん……宏さん♥ 宏さんには十人もの女性を受け入れる心の広さと深さがあります。それだけで充分頼りになりますわ♪」

 多恵子も顔を上向けて鼻息荒く宏の唇を貪って来る。
 舌を絡め合いながら宏の唾液を呑み干し、飽きる事無く唇を食(は)んでは熱い吐息を漏らす。
 互いが互いを求め合い、いつしか二人はきつく抱き合っていた。


     ☆     ☆     ☆


「宏さん!? ここじゃダメですっ! せめてお宿に帰ってからにして下さいまし!」

 濃厚な口付けだけでは飽き足らないのか、腰に回された両手が尻に伸びて来た。
 しかも最初は表面を軽く撫でるだけだったが、次第に尻たぶを揉みしだく動きになっている。

「宏さんっ! お願いですから落ち着いて下さい! いくら何でも人目に付くここでは……あぁあっ!? そ、そこを触ってはダメです!」

 多恵子は強い口調で哀願するものの、宏の鼻息が徐々に荒くなるにつれ抵抗も弱まってしてしまう。
 宏の中指が尻の割れ目を辿って恥ずかしい部分に触れて来たのだ。
 しかも、お腹に熱くて固い棍棒状のモノがずっと押し付けられてもいる。

「はぁん……こんな……外でだなんて……もし誰かに見られでもしたら……」

 宏の片手が疼き始めた乳首を何度も掠めてゆくから何も考えられない。
 ぞくぞくする性電気が胸と下半身から湧き上がり、頭の片隅でこのまま身を委ねてしまえと淫魔が囁いてもいる。
 そんな迷える子羊(?)に、宏が追い打ちを掛けた。

「時間も遅いですし地元の人はおろか観光シーズン前ですから観光客も来ません♪ …………たぶん」

「た、たぶん……って、そんな……あひゃぁあっ!?」

 いきなり、膝裏から甘美な刺激が駆け上がって来た。
 尻を撫でていた手がいつの間に下に伸び、膝裏から内腿に手を這わせていたのだ。

「宏さん、大胆過ぎますっ! お願いですから場所を変えて……あぁっ!? そんなコトしちゃダメですっ!」

 ほんの僅か逡巡している間にワンピースの裾がすっかりと捲り上げられ、オフホワイトのショーツが露わになった。

「多恵子さん、すごくセクシーなショーツですね。ローライズのシンプルなショーツで……すごく好いですっ! 俺、こういう肌にピッタリ貼り付くタイプの下着って、色っぽくてセクシーだから好きなんです♪」

 跪き、ワンピースを捲り上げたままショーツをガン見する夫に、多恵子は恥ずかしさよりも安堵が先に立ってしまう。

(あぁ、好かった。宏さんに悦んで貰えて。思い切って勝負下着を穿いて正解だったわ)

 多恵子はフリルなどの煌びやかな装飾は無いものの、フロント部分に小さなピンクのリボンがアクセントになっているショーツを穿いていた。
 風呂から出た後、いつ宏の目に触れても好いように選んでおいたのだ。

(宏さんの好みを知る若菜さん直々のお薦めですし、やはり妻として、そして女として宏さんに悦んで欲しいもの♥)

 などと自画自賛(?)していたら、宏の手がショーツの両脇に掛かった。
 どうやらこの場で脱がすようだ。

「い、いけません! 外で下着を脱ぐだなんて、いくら何でも無茶過ぎっ……あぁっ!!」

 言いつつも、足を閉じるどころか力を抜いて肩幅に太腿を拡げてしまう多恵子。
 宏の熱い息がすっかりと濡れそぼったクロッチ部分を掠めて行ったのだ。

(これでは脱がして下さいと言わんばかりだけど……幸い誰も近くにいないし宏さんが求めるのならば……♥)

 股間を覆う薄布が引き剥がされ、風が直接、天然無毛の淫部を撫で擦ってゆくのが判った。
 しかし、いくら宏との触れ合いを望んでいても、屋外にいる以上、恥じらう言葉が自然と口を吐(つ)いてしまう。

「あぁ……公共の場で……こんなはしたない格好で……宏さんの……いけずぅ」

 つい、内股になって自らを抱き締めてしまう。
 それでも多恵子の縦筋を凝視しつつ、宏は多恵子の羞恥を煽る言葉を掛けて来た。

「多恵子さん、何だかんだ言いつつもショーツを脱がせている間中、少しも抵抗しませんでしたね。むしろ片足ずつショーツを脱ぐの手伝ってくれてますし」

「そ、それはっ! ……………………わたくしが宏さんの求愛を断わるなんて……あり得ません」

 顔を背けつつも、小声で心中を吐露する多恵子。
 その顔は薄暗い展望台にあってもハッキリと判る程、赤く色付いていた。


(おぉ~~~、多恵子さん、薄っすら濡れてるっ! 多恵子さんもキスしただけで濡れるんだ)

 宏は跪いたまま、産毛すら生えていない肉裂を凝視していた。
 白くなだらかな恥丘に切れ込む、ひと筋の割れ目。
 肉厚の大陰唇が左右から合わさり、深い谷を刻んでいる様は何度見ても興奮させられる。
 今は両足を軽く閉じた状態なので媚粘膜までは見えないが、谷の中程に薄桃色の陰核包皮の突起と濃い桜色に染まるラヴィアが僅かに覗いている。
 しかも割れ目の縁には夜目でも判る程、濡れ光る液体が滲んでもいた。

(多恵子さんって小柄で童顔だから、まるで女子中 学生にイタズラしてるみたいだな)

 そんな危ないシチュエーションだのに(だから?)、宏の股間は大きなテントを張っていた。
 鼓動に併せて肉槍が疼き、遠目から見てもバミューダパンツを棒状に押し上げて先端が大きく膨らんでいる。

(先のハネム~ンで優姉と夜の外でシタ時もこんな雰囲気だったけど……多恵子さんだと何か新鮮だなぁ。優姉は従姉だから生まれた時からの付き合いだけど、多恵子さんは知り合って七年程だし本格的に接し始めてまだ四ヶ月だもんな~。『女房と畳は……』とはまるで違うけど、新たな女性としての新鮮味があるのかも)

 暫し幼い割れ目に魅入っていたら、頭上から熱い吐息が漏れて来た。

「あぁ……ひ、宏さん。そ、そんな熱心に見つめられると……わたくし……」

 モジモジと足を摺り合わせる度に漏れ出た愛液が白い内腿を濡らし、デルタゾーンに銀の糸が架かってゆく。

(多恵子さん、始めは嫌だ嫌だ言ってたのに、今や熱く火照ってうっすら汗掻いて期待してるし♪ ……だったらここで多恵子さんを舐めてイカせてあげよう♪ せっかく二人っきりなんだし、たっぷりと多恵子さんを味わってから合体したいしな♥)

 脳内でエロプランを立て、肉棒もそそり勃てた宏は股間の前で大きく深呼吸する。

(あぁ……多恵子さんの匂いがする♪ 濃厚でどこか甘酸っぱい……多恵子さんだけが分泌させてる蜜の匂いだ)

 宏は跪いたまま両手を柔らかな尻に宛がい、ゆっくりと揉み回しながら淫裂に顔を埋めた。

「あぁ! ひ、宏さん、いけません! こ、ここでは……落ち着いて愛撫を受けられませ……んんっ!!」

 陰核包皮の上に鼻先を宛がい、濡れたラヴィアを割り開きながら舌先で膣前庭を舐め上げる。
 するとたちまち唇は溢れ出す愛液で濡れ光り、口の中にも容赦無く愛液が注ぎ込まれた。

「多恵子さんのラブジュース、あったかくてトロトロしてて……すごく美味しいです♪」

 ――じゅるるるっ! じゅじゅっ! じゅるるっ……――

 こんなにも濡れているのだと知らしめるように、わざと音を立てて蜜を啜る宏。
 尖らせた舌を膣孔にねじ込み、直接愛液を飲み干してゆく。

「はぁん! あぁあ……ひぅっ!? ふぁあ! うぁ~~~っ……そ、そんなに吸っては……ひゃんっ! お、お豆に触れては……だ、ダメですぅ!」

 唇を動かす度に、頭上から鼻に掛かった甘い声が漏れ出て来る。
 どうやら上唇ですっかりと剥き上がった部分を無意識に刺激していたらしい。

「でも、気持ち好いでしょう?」

 淫裂を舐めしゃぶりつ聞いてみると、果たして予想通りの応えが返って来た。

「き、気持ち好い! 気持ち好過ぎて何も考えられません! 宏さんに触れられている所は全て性電気が走って……わたくし、もう立っていられませんっ!!」

 そう言った直後。

「わたくし、外でイッてしまいますぅ~~~~~~っ!!」

 言葉尻が尻上がりとなって絶叫し、膝が震えたかと思った瞬間、雷に打たれたかのようにビクンッと全身を振るわせ、気をやってしまう多恵子。

「イック――――――――――――――――っ!!」

 ひと際大きく身体を震わせ、宏の頭を抱えると前のめりになって小刻みな痙攣を繰り返す多恵子。
 今迄聞こえていた風が草をなびかせる音や遠くから聞こえる波の音に替わり、展望台には多恵子の荒い吐息がいつまでも響いていた。


     ☆     ☆     ☆


「あぁ……こんな格好で宏さんと繋がるなんて……しかも外で。……………………宏さんの、エッチ♥」

「エッチなのはお互い様かと♪ 多恵子さんも人目が無いのを好い事に外でアクメを迎えたようですし♪」

「はぅっ! そ、それは……っ」

 上目遣いでやんちゃな夫を睨むが、あっさりとカウンターで返されてしまった。
 もっとも、自分でも瞳は潤み、顔どころか全身が火照っているのが判るのでどう抗議しても無駄だろう。

「んもう! 宏さんの意地悪っ。……うふふ♪」

「あははっ、怒った多恵子さんも綺麗ですよ♥」

「ハイハイ、そう言うコトにしておきましょうね♥」

 軽いジャブの応酬に、固く抱き合ったまま笑みを交わす多恵子と宏。
 二人はベンチに浅く腰掛けた宏の上に抱き合うようにして多恵子が跨り、対面座位での合体中だった。
 宏のハーフパンツとトランクスは多恵子によって脱がされ、多恵子のショーツと共にベンチに鎮座している。

「あぁ……こうして動かずに深い所で繋がっていると……何だか落ち着きます。気持ち好いのは確かなんですが、心が安らぐんです。ずっと、こうしていたい程に♥」

 宏の首に両腕を回し、腰にも両足を回してしがみついているので結合の深さはピカイチだ。
 木製のベンチなので激しい抽挿は期待薄だが、深く繋がっていられるので多恵子のお気に入りの体位だった。

(しかも、宏さんの逞しいおチンポがわたくしの子宮を突き上げて来ますから……得も言われぬ快感も味わえますし♥)

 身体の各パーツが小さい多恵子にとって、宏のイチモツは巨砲(巨チン兵?)と呼べる大きさになる。
 そんな竿を多恵子の小さな膣へ全て収めると亀頭が子宮を嫌でも押し上げるのは道理でもあった。

「それに、わたくしが宏さんを包み込んでいるのかと思うと凄く幸せな気持ちにもなれます。愛し愛される者同士での繋がりがこんなにも優しくなれるなんて……初めてです。どれもこれも、全て宏さんが教えて下さったんですよ」

「あはは、そう言って貰えると俺も嬉しいです。多恵子さんのお役に立てて好かったです♪」

 歳下の夫は、そう言うと優しく抱き締めてくれる。
 下から腰を突き上げるような抽挿をしたいのだろうが、こうして妻のリクエストに応えてくれる。

「宏さんが隙間無く挿(はい)っていますから、おチンポがピクピク動くのが判ります♪ ……ホラ、今もビクンって大きく脈打ちましたわ♪」

「だって……多恵子さんの膣内(なか)、チンポに密着して……色んなトコが刺激されて……気持ち好いんです! まるで膣内(なか)でしゃぶられているかのようで……マジで……動かなくてもイッちゃいそうです」

 宏の両手が腰に宛がわれ、多恵子の回転運動を封じる。
 どうやら自然と動いていた腰の動きが暴発の誘因となっていたらしい。

「わたくしの『女』を褒めて下さってありがとうございます♪ わたくしも宏さんのおチンポでお腹いっぱいですわ♥」

 小さく笑い合うと、吸い寄せられたかのようにディープなキスを交わす。

「あぁ……宏さんの熱くて硬いのが……お腹を突き上げていますわ♥」

 繋がった部分からは止めどもなく愛液が滴り、ベンチをも大きく濡らしてゆく。
 二人の呼吸が次第に荒く大きくなり、言葉も少なく顔中に唇を這わせ合う。
 互いに耳朶を甘噛みし、舌先でなぞり、そのまま頬を通って唇を重ねる。

 ――ピクリ……ピクンッ、ウニョニョニョ……ウネウネ――

「多恵子さん……多恵子さん♥ 好きです……愛してますっ♥」

「わたくしも宏さんが好きです♥ 愛してますわ♥」

 愛の言葉を交わす度に、膣内(なか)でも会話を交わす二人だった。


     ☆     ☆     ☆


 多恵子の膣内(なか)にたっぷりと精を注いだ宏は、未だに固い肉槍を多恵子に挿れたままDカップ(八十五センチだ)の胸に手を宛がう。

「多恵子さんのオッパイは柔らかいマシュマロみたいでフカフカしてて……服の上からそっと触れても指が沈み込んで行くのが判ります♪ ……飛鳥ちゃんのオッパイも、こういう風に柔らかいのかなぁ」

 射精後の脱力感に浸っていた宏は、つい、まだ見ぬ乳房に想いを馳せてしまう。
 そんな溜息混じりの本音を零す宏に、多恵子は目を剥いた。

「えっ!? ま、まさかっ! ひ、宏さん、飛鳥はまだ……」

「そうなんです。飛鳥ちゃん、未だにガードが固くて。オッパイ、直接見るコトすら許してくれないんです。ブラしてても胸を隠すコト、多々ありますし」

「飛鳥ったら、まったくもう! いつまでも駄々を捏ねて宏さんに寂しい思いをさせるなんて……ほんと困った娘で申し訳ございません。あとできつく叱っておきますわ。……………………あ、でしたら♪」

 宏と繋がったまま大きく頭を下げて母親として詫びる多恵子だったが、最後に何か思い付いたのか、実に楽しげに微笑んだ。


                                            (つづく)

♥ 投票(クリック)して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方はクリックをお願いします♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(0) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト
恋心(4) 恋心(4) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
 
「飛鳥ちゃん……飛鳥ちゃんっ! んちゅ~~~~っ!!」

「ひ、宏先輩っ! 宏先輩! ぁんむん~~~~♥」

 正常位で交わる二人は互いに名前を呼び合い、きつく抱き合いながら濃厚なキスを繰り返していた。
 時はそろそろ日付も変わろうかと言う深夜、場所は宿の二階に宛がわれた、ハネム~ン専用の個室(とは言え、八畳間を二部屋繋げてひと部屋としているだけだが)。
 ここで宏と飛鳥は昼間の余韻(二人っきりで宮古島の観光スポットを巡り歩いた)を残しつつ、夫婦和合に励んでいた。

「飛鳥ちゃん、飛鳥ちゃん♥」

「あん、あん、あん、あぁ~~~♥ はぁん、あん、あん、んぁあ~~~♥」

 覆い被さる宏は三浅一深のリズムで熱くぬかるんだ蜜壷を撹拌し、飛鳥も長い両手足を宏の首と腰に巻き付けて全身で寵愛を受けている。
 もっとも、全裸の宏に対して飛鳥は純白のブラと黒のオーバーニーソックスを装着したままだったが。

「飛鳥ちゃんの膣内(なか)、また締まって来たよ。まるでチンポ全体を手で強く扱かれているみたいだっ♪」

「あはぁんっ! あん、あん、あんっ♥ せ、先輩の長くて硬いのが……奥を突(つつ)いてっ……私、またイっちゃう! もう何度もイッてるのにっ……気持ち好すぎて……イクのが止まらないぃ!」

「何度イッて好いよ♪ 夜はまだ長いし、朝までたっぷりと愛してあげるからね♥」

「あ、朝まで!? 私、死んじゃう! イキっ放しでお股の緩い女になっちゃう! そんなの、イヤぁっ……はぁんっ! き、気持ち好いっ! 先輩のが膣(なか)でいっぱい擦れて……どうにかなっちゃうぅっ!」

 口付けを振り払い、涙目で訴える飛鳥だが宏の腰は止まらない。
 蜜壷と肉槍の隙間からは白く泡立った愛液が駄々漏れしてシーツに大きな染みを作り、粘着質な水音が荒い呼吸音と共に部屋に響いてゆく。

「飛鳥ちゃんのオマンコ……パイパンのオマンコ、最高~~~~っ♪ ……も一回、イク?」

 宏は最奥まで肉棒を挿したまま、膣壁のお腹側と子宮口を亀頭で抉(えぐ)ってゆく。
 既に何度も膣内射精(なかだし)した精液を刷り込む動きに、若い飛鳥はひとたまりも無かった。

「っ!? ひぎぃいっ! そ、そんな奥を抉ったら……イク! イクゥっ!!」

 長身の肢体がビクンと波打ち、背を仰け反らせて身体全体を震わせると本日何度目かのアクメを迎える。
 白いシーツにはツインテールに結った栗色の髪が扇状に散らばり、汗で濡れた白い肌も朱に染まってゆく。
 抱き付いて来る火照った肢体からは汗と甘い香りが立ち昇り、宏の鼻腔をもくすぐる。

「あ、あ、あ、あ゛――――――――――――――――――――っっ!!」

 飛鳥の甲高いアクメ声が部屋に響き、膣壁の急激な絞りに合わせて宏も大量の精液を胎内に注ぎ込む。

 ――どびゅ~~~っ! どびゅびゅびゅびゅっ、どっくんどっくん……びゅびゅ~~~!!――

「うぉ!? 飛鳥ちゃんの吸い込みがきつくて……根こそぎ吸い取られてるっ! くぅ~~、気持ちイイッ!」

 竿の根本まで押し込み、恥丘で飛鳥の完全勃起した陰核を磨り潰しつつ濃厚な白濁液をたっぷりと注ぐ宏。
 射精のタイミングに合わせて小さく腰を突くので、その度に飛鳥の下半身からは熱い潮が迸り、濃い桜色に色付いた唇からは熱い吐息が漏れて来る。

「ふぅん! うっく、ひっく、うぁあ……はぁんっ……射精(だ)しながら……奥を突かないでぇ……イキっ放しで……息が出来なぃ~~~」

 呼吸もままならない飛鳥が半目のまま懇願して来るも、宏の射精は結合部の隙間から大量に漏れ出るまで止まる事は無かった。

「ハァ、ハァ……飛鳥ちゃん……飛鳥ちゃん♥」

「ひ……ひ……宏……先輩……何度も射精(だ)したのに……今回も射精し過ぎですぅ♥」

 吐精を終えたペニスとアクメを迎えた女体の痙攣が治まると、男女の荒い息遣いだけが聞こえて来る。

「ハァ、ハァ~~~、飛鳥ちゃんの膣内(なか)が気持ち好くて、つい夢中になっちゃって♥」

「んもぅ♥ あぁ……宏先輩の熱い精液が……私の膣(なか)をいっぱい満たして……私……幸せ……♥」

 息も絶え絶えに惚けたまま、甘い口調で覆い被さっている宏に口付ける飛鳥。

「先輩、大好き♥」

「飛鳥ちゃん、俺も愛してる♥」

 飛鳥が手足をきつく巻き付けたままなので、宏も目の前の後輩に額をくっ付けて愛を囁く。
 汗で濡れ光る額には何本ものほつれ毛が纏わり付き、真っ赤に染まった目元が妙に色っぽい。
 どうやら心身共に満足してくれたようだ。

「……あ。飛鳥ちゃんに散々吸い取られたから、流石にだんだん萎んで来たよ」

「萎んで? って、いやん、先輩のエッチ! 私、そんな餓えてないモンっ! ……ただ、先輩の温もりがいっぱい欲しかっただけだもんっ」

 首から上を真っ赤に染め、頬を膨らませて横を向く飛鳥。
 どうやら心当たりが大いにあるらしく、膣肉が芯を失いつつあるペニスにウネウネと絡み付いて来た。

(飛鳥ちゃん、まだ精を欲してる? でも暫く休憩させて欲しいな。俺も続け様に射精(だ)したからひと息入れたいし)

 それはまるで何本もの細い触手が絡み付いて射精を促す動きだったが、肩で息をしている宏にはクールダウン(後戯?)のような愛撫に感じられた。

「そっか、ゴメンゴメン。俺が飛鳥ちゃんをたっぷりと愛したかったんだから、気にしないで」

(それに……ホントは射精した後でもオッパイ揉んだり乳首吸ったり柔らかくなりつつあるチンポで抽挿したりして後戯するんだけど、飛鳥ちゃんはオッパイ、タブーだからなぁ。ま、フニャチンでも触れ合ってると気持ち好いから、これはこれで好いけど♪)

 宏は飛鳥に限らず、ひとりだけ相手にするエッチの際は膣内射精(なかだし)後に勃起が収まり、自然と膣から抜け落ちるまでペニスを挿れたままにしている。

(射精(だ)して直ぐに抜くのは性欲だけ満たしたみたいで愛情が薄く見えるからね~。最後までしっかりと愛するのが夫の努めだし♪)

 宏は飛鳥の膣内(なか)で連続五回目の射精――抜かずの五発をかまし、その前にも愛情たっぷりなフェラで一回射精(だ)しているので合計六発、射精した事になる。

(続け様に射精(だ)したから流石に萎むわなー。休憩ついでに風呂にも入りたいし)

 夕食後、すぐに二人っきりになった故に互いの身体は汗まみれで、特に飛鳥の下半身は汗と愛液、精液塗れになっていた。
 それは本人が一番判っていると見え、膣から小さく萎んだペニスが抜け落ちたのを見計らってゆっくりと上体を起こし、潤んだ瞳と頬が赤く染まった顔で宏を見上げた。

「宏先輩、私、もう一度お風呂に入って来ます。流石に……身体中がベトベトです」

 お腹に手の平を宛がいつつ、小さくニコリと笑う飛鳥。
 どうやら子宮に注がれた白濁液の熱さがまだ残っているようだ。

「うん、判った。飛鳥ちゃんは露天風呂に浸かると好いよ。俺は内湯に入るから」

 宏は飛鳥の貧乳コンプレックスに配慮し、肌を重ねる間柄にも係わらず別々の入浴を提案する。
 この民宿は露天が混浴で内湯が男女別なのだ。

「ありがとうございます。そうさせて貰います。それじゃ、お先に失礼します」

 素肌に浴衣を羽織った飛鳥はタオルと替えの下着を持つと一礼し、ふらつく足取りで部屋を後にする。

(飛鳥ちゃん、相当、足腰にキテるようだな。……まぁ、ずっとしがみ付きっ放しだったから無理も無い、か)

 かく言う宏も、腰に力が入らない。

「ひとり相手だと必然的に濃厚で激しい交わりになるからなぁ♥ ……さて、と。俺も布団を整えてから風呂に入るか。流石に汗や体液で湿ったままじゃ気持ち悪いし」

 部屋の隅には替えの布団やらシーツ一式やらがきっちり用意されているのは……既存の妻達のさり気無い(?)気配りなのだ。
 宏は手早くそれらを交換し、窓も細く開けて換気も済ませるとタオル片手に男湯へと向かった。


     ☆     ☆     ☆


「あ~ぁ。結局、今回もブラを外せなかったなー。今日こそは! と思ったんだけど、やっぱり決心が付かないや」

 所々に灯る白熱電球が露天風呂と薄っすら立ち昇る湯煙を淡く照らす中。
 湯に浸かる飛鳥は首を下げ、見事なまでに平らな胸に盛大な溜息を漏らした。
 透明なお湯の中で揺らめく桜色の丸い乳首と慎ましやかな乳輪は処女同然に綺麗だが、いかんせん、女としての膨らみが全然足りない。

「豊乳揃いの奥さん達の中でAカップは私だけだなんて……神様のイジワル! あと三センチで優先輩と同じサイズになるのに……僅か三センチ、されど三センチ、か」

 アンダーバストに両手を宛がって持ち上げて見るものの、妹の八十センチはおろか、奥さん達の中で二番目に小さい優の七十七センチの膨らみにも遠く及ばない。

「こんなナイ乳、宏先輩は本当に悦んでくれるのかなぁ。『ブラ越しでも綺麗だよ♪』とか『微乳こそオッパイの基本中の基本だ!』とか『オッパイとはAカップから育ってゆくのだ!』とか熱弁奮ってくれるけど……単なる社交辞令(おせじ)のような気がするし」

 力業(ちからわざ)で周囲のお肉を無理矢理寄せ集めて見るも、グラビアアイドルみたく胸の谷間など出来やしない。
 あるのは平原の中にある、低くなだらかな丘、それだけだ。

「でも、手の平サイズでお碗型の真ん丸オッパイは形も綺麗だし乳首だって感度良好で…………って、ふぅ」

 口から出るのは溜息と愚痴ばかり。
 バストサイズばかりは、自助努力では如何ともし難い。

「昼間は色んな所で遊んでメチャ楽しかったし宏先輩との……エッチも幸せな気分に浸れるし気持ち好いから好きなんだけど……このナイ乳だけがネックなのよねー。お母さんと夏穂姉さんはDカップだし三つ歳下の美優樹ですらBカップに育ってるし……ましてや、優先輩は私とサイズ的に殆ど違わないのにCカップだなんて!」

 母親の八十五センチと叔母の八十四センチ、そして同じ外見である妹やスレンダーな優のふっくら膨らむバストを思い浮かべると、無性にむかっ腹が立って来た。
 因みに、美優樹より優のカップサイズが大きいのはトップとアンダーの差による為だ。

「もうすぐ東京に帰るし二人っきりの夜なんて当面無さそうだし、いっそ、これから裸のまま内湯に行って宏先輩に迫っちゃおうかな? そうすればこんな小さなオッパイでもきっと悦んでくれる……」

 男湯に続くドアを見つめて息巻くものの、己のバストサイズを意識した途端、風船が萎むように心意気まで萎んでしまう。

「って、漫画(レディコミ)じゃあるまいし、そんな都合好く行くわけ無いわな。宏先輩だって、こんなちっぱいよかお母さんや晶先輩みたく揉み応えのあるデカ乳が嬉しいだろうし。……でも、せめてこの旅行中に私の包み隠さぬ身体の全て、宏先輩に見て貰いたかったな。結局、そんな勇気は最後まで出なかったけど」

 大きな溜息が漏れ、脱力して目の下まで湯船に沈み込んでしまう。

「ま、お互いそのうち気にしなくなる……よね? でも、ずっとブラをしたままエッチするのも何だか隠し事してるみたいでヤダなぁ。もしかして一生このまま、だなんてコトには……ならないよね?」

 処女の頃とは違って何度も宏と身体を重ねているのでエッチの部分は極端にどもらなくなったが、それでもまだまだ言葉にしにくい。
 飛鳥は岩風呂の縁に背中を預けると両足を拡げて前に投げ出し、両肘を外に出して上体を支えると顎を大きく反らして天を仰ぐ。

「あー、今日も天の川が綺麗だなー。あの川で泳いだらきっと素敵だろうなー。天界に行って女神になれたらオッパイも大きくなるかなー」

 頭上には東京では決して見る事の出来無い、満天の星が瞬いていた。
 そんな、現実逃避しかけた飛鳥が女性らしからぬポーズで温泉に浸かっていたら。

「あら、飛鳥もお風呂? 一緒に入るわよ」

「……あ、本日の果報者がいる」

「あら、飛鳥ちゃん、奇遇ね。一緒に入ろか。せっかくだから背中、流してあげる♪」

 聞き慣れたアルトの声に続き、ショートヘアでスレンダーな体型の美女が小さく微笑みながら現われ、その後ろには癒し系美女と謳われている女性(ひと)の姿があった。
 アルト声の女性と癒し美女は艶やかな黒髪をアップに纏め、三人共、身体の前を隠そうともせず全裸のまま歩み寄って来た。

「お母さん? 優先輩に……真奈美さんまで!」

 深夜この時間、既に自分と宏以外は寝入っていると思っていただけに、虚を衝かれる形となった飛鳥は目を見張った。

(一階に下りた時、確か……みんなの部屋の電気は消えてた筈。しかも三人がここ入って来る音、全然気付かなかった! ……って、もしかして私の独り言、全部聞かれてた?)

 温泉による汗とは別に、背中に冷や汗がひと筋、流れ落ちる。

(あんなのお母さんに聞かれたら……後々まで話のネタにされちゃうっ!)

 奥歯を噛み締めひとり焦っていたら、手桶で身体を濡らした三人が飛鳥を取り囲むように湯船に入って来た。
 飛鳥は何気無くその三人に目線をチラリと向けた瞬間、血液が瞬間的に沸騰し頭へ一気に昇るのが自分でも判った。

(くっ……!! お母さんや真奈美さんも、これみよがしにデカ乳を晒してからに! これじゃ優先輩の胸が小さく見えて可哀想じゃん! これだからみんなの中で私のナイ乳が余計に目立つからイヤなのよっ!!)

 透明な湯にプカリと浮かぶDカップの双丘二組と比べると、飛鳥の目には明らかに優のバストはなだらかな丘の如く、慎ましく映っていた。
 ましてや、自分の丘はそれより低い訳で……。

(所詮、デカ乳の女性(ひと)にナイ乳の悩みなんて判る筈も無いし!)

 飛鳥の貧乳コンプレックスがチクチクと刺激され、ドス黒い塊となって心の奥底で膨らんでゆく。
 ぶつけようの無い怒りが渦巻く中、柔らかいアルトの声が露天風呂に流れた。

「飛鳥? 何を固まっているのです? 同じ宿に泊まっているわたくし達がここにいるのが、そんなに不思議なの?」

 母親のひと際穏やかな声が娘の昂ぶっていた心拍数を幾分、下げる。
 見た目こそ飛鳥の妹と言っても差し支えない程に小柄で童顔な多恵子だが、実の母親だけあって子供を手懐ける術は確かだ。

「あ、いや、その……夜も遅いから、起きてるのは私と宏先輩だけかと思ってたから……チョットびっくりしただけ」

 取り繕うように、わざと蓮っ葉に言う飛鳥。
 すると、真奈美が(実に爽やかに!)笑顔を向けて尋ねて来た。

「ねぇ、飛鳥ちゃん。宏君とのハネム~ンはどうだった?」

「はい! とっても楽しくて、すっごく充実してて、こういう旅行は初めてだったので、またしたいです!」

 こればかりは本当の事なので自信を持って大きく頷き返す。

(不思議と言えば、真奈美さんの笑顔を見ていると本当に心が癒されて来るから不思議よねー。さっきまでムカついていたのが嘘みたい)

 真奈美の少し垂れ気味の瞳を見つめていたら、今度は優が小さな笑みを浮かべたまま視線を向けて来た。

「……飛鳥ちゃん、他にやり残した事は無い? 明後日の午後には東京に戻るし、何かヤルなら今のうちだよ?」

「っ!!」

 宏達の家計を一手に預かり、更にネットトレードを生業にしているだけあって、優からの的を射た質問に飛鳥は表情を強ばらせた。
 頬が引き攣り、嫌な汗が一気に額に浮かぶ。
 なにせ、ついさっきまで己のバスト問題で落ち込み、悩んでいたのだから。

「あ……いや……その……あの……………………」

 普段はストレートに言葉が出て来るのに、今回ばかりは言葉が詰まって視線も彷徨ってしまう。
 根が正直な飛鳥は、その言動から一発で「やり残した事があります!」とバレてしまった。

「全く……貴女と来たらホントに手の掛かる娘(こ)だわねぇ。仕方無いから、今回だけは手助けしてあげます」

「飛鳥ちゃん、私達がいるから大丈夫♪ みんな飛鳥ちゃんの味方だからね!」

「……まぁ、悩める子羊ほど可愛いって言うし、全部ボク達に任せると好い♪」

 多恵子が溜息混じりに苦笑いし、真奈美は優しい瞳で頷き、優がニコリと笑う。
 いつも笑顔の真奈美はともかく、母と優の言葉からすると何か企んでいそうな気配だ。

「な゛、なによっ!? 何をしようって言うのっ!?」

 怪しげな空気に、三人に取り囲まれて逃げ場のない飛鳥は自らを抱き締め、ただただ身を震わせるしか無かった。


                                            (つづく)


 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方はクリックをお願いします♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(0) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。