ブログ障害・メンテナンス情報  

                          性描写がありますので20歳までの方は閲覧しないで下さい。    この物語(サイト)のRSS

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

最終更新 '17.-3.14. お知らせ (リンク集)                                            | Facebook | Twitter |  リンク集 | ▽ このページの下へ |  ライトHノベルの部屋 2009年03月


 ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋  ライトHノベルの部屋
     ~ラブラブハーレムの世界へようこそ♪~


スポンサーサイト スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
                                
恋情(4) 恋情(4) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
 
「あらら……行っちゃった」

 遠ざかる新幹線を全員が半ば呆然として見送る中、いち早く我に返ったのは千恵だ。
 若菜の声に反応するや否や身体をビクンと震わせ、宏に向き直ると同時に両手で宏の手を強く握る。

「……って、ちょっと宏っ! 飛鳥ちゃんひとり乗ってっちゃったけど、どーすんのっ!? あ、いや、すぐに追い掛けなきゃっ!」

 長いポニーテールを振り乱して慌てふためく千恵に、夏穂は手を振って微笑んだ。

「あ~~~、大丈夫よ、千恵ちゃん。あの娘(こ)がこっちに戻って来れば好いだけの話だから♪」

 高校時代と少しも変らない面倒見の好さを発揮した元・教え子に、夏穂は心から破顔する。
 人として大切な部分を失わずにいてくれた事が、世の中に送り出した元・担任教師としてもの凄く嬉しいのだ。
 そんな千恵に、美優樹も腰を九十度に曲げて深々と頭を下げる。

「心配してくれてありがとうございます。でも、携帯で連絡を取って次の停車駅で降りるように伝えれば済みますから、どうかご安心下さい♪ 隣の駅で折り返せば小一時間もあれば充分戻って来られるでしょうし……」

 おっちょこちょいな姉を心から心配してくれる千恵に最大限の謝意を示したのだ。
 同時に、これまで抱いていた歳の離れた学校の先輩という意識よりも、近所の頼れるお姉さん的な親近感が猛然と湧いて来る。
 これまで殆ど関わりが無かった筈なのに姉を気遣ってくれる千恵の優しさが美優樹の心の垣根をいとも簡単に取り去ったのだ。

「ですから、どうかお気遣い無く♪」

 僅か十五歳の――もうすぐ十六になる――少女とは思えない腰の低さに、七つ年上の千恵も釣られて頭を下げる。

「あ、いやいや。あたいはただ当り前の事を言ったまでだから、そんなに畏まらないで……」

「いえいえ、こちらこそ至らぬ姉がご迷惑をお掛けして……」

 頭ひとつ分背丈の違う二人が互いに頭を下げ合う姿に、夏穂を始め晶と宏は状況を忘れて笑い声を上げてしまう。
 これではどちらが年上なのか判らない。
 一方、ほのかと真奈美は初対面の夏穂に視線が釘付けとなっていた。

「宏や千恵ちゃん達から聞いてた通り、夏穂さんって見た目と違って肝っ玉が据わっているよな~。姪とはぐれても少しも動じないトコなんざ、さすが教師だぜ」

「立派な先生に付いていたんですね、みんな。……なんだか羨ましいわ。私も夏穂さんみたいに綺麗で凛とした先生に教わりたかったわ」

「夏穂先生って~、美人で気さくで面白いから学校の人気者だったんだよ~」

 ほのかと真奈美が顔を見合わせて感心し、若菜が自分の事のように胸を張る。
 しかし、ただひとり携帯電話で新幹線の時刻表を確認していた優が辺りに漂うノンビリムードをいとも簡単に打ち砕いた。

「……ヒロクン。飛鳥ちゃんが乗った新幹線は最速タイプだから東京までノンストップ。次の停車駅は終点の東京だよ。到着時刻は九十五分後の十五時三分。因みに、すぐ折り返す新幹線に乗ったとしてこっちに戻るのは……早くて十七時二五分。あと四時間後だね」

「「「「「「「「……………………」」」」」」」」

 ホームには暫し、八つの彫像が立っていたという。


     ☆     ☆     ☆


 その日の夜。
 一足早く自宅へ戻っていた夏穂と美優樹、そして先程やっと帰って来た飛鳥は昼間買った駅弁で少し遅い夕食を摂っていた。

「まったくっ! なんで私がこんな目に遭うのよっ!!」

 怒り心頭の飛鳥は手にした箸で肉じゃがのジャガイモを勢い好く突き刺す。
 まるで親の敵とばかり力を入れた所為で、柔らかく煮込んだジャガイモは一瞬で粉砕されてしまう。

「お姉ちゃん、おかずに罪は無いよ? それに、元々はお姉ちゃんが宏さんに見惚れてボケ~~~~っ、としてたから悪いんじゃない。つまりは自業自得。モノに当るのは筋違い」

「そうそう。さっさとホームに降りて再会を喜ぶハグなりキスでもしてれば、遥か東京まで運ばれる事は無かったのよね~」

 可愛い顔に似合わず辛辣な台詞を吐く美優樹に続いて夏穂までが二本目の缶ビール片手に姪のドジっ娘振りに笑い声を上げる。

「うぐぐぐっ………………っ!」

 妹と叔母から情け容赦無いツッ込みを受けて何も言い返せない飛鳥。
 ことに自分と瓜二つな顔の妹から言われると、鏡の中の自分からダメ出しを食らったようにも感じるので精神的ダメージがより大きいのだ。

「しょ……しょうがないじゃないっ! 余りに突然な再会だったから頭の中が真っ白になって……身動き出来無かったんだモンっ!」

 飛鳥は自分ひとりだけがデッキにいた為に列車から降りそびれ、みんなとはぐれて東京まで行って(運ばれて?)しまったのだ。
 そして二時間かけて舞い戻り、心身共に疲れた状態で自宅へとたどり着いたのだった。

「ホラホラ、美優樹も夏穂ちゃんも、そんなに飛鳥をイジメないの。一番の被害者は飛鳥なんだもの。ね~♪」

 飛鳥と美優樹の母が娘の不運(?)に苦笑しつつ取りなすも、飛鳥の怒りは収まらない。
 自分だけが宏との再会に水を差された形となり、全くもって面白くないのだ。

「何で二人共、私を追って次の新幹線で東京に来なかったのよ。そうすれば当初の予定通り、コトを進められたのにっ……はぐはぐ……んぐんぐっ」

 口と箸が同時に動き、最後は何を言っているのか判らない。
 頭に血が昇っていても、昼食を食べ損ねた所為でお腹がかなり空いているらしい。
 リスの如くご飯やおかずを次々と頬張り、箸の動きが止まらない。
 まるで大食い女王にでもなったかのような飛鳥に、三本目の缶ビールを飲み干した夏穂が頬を赤く染めながら答えた。

「だって~、宏クンのいない東京に行っても仕方無いでしょ~?」

「んぐんぐ……って、むこうで住む所を捜すのが第一目的だったんじゃないの? ……はぐはぐ」

 内心とは裏腹にあくまで建前を振りかざす飛鳥だが、宏と逢えて夢見心地の夏穂には通じない。
 アルコールの所為かはたまた宏との邂逅で気分が高まっている所為か瞳は潤み、言葉も間延びしている。

「だから~、大家さんがこっちにいるのに店子(たなこ)が上京する意味、無いじゃん♪」

「むしゃむしゃ……え!? それじゃ夏穂姉さん、本気(マジ)で宏先輩の所に下宿させて貰う気なんだ!? ……んぐんぐ」

「当り前よ~。だから上京を中止してここにいるんじゃない♪ ……って、食べるかしゃべるかどっちかにしなさいよ~」

 姪の食い意地に苦笑いした夏穂のツッ込みに、ご飯をかっ込んでいた飛鳥の箸がようやく止まる(しかし咀嚼はしたままだ)。
 美しき叔母のかんばせを暫し見つめ、ご飯を味噌汁で流し込んでから大きく息を吐く。

「まぁ、私も下宿話に賛同したからね~、深くは突っ込めないわ」

「だから明日の午後、宏クン家(ち)へお邪魔するからね~♪ アポは取ったから、東京でする筈だった陳情をこっちでするのよっ! 明日こそが勝負のしどころよ~っ!」

 五本目の缶ビールを高々と掲げ、意気揚々と語る夏穂の隣から再び柔らかいアルトの声が掛かった。
 その声は先程、飛鳥を取りなした人物から発せられたものだった。

「夏穂ちゃん、いくら宏さん……いえ、元・教え子さんの家にお邪魔するからって、手ぶらじゃ失礼よ。何かお土産を用意しないといけないわ。なんたって、こちらがお願いする立場なんだし」

 飛鳥と美優樹の母であり夏穂の姉でもある女性がご飯(夏穂が買い足した駅弁だ)をつまみつつ、心配気に眉根を寄せる。
 そんな彼女に、六本目の缶ビールを開けた夏穂がニヤリと眼を細めた。

「大丈夫よ~、姉さん。既にお土産は用意してあるから♪」

 ケラケラと笑いつつ、手にした缶ビールで大食い娘をサッと示す。
 その実に意味ありげな目線を、姉はいとも簡単に読み取った。

「あら♪ それじゃ、飛鳥を宏さんへのお土産に? それはいいアイデアだわ♪ 宏さんなら飛鳥を委ねても安心だし……むしろ願ったり叶ったりかしら♥」

「そうそう♪ 初モノだけに鮮度が命でしょう。お早目にお召し上がり下さい……なんちて♪」

 さすが姉妹だけあり、思考回路がそっくり……いや、全く同じだ。
 手放しで喜ぶ母と酔った叔母に、飛鳥は箸を突き付けて猛然とツっ込んだ。

「って、私がお土産って、どーゆーコトよっ! 委ねる……って、それじゃまるで私が生贄になって宏先輩に身体を差し出す……ような……って…………え゛ぇっ!?」

 自分で言っておいて、初めて夏穂の意図を知る飛鳥。
 加えて、『初モノ』の意味も悟ってしまう。
 脳内には一糸纏わぬ自分に裸の宏が覆い被り、純潔を奪われるシーンが浮かび上がって来た。

「~~~~~~~~っ!」

 猛烈に沸き上がる羞恥心が言葉を消し、見る間に顔が真っ赤に色付いて頭と耳から湯気が出始める。
 切れ長の瞳が徐々に見開かれ、長いツインテールが揺らめいて次第に大きく波打ってゆく。
 箸とお椀がカチカチと打ち鳴らされ、手の震えが全身に伝わってゆくのが誰の目からも判った。

「そうよ~♪ 飛鳥ちゃんを宏クンに捧げて~、お部屋を借りる手付けにするの~♥」

「なるほど♪ お手つきの女に仕上げてそのまま……ってコトね♥」

 七本目の缶ビールを空けた夏穂は夢見る乙女そのものになりきったかのように両手を胸の前で組み合わせ、瞳の中に多数の煌めく星を浮かべて平然と曰(のたま)う。
 片や飛鳥の母も、とても親とは思えない台詞を娘の前で平然と曰い、妹と顔を見合わせて笑い合う。
 一方、宏を想うもうひとりの少女も姉に羨望の眼差しを向ける。

「お姉ちゃん、好いなぁ。私も宏さんにこの身を捧げたいのに。嫌なら私が替りに……」

 表情はまるで優しいのに言っている中身は女衒(ぜげん)そのものの叔母と、にこやかな顔で微笑む鬼畜な母に、我に返った飛鳥がキレた。

「バっ、バカぁ――――――――――――~~~~っっ!!」

 自分の純情を利用された腹立たしさと宏とねんごろになれる嬉しさやら期待やらがごっちゃになり、沸き上がる感情がコントロール出来無い。
 語尾を振るわせ、箸を放り投げて脱兎の如く二階の自室へ駆け込む(逃げた)飛鳥に、ダイニングキッチンでは爆笑の渦が沸き起こった。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(10) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト
アンサンブル(1) アンサンブル(1) 美姉妹といっしょ♪~新婚編
 
 夏穂や飛鳥達が夕食で盛り上がっていた頃、実家に戻った宏は夕食を終えてすぐ、かつての自分の部屋で全裸に剥かれていた。
 四組の布団が隙間無く敷かれた枕元にはお茶道具を始め濡れティッシュや多数のタオルに替えのシーツ等々、ナイトライフに必要な品が妻達の手によって全て揃えられ、今夜に懸ける意気込みが形になって表れていた。

「……って、ちょっと待ってっ! そんなに慌てなくても……んぐっ! 息が……出来無いってっ」

 一糸纏わぬ六人の美女が嬌声を上げ、温かく柔らかい極上の肉布団となって宏を襲う。

 ――壁に貼られたままのポスターや襖の模様、見覚えのある柱や壁の傷、天井の汚れ具合に机や家具に貼られたヒーロー戦隊もののシール、部屋に染みついた匂いと窓の外に拡がる長閑(のどか)な田園風景――

 それら懐かしくて大切な想い出の詰まった部屋での、昔から好きだった宏との初エッチに、美女軍団は並々ならぬ闘志(?)を燃やしているのだ。
 逃げる宏の頭と言葉を晶の唇が封じ、続けてほのかと真奈美の唇も左右から合流してキスの競演が始まる。

「宏ぃ、愛してる♥ もっと……もっとキスしてくれよぉ~♥」

「あふん♪ 宏君と舌を絡ませるだけで濡れちゃうわぁ。……宏君、大好き♥」

 ほのかと真奈美が瞳と股間を潤ませながら舌を繰り出し、筆頭妻を自称する晶も負けじと宏の口に吸い付く。

「ヒロッ! このあたしを忘れるんじゃ無いわよっ! ……ふぅん♥ あたしが一番愛してるんだからっ♥」

 あくまで自分がリードしたい晶だが、宏に縋る瞳は従順な仔犬そのものだ。
 一方、宏の広げられた両足の間に陣取った千恵はプラプラ揺れているイチモツに狙いを定めて顔を寄せる。

「だ~めっ! 逃がさないわよ~~~~っ、ホラッ、捕まえたっ♥」

 正座したまま半勃ちのペニスを咥え、舌先で包皮を剥きながらカリ首を舐め回す。
 すると風船に空気を入れたが如く陰茎が膨張し、口の中が見る間に押し広げられてゆく。

「あはっ、おっきくなったぁ♥ 宏のオチンチン、今日も美味しいっ♪ この味、だ~い好き♥」

 膨らんだ亀頭を貪るように吸い上げ、分泌寸前のガマン汁を強制吸引する千恵。
 男根から立ち昇る宏の匂いが、宏だけが持つ味に、千恵の秘裂が一気に開花する。
 右手で竿を激しく扱き、左手で玉袋を柔らかく揉みしだく熱中振りに、双子の妹である若菜が切れ長の瞳を細めて苦笑いする。

「姉さんったら~、昼間は大人しいのに夜になると娼婦に豹変しちゃって面白いわ~。今も宏ちゃんのおちんちん咥えて尻尾振って悦んでるし~。……じゃ、私も~♪」

「千恵さん、ヒロクンに首ったけ。……まぁ、ボク達も、だけど。……それじゃ、お邪魔するね♥」

 優は宏の右足に跨った若菜に応えつつ、目元を赤く染めて愛しき男性(ひと)の顔を逆向きに跨ぐ。

「みんな落ち着いてっ……んむっ!」

 宏はテンションの上がった妻達をなだめようとするものの、左手に真奈美、右手にほのか、腰には晶が跨って来たので身動き出来無くなった。
 しかも無毛の淫裂を擦り付けられ、全身が素股状態になる。

「宏ちゃんの疲れは~、私達がぜ~んぶ、吸い出してあげるからね~♥」

 若菜の嬉々とした台詞に、宏は目を見開いて激しくツッ込もうとする。

(って、吸い出すのは別のモンだろうに~っ!)

 しかし、口の上には優のシンメトリーな秘裂が被さっているので言葉にならない。
 言葉を発しようと唇を動かすと、代りに優が艶っぽい声を奏でる。

「はぁんっ! ……ヒロクン、唇でお豆の皮、剥いちゃやだぁ♥」

 言葉とは裏腹に、舌先が紅真珠に当たるよう自ら腰を前後に揺する優。
 腰が一往復する度にお腹の奥から熱い塊がトロトロと流れ落ち、宏の顔面はローションを塗したかのように光り出す。

「あんっ♪ ヒロクンにアソコ舐められて気持ち好い……♥ さっきからラブジュースが止まらないのぉ♥」

 優の甘く艶っぽい鼻声に触発され、他の面々もフェロモン全開、秘裂も全開で腰の動きを激しくする。
 粘着質な水音があちこちから聞えだし、部屋中に甘酸っぱい濃厚な女の香りが充満してゆく。

「ヒロっ! 今夜の特濃一番搾りは……あたしが貰うっ……イヒィッ! いきなり奥を突かないでぇっ! まだイきたくないのぉっ!」

 すっかりと濡れそぼった蜜壷に宏の巨砲を背面騎乗で収めた晶が無意識に腰を浮かせる。
 そこを逃さず、千恵が二人の濡れた結合部に舌先を這わす。
 もちろん、晶の陰核と宏の会陰部を撫で擦る事も忘れない。

「晶姉さんのお豆、すっかり剥けて勃起してる~♪ 宏の裏筋もこんなの大きく膨れて……これは舐めてくれって言う無言の催促ね♪ ペロリンチョッ……っとな♥」

 最も敏感なボタンを摘まれ、晶は軽い絶頂を迎えてしまう。
 宏もまた、まるで両手で絞ったかのような締め付けと舌のざらつきで射精のスイッチを押されてしまう。

「ひぐぅっ! んむっ!!」

(ぐっ! でっ、出るぅ!!)

 長い竿がビクビクと脈打ち、千恵の目の前で精液が晶の子宮に注がれる。
 晶のアクメ声はほのかの唇が受け止め、宏の声は優の膣口が吸い上げていた。

「イってるのねっ!? イってるんでしょ! ホラホラ、晶さんのビラビラがヒク付いて宏のチンポに噛み付いてるし……ふふっ♪ 射精(だ)してる射精(だ)してる~♪ 宏の特濃ミルクがドクンドクン出てくのが判るぅ~♥ ビラビラと裏筋が同時に蠢いて……すっごく卑猥だわぁ♥ ……あ、漏れ出て来た」

 二人の繋ぎ目からは濃厚な匂いを漂わせた絶頂汁が漏れ出し、実況中継する千恵の鼻先を濡らしてゆく。
 そのまま結合部に舌を這わせ、白濁液と愛液の交じったミックスジュースを美味しそうに飲み干す千恵。
 鼻息荒く小鼻を大きく膨らませ、瞳を性欲でぎらつかせている様は、誰よりも貪欲で昂奮しきっていた。
 性の大伝道師(?)でもある若菜から娼婦呼ばわりされるのも頷ける状態だ。
 そこへ、宏の左手に秘裂を預けたままの真奈美が上体を倒して千恵の股間に食い付いた。

「千恵ちゃんのおまんこ、すっかりと開いて本気汁がだだ漏れしてるわ~。もったいないから私が飲んであげる♪」

 嬉々として指で肉厚の大陰唇を割り開き、中の媚粘膜に唇を被せる真奈美。
 舌先で白蜜を掻き集めては啜り、ズル剥けとなった陰核と熱くぬかるんだ膣口を交互に弾く。

「はぁんっ! らめぇっ! 今、クリを弄ると……イっちゃうぅ~♥ はぁ~~~っ!!」

 敏感体質に加え、宏と晶の絶頂を目の当たりにして性感が昂ぶっていた千恵は真奈美の舌技であっけなくオルガスムスを迎える。
 全身を真っ赤に染め、腰を痙攣させている千恵の痴態に、他のメンバーのボルテージも急上昇する。
 目の前で三人ものアクメを見せ付けられれば、誰でも理性が効かなくなる。
 部屋に漂う濃密な精液の匂いも、美女軍団を狂わせる一因となっていた。

「ほのかさんは~、私がしてあげる~♪」

 宏の右足に跨って秘裂を擦り付けていた若菜は腰の動きを止めずに片手を伸ばし、晶と半身になってディープキスを交わしているハーフ美女の双丘を鷲掴みにする。
 綺麗なお椀型に盛り上がった頂点で濃いピンクに染まって起立する乳首が愛撫の手を求めているように見えたのだ。

「んぐぅっ! んふん♥」

 ほのかは若菜の指に反応し、千恵や晶に負けず劣らず甘い吐息を漏らす。
 長い睫が若菜の指使いに連動して何度も痙攣し、白い肌をピンクに染めて喘ぐ金髪美女の妖艶さに、その場にいる全員が目を奪われる。

「ほのかさんの乳首、コリコリに勃起してる~♪ 晶姉さんとの乳首キス、そんなに甘美なの~?」

 ほのかと晶は片手で互いの腰を抱き合い、右の乳首同士を擦り合わせていたのだ。
 おまけに、ほのかの股間には宏の指が蠢いている。
 そんな状態なので、ほのかは若菜の言葉が耳に入らなかった。
 全身を駆け巡る性電気に身を焦がされていたのだ。
 一方。

「……お姉ちゃんの乳首も、こんなにも勃起してる」

 姉の背後から胸を揉みしだいていた優も、宏の愛撫を受けつつ姉を攻め立てていた。
 右手を尻の割れ目に潜り込ませて菊座を擦り、不意打ちで会陰部までをも撫で擦る。
 しかし、宏から与えられる快楽に身体をビクンと震わせ、動きが止まってしまう。

「あんっ♥ ヒロクンの熱い舌がボクの膣内(なか)を掻き回してて……はぁんっ! 気持ち好過ぎてイッちゃう♪」

 股間を舐められる快感の激しさに頭の中が真っ白になり、失神寸前にまで追い込まれていたのだ。
 真奈美もまた、宏からの愛情一杯の三点攻撃にノックアウト目前だった。
 親指で秘核を押し潰され、人差し指と中指でGスポットをえぐられ、薬指と小指で会陰部から菊門を擦られて呼吸もままならず声も上げられない状態だったのだ。

「ひぐぅっ! 宏君……勘弁してぇっ! 指でイっちゃうっ! 宏君の指でイかされちゃうのぉ~っ!」

 長い黒髪が汗で光る肢体に纏わり付き、真奈美を癒し系美女から妖女へと変えてゆく。
 晶もまた、宏の肉棒から受ける快電流に翻弄されていた。

「ヒロのオチンチン、あたしの膣内(なか)をゴリゴリ擦って……ああっ! 精液ごと掻き回されて……もうダメっ……んぐっ!」

 子宮からの性電気が両乳首からの媚電流とひとつに合わさり、二度目の絶頂声がほのかの口に吸い込まれてゆく。

「イグ~~~~~っ!!」

 晶の潮吹きを合図に、全員が同時にアクメを迎える。
 宏も膣肉でカリ首を締め付けられ、熱く火照った膣内(なか)へ思いっ切り吐精する。
 二度目の射精とは思えない量が子宮口を叩き、胎内へと勢い好く流れ込んでゆく。

「はぁん……宏君の手でイっちゃったぁ~♥ ……んちゅっ」

「あぁぁ……真奈美さんの口でイッちゃったぁ~。……んふっ」

 真奈美と千恵が肢体を小刻みに震わせながらその場で脱力し、顔を寄せ合うと軽くバードキスを交わす。
 しかし、互いに小さく舌を繰り出しているうちに、本格的なディープキスへと移ってゆく。

「あ~ん。宏ちゃんの指からも射精して欲しいよう~」

「……ヒロクンの顔、ボクの潮でビショビショ。ごめんね」

 指での刺激が全く物足りない若菜は不満気に頬を膨らませ、夫の顔面に粗相をした優が言葉とは裏腹に腰を前後に揺する。

「あぅ……、いつの間にかイッちまったぜい……」

「あぁ……♥ とっても濃いザーメンがお腹に注がれたのが判るぅ……。熱くてヤケドしそう……♥」

 ほのかの切れ長の碧眼が照れ臭そうに細められ、晶は無意識に自分の下腹部を愛おしげに撫で回す。
 それぞれがアクメの余韻に浸っていると、夜のコンサートマスター(?)でもある若菜が腰を浮かせてにじり寄る。

「宏ちゃん~、次は私に頂戴~♥」

 若菜は仰向けになると膝を抱えてM字開脚し、濡れそぼった天然パイパンの股間を晒して夫を誘う。
 腰まで届く長い髪がシーツに扇状に広がり、その中心で白い肌をピンクに染めた肢体が蠢く様は何とも妖しく、見る者全ての性欲を再沸騰させる。

「うん! 若姉、いくよっ♥ みんな、今夜は大放出だよっ!」

 二回の射精程度では萎えなくなった男根を振り翳し、ハイテンションなまま若菜の濡れそぼった蜜壷へ挿入する宏。
 そして歓喜の声を上げ、宏に縋り付く五人の美女達。
 宏の部屋は一晩中、行燈(あんどん)の明かりが消えることは無かった。


                                            (つづく)

♥ 投票して頂けると作者の大きな励みになります♪        何卒御協力お願い致します♥
 ↑↑ 「面白かった♪・良かった♪・エロかった♥」と思われた方は押して下さい♪
      (ランキングサイトに投票され、作者が悦びます♪)

   
| コメント(7) |                                ( テーマ : ライトHノベル  ジャンル : アダルト



     ご訪問者総数  名様 (2006年 4月~)

 | ←←← トップ画面へ戻る | 

作品別 目次| 本 編 | 新婚編 | 番外編 | サイトマップ | 

相互リンク| ちょらりんく | おたりんく | 相互リンク

アクセスランキング    [ 管理人専用口 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。